みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】39話「走馬灯の中」なんじゃああそれぇぇ!! 俺もヒノカミ様やりてぇぇ!! 見たかよ!! 父親にできることは炭次郎にもできるんだぜ!!

投稿日:2016年11月21日

鬼がいる那田蜘蛛山に入った炭治郎、伊之助、善逸。
善逸は鬼を倒すものの、人面蜘蛛になる毒に侵されてしまう。が、”柱”のしのぶが駆けつけた。
伊之助は脱皮してパワーアップした”父さん”と呼ばれる鬼に苦戦していたが”柱”の義勇が駆けつけて、助かる。
炭次郎は娘鬼をいじめていた累と戦闘になり、刀が折れた…
ピンチになった炭次郎を盾として庇った禰豆子。
禰豆子を見た累が禰豆子を妹にしたいと言い出した。

スポンサードリンク

あらすじ

炭次郎と累

累「僕はね 自分の役割を理解してない奴は生きてる必要がないと思ってる。お前はどうだ? お前の役割は何だ? お前は僕に妹を渡して消える役だ。それができないなら死ぬしかないよ。勝てないからね」

炭次郎(糸は簡単に斬れない… どうする… 折れた刀身で。あの子の頸が糸より硬い場合…)

累「もしかして―――勝つつもりなのかな!!」

累が糸を使って禰豆子を引き寄せる。

禰豆子を捕まえた累「さぁ もう奪ったよ。自分の役割を自覚した?」

駆け出す炭次郎「放せ!!」

禰豆子が累の隙をつき、累の顔をひっかく。

向かってきた炭次郎に攻撃する累。なんとか避ける炭次郎。

禰豆子は糸で空中に釣り上げられた。

累「暫くは失血させよう。それでも従順にならないようなら日の出までこのままにして少し炙る」

炭次郎(集中しろ。呼吸を整え 最も精度が高い最後の型を繰り出せ)

全集中 水の呼吸 拾ノ型 ”生生流転”
生生流転
この連撃技は回転しつつうねる龍のように一撃目より二撃目が 二撃目より三撃目が 三撃目より四撃目が 回転を増すごとに強い斬撃となっていく

累の糸を斬る炭次郎(斬れた!! 斬れた!! このまま距離を詰めて行けば勝てる!!)

累「ねぇ 糸の強度はこれが限界だと思ってるの?」

血鬼術・刻糸牢

累「もういいよお前は さよなら」

炭次郎(だめだ この糸は斬れない まだ回転が足りない さっきの糸とはまるで違う匂いだ)

炭次郎(絶対負けるわけにはいかないのに死ぬ 負ける!!)

走馬灯を見る炭次郎。

死の直前に人が走馬灯を見る理由は一説によると今までの経験や記憶の中から迫りくる”死”を回避する方法を探しているのだという

父親を思い出す炭次郎。

父親の言葉「呼吸だ。息を整えてヒノカミ様になりきるんだ」を思い出す。

ドクン

炭次郎に何かが…

感想

普通置いてくか? 家族を置いて
説明しない?父親なら
それなのに一人でさ ガリガリにやせ細って すたこらさっさですか
置きざりにされた家族の気持ちよ

1話で「父さんは死んじゃって」ってあるから今はもういないんだろうなぁ。
炭次郎が思い出した父親の格好と言った言葉からすると父親も鬼殺隊員だった? でもガリガリなんだよなぁ。それに「ヒノカミ様になりきるんだ」言った時は、幼い炭次郎がヒノカミの祭りの練習をしている時みたいだから父親の言葉はそのまんまの意味で、炭次郎がそこからヒントを得たという可能性も…

炭次郎が街中で鬼舞辻と会った時に、鬼舞辻が炭次郎の”花札のような耳飾り”に反応した。そして炭次郎の父親も同じ耳飾りをしていた。やはり父親は鬼殺隊員だったのかな?

もし父親が鬼殺隊員だったら、鬼が炭次郎一家を襲ったのは何か関係あるのだろうか? 鬼舞辻とも深い関わりがありそう。

すげぇすげぇすげぇ!!
何だコイツ!!
わくわくが止まらねぇぞオイ!!

日輪刀を持ってきた鋼鐵塚に『赫灼の子』(頭の毛と目が赤みがかっている。火仕事をする家はそういう子が生まれると縁起がいいって喜ばれる)と言われた竈門炭次郎。でも使うのは水の呼吸。父の言葉「ヒノカミ様になりきる」で覚醒して、今度は名前や赫灼の子に相応しい”火の呼吸”とか使うのかな?

火と水の呼吸が使えると有利!!
いやこれは…かなり有利!!

でも十二鬼月に勝てるのかな? 刀は折れて短いままだし、ちょっと覚醒しただけでかなりの力量の差があった十二鬼月を倒せるかなぁ… 禰豆子が血鬼術に目覚めて、しかも累と戦うのに相性がいい能力で…というのはダメかな。やっぱり炭次郎が前線するもピンチになって”柱”の義勇かしのぶが助けに来るのかなぁ?

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-鬼滅の刃
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【鬼滅の刃】33話「苦しみ、のたうちながら前へ」いや善逸 ちょい前まで失神寸前だったじゃん 蜘蛛になる症状が一つしかでてきたことない時から

那田蜘蛛山に単独で入った善逸。 鬼の『蜘蛛になる毒』を喰らってしまい、四半刻で善逸が蜘蛛になってしまう事態に…   スポンサードリンク data-matched-content-rows-n …

no image

【鬼滅の刃】50話「機能回復訓練・後編」終えてる!! ちゃんと炭次郎は訓練を終えてる!! 善逸と伊之助には声をかけたら可哀想だよ

機能回復訓練を受けることになった炭次郎達。 同じ時期に最終選別を受けたカナヲに全然勝てない炭次郎達。 善逸と伊之助は訓練を放棄する。 諦めない炭次郎は、カナヲや柱達の強さの秘訣は”全集中の …

no image

【鬼滅の刃】53話「君は」はあああ!! 優しさがきてる 炭次郎の優しさが八割心に!!

蝶屋敷で治療して機能回復訓練をした炭次郎、善逸、伊之助。 その訓練で全集中の呼吸・常中を会得した。     スポンサードリンク data-matched-content-rows- …

no image

【鬼滅の刃】22話「突然の猪」善逸、まだ怯えてるのかよ!

鬼がいる屋敷へ入った炭治郎と善逸。 屋敷の前で待っててと言った2人の子供たちも屋敷の中に入ってきて、鬼の能力で炭治郎と女の子、善逸と男の子とに別れてしまった。 そして、鬼以外にもイノシシの頭をした(被 …

no image

【鬼滅の刃】55話「無限夢列車」幸せな夢みたい!! 幸せな夢みたい!! 俺たち幸せな夢みたい!!

ヒノカミ神楽の呼吸の謎を明かしたい炭次郎は炎柱の煉獄と列車で落ち合う。 煉獄と会えたが、ヒノカミ神楽のことは知らなかった。 そして煉獄が列車にいたのは鬼を倒すためで、炭治郎達も巻き込まれて夢の中へと… …