みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】120話「仕掛ける男・・・・。」罠を仕掛けた男達がファブルと呼んでけしかける―――?

投稿日:2017年5月8日

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。
将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。

宇津帆はヒナコの両親を殺したのは佐藤だと嘘をつき、ヒナコをファブルへの復讐に巻き込む。

スポンサードリンク

あらすじ

佐藤に電話をするクロ

クロ「あっ もしもし――― 兄さんですかぁ―――!? クロですハイ! 例の妹さんの監視カメラの件ですが―――・・・ この男クロが責任持って消去しておいたので――― パスワードもハイ・・・」

クロ「たまにはご飯でも一緒に行きましょうよ。あ~それから兄さん――― この辺りの山の川ってアユとか釣れたりします~? 兄さん山とか詳しいから――― あ~いえいえ! 元兄弟分で井崎ってのがいるんですが・・・ ソイツがそういう事を聞いてきて・・・ え―――井崎ってヤツですハイ!」

クロ「じゃあまた山に行く時誘ってください――― 失礼します では!」
電話をきるクロ。

牧ノ川

橋の上から川を覗き込む井崎「ん? あのズボンって貝沼の・・・・? 死体はどこ行った? そういや川で流されていくうちに服も脱げてくらしいな~・・・ じゃあ死体は増水でもっと下流に流されたって事か~・・・?」

車に乗り込む井崎「あ~ どうしよ・・・・ めんどくさ―――!」

太平興信所

ヒナコはパソコンのデータを消去していた。

鈴木はラジコンに基盤をつけている。

鈴木「しかし興信所をはなれるのはもったいないよな。ニワトリだ・・・婦人会だ・・・市長にまで顔がきくようになったのに―――」

宇津帆「相手がスペシャルなだけにな――― 明日は全部投げ捨てないと勝機もないだろ。まあニワトリ事業はどこでもできるしな。バカなガキと親は日本中にいるからな~」

鈴木「確かに・・・ どうなっちまうのかね この国は―――」

宇津帆「ず~っと このままでいてほしいもんだな。仕事が楽で助かる―――!」

夜になり、宇津帆とヒナコは外に出る。

鈴木は太平興信所の入り口にラジコンと手榴弾を使ったトラップを仕掛ける「A案―――」

洋子の家

キッチンで料理をしている洋子。佐藤はテーブルについている。

洋子「ねぇ~ パスタ――― 食べるの? 食べないの?」

佐藤「塩はひかえめに・・・・」

洋子「知るかよ!!」

佐藤のスマホが鳴り、出る佐藤「もしもし――― ウツボ・・・か・・・」

電話の向こうの宇津帆「覚えてくれていて光栄―――! じゃあこっちも呼び方を変えよう―――!! ファブル!」

感想

御飯時になるとおしかける男・・・・。

明と洋子
ご飯時になると洋子の部屋に押しかける佐藤―――。押しかけといて「塩は控えめに」って・・・・。「塩を控えめに」っていうのは普段から味が濃いからそれについてのことなのか、プロとして自分の身体の健康を気にして言ったことなのか・・・・。鈴木が襲撃に来た時は鍋を味見して「今日の味つけはいいぞ―――」って言ってたから、やっぱり味のことか~? それでもちゃんと作ってくれる洋子は面倒見いい―――。

実力の違いが分かる仕掛け―――

クロは兄さんと離せて嬉しそうや―――。
クロ
でも右手の甲には殴った後であろう血が付いてる―――。クロは兄さんと山篭りをしたけどその後変わらないヤクザな生活か~? そんな簡単には変われんか・・・。本当にファブルに入りたいならこういう生活も捨てないといけないだろうな―――。誰しもそう簡単に今までの生活を捨てられないし仕方ないか・・・・。そういう事を簡単に出来るのがスペシャルな存在となれる素質があるのか―――?

クロとの電話で井崎の名前が出て確認する佐藤―――。
鈴木を捕まえて電話させた時に鈴木が井崎と呼んでいるな―――。
faburu120z.jpg
ここで佐藤は井崎の名前を知ったか―――。
こういう時は偽名で呼び合うとかすればいいのに―――。こういうところは鈴木よりフードとコードのほうが上か―――。小島編で佐藤が若頭に電話したときには銃のことを遠回しに花火と呼んでいた―――。それに佐藤明と洋子は偽りなのに妹と兄の呼び方や態度を普段から崩すことがない―――。この辺も本当のプロとの違いか―――。

川に落ちていた貝沼のズボンを見つけたが、回収しない井崎―――。行方不明だった貝沼のズボンが見つかって騒ぎになるかもしれないのに・・・・。「めんどくさ―――!」と言って車に乗り込む井崎は素人・・・・。貝沼が死んでも動揺せずにめんどくさがっていたから、死人が出たりする事にはある程度経験があるという事だろうけど・・・お粗末だなぁ―――。

鈴木は宇津帆に日本を出ることを言っていないのか―――? そこまでは信用していないってことか~?
faburu120y.jpg
宇津帆とはあくまでも仕事での相棒か―――。作戦が上手くいってもファブルに狙われるだろうから、宇津帆に居場所を知られているのは得はないだろうし黙っとくのは得策か―――。

宇津帆も危なくなったら鈴木の事を簡単に切り捨てるだろうけど、宇津帆は呑気に日本から出ないのか~? 復讐のためとはいえ、ファブルと繋がっている真黒組がいる太平市に来るだけじゃなく、悪事をしたり表社会でも活動しているからファブルは怖くないのか~? まぁファブルの組織の者をヤれば海外だろうが追いかけてきそうだけど・・・。

佐藤をけしかけようとする宇津帆―――

faburu120a.jpg
A案は太平興信所の入り口を開けたら赤外線が反応してラジコンが走って、手榴弾の安全ピンが取れて、レバーが外れて、ドカン!か―――。これだったら佐藤以外の人も引っかかりそうだけど・・・・。井崎が引っかかりそう―――。佐藤以外が引っかかってしまうと、襲撃する前に太平興信所で爆破事件が起こったら警戒されると思うけど・・・・。A案はこれでいいのか~? 手榴弾が爆発するまでには数秒猶予があるし、肝心の手榴弾もそうとう古いらしいし・・・。上手くかかったのに不発とかなったらマヌケやぞ―――。

こんなんで後のB、C案は大丈夫だろうか・・・。
それなのに日本の未来のことを考えてる鈴木と宇津帆・・・・。
宇津帆がファブルと呼んだってことは騙し討ちは無しか~? 佐藤を太平興信所に呼び出してまずはA案をぶつけるのか~? 普段から注意深いのにファブルの名前を出して呼び出したら引っかからないだろォ~。ファブルでなくても警戒してA案には引っかからないと思うけど―――。

A案を避けた所にB案、B案を避けた所にC案みたいなふうに太平興信所周りに仕掛けてんのかなぁ~? それとも佐藤が行きそうな所にバラバラに仕掛けてどれかが引っかかるように―――? ヒナコの車椅子に手榴弾を仕掛けるのが、最後に出すC案のような気がする―――。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


  1. ひな より:

    おみそさんへ
    A案は失敗するでしょうネ。
    クロが弟子入り志願でガレージに入ってた時、
    一瞬開けるのを考えたし。
    初めて組長、カシラと出会った時の様に、
    銃を所持していたコトを「なんで分かった?!」
    と、聞かれても。
    「言うたところで伝わらん」と・・・
    ほとんど、超能力かとツッコミみたくなります。
    B案、C案が楽しみです〜〜〜♫

  2. おみそ より:

    >ひなさん
    >
    >A案は失敗するでしょうネ。
    >クロが弟子入り志願でガレージに入ってた時、
    >一瞬開けるのを考えたし。
    >
    そういえばありましたね。あの時の佐藤はゆっくりドアを開いて中を伺って警戒してましたね。
    ドアは罠を仕掛けやすいからプロは一番警戒する場所だと思います。鈴木もそれはわかってると思うんですけどねぇ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

佐藤

考察【ザ・ファブル】伏線とキャラ設定♪

ヤンマガ2017年11号で【ザ・ファブル】の作者の南勝久先生が「漫画を描く時に気をつけている事」を聞かれて――― 「キャラと設定に気を使っている」と言っている―――。 佐藤が「知恵と工夫」を大事にして …

no image

【ザ・ファブル】74話「もしかしてサバイバル・・・・。」クロが足手まといになるのが目に見える---

前回、クロが山篭りに同行することをOKした佐藤。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-content-columns- …

山岡

【ザ・ファブル】159話「タネあかしの男・・・・。」植え付けられた死のタネ・・・・。

砂川が依頼した組長か若頭を消す作戦。 ついに二郎の手によって実行された。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-cont …

海老原

【ザ・ファブル】163話「日本の男・・・・。」二本の信条、一つのゴール・・・・。

砂川のクーデター計画で組長が急死。 佐藤は町で怪しい人物を見かけ、洋子はファブルの人間を見かけ警戒している。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ …

【ザ・ファブル】129話「速い男・・・・。」仕事が早いプロ達・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 牧ノ川傍の林道で待ち構えていた宇津帆達。 だが、佐藤は宇津帆達を簡単に倒した。 後はヒナコが踏んだ …