みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ひげじい

【喧嘩稼業】12巻 締め切りの間際に我欲のために加筆をできる者がいるか

表紙は”喧嘩王”こと、上杉均。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-content-colum …

【彼岸島48日後…】115話「女」やったよ! 吉川が復讐を!! でかした!

金剛のアジト、明治屋ホテルに着いた明達。 明は脱皮を繰り返しでかくなった金剛と戦闘中。 鮫島と勝次は652号室に小せェ金剛を発見。吉川の仇はコイツだと分かった鮫島と勝次は包丁を持って小せェ金剛を倒すこ …

金隆山康隆

【喧嘩稼業】11巻 互いに勝利の情景が脳裏を過った

表紙は金隆山康隆。 ヤンマガ掲載時では緊急ニュースで途切れていたところも綺麗に繋がっていて、読者はテンションをそのまま維持して読むことができる。これでヤンマガ派も単行本を買うようになり、読者と木多先生 …

雅の息子

【彼岸島48日後…】144話「正座」唐突に”雅の息子”とかいう新たな敵が現れやがったぞ! 引き伸ばし丸出しじゃねェか!!

要塞化した東京に進入するために地下を進む明達。 地下鉄の駅に着いたが、そこに住んでいた人間達に囲まれて「食料を出せ」と要求されたが… スポンサードリンク data-matched-content-ro …

単行本 10巻

【喧嘩稼業】10巻 櫻井裕章「止めの金剛がもし防がれたら次は残った玉もやられる… 入江文学ちゅーんは まっこと恐ろしか人ばい」

喧嘩稼業の10巻。 表紙は川口夢斗。 10巻の内容は―――熱い! そして入江親子、富田流の師弟、入江文学と川原卓哉、ヨシフと櫻井、川口親子、芝原親子の絆も描かれ涙腺も刺激する!! スポンサードリンク …