みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

エテ公

【彼岸島48日後…】130話「エテ公」なんて話が進まねェんだ この漫画!! ビクともしねェ!!

雅がいる東京まで辿り着いた明達。 東京は要塞化されており、硬い鉄の壁が聳え立っていた。 どうするか迷っていた明達の前にエテ公が現れ、壁を攻撃しだした。 しかし、壁は壊れず、サイレンが鳴り出した。 スポ …

宮本明 義手

【彼岸島48日後…】140話「フタ」この1話が邪鬼から走って逃げただけだからちくしょう!!

要塞化した東京に侵入するために地下道を進む明達。 地下には聴覚で獲物を探す邪鬼の妙子がいた。 妙子に見つかり、走って逃げ出す明達。 スポンサードリンク data-matched-content-row …

単行本 10巻

【喧嘩稼業】10巻 櫻井裕章「止めの金剛がもし防がれたら次は残った玉もやられる… 入江文学ちゅーんは まっこと恐ろしか人ばい」

喧嘩稼業の10巻。 表紙は川口夢斗。 10巻の内容は―――熱い! そして入江親子、富田流の師弟、入江文学と川原卓哉、ヨシフと櫻井、川口親子、芝原親子の絆も描かれ涙腺も刺激する!! スポンサードリンク …

【ザ・ファブル】183話「忍び込む女・・・・。」忍び寄る岐路・・・・。

山岡が暗躍する太平市。 砂川は山岡のちからを借り、対立する水野を手なづけて真黒組の若頭に就任。 身の危険を感じたマツは洋子に銃を用意するから兄妹で山岡を消してくれと頼む。 明の協力は得ないと決めた洋子 …

【喧嘩稼業】65話 僕はこんなにも「事実上の決勝戦」を有効に使った事例を知らない

陰陽トーナメント1回戦第3試合 入江文学 対 櫻井裕章 文学の先制攻撃で櫻井の右耳鼓膜破裂!   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ …