みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】81話「断髪の男・・・・。」マムシ ゲットだぜ!

投稿日:2016年7月16日

佐藤と山篭りしているクロ。
テントからしばらく離れている隙に荷物が熊に荒らされた。
佐藤が熊を追い払うが、佐藤「リュックを自分の所有物と認識した熊は再び襲って来る」

スポンサードリンク

あらすじ

熊にボロボロにされたリュックを持つクロ「自分の物は取り返すって―――・・・・? これ 俺のリュックですよォ――――」

佐藤「あっちはそう思ってない。それが熊の習性だから―――」

クロ「えぇ~!? 納得いかんな~ これ けっこう高かったのに――― まるでチンピラですやん―――」

佐藤「チンピラの習性か―――・・・・」

クロ「じゃあ熊にリュックを差し出したほうがいいて事スか? タダで―――」

佐藤「タダはよくないな――― そうすると熊は人間をナメてかかる。もし次に別の人間に出会ったら襲う可能性が出てくる――― 人は怖い――― そう教えとく必要があるな―――

クロ「えっ?殺るんスか!?」

佐藤「殺らないよ。ちょっと痛い思いさせるだけ――― 何年か前にも熊とちょっと会って―――・・・・ そん時はいきなりやったからナイフで眼を刺してしまった―――」

クロ(ヤバいよ・・・ 熊と闘うよォ~ この兄さん―――・・・・ ちょっと見てみたい怖いもの見たさもあるけど――― でも―――・・・ 腹減ったぁ~・・・)

場面変わって、洋子の家

寝返って、ソファーから落ちる洋子(もう昼・・・?)

洋子(いつものオッサンの休日な日々――― そのうち加齢臭がするかも―――)

洋子(あ”ぁ~ めっちゃヒマ~ そういや昨晩、確か―――・・・・ 河合くんに電話しようと思ったのねぇ――― 河合くん・・・・ あなたと会いたい――― その二枚目の口からこぼれる薄っぺらい会話を聞かせて――― 女遊びのために目に見える所しか努力しない そんなアイテムをじゃんじゃん見せて――― アタシを爆笑させてくれるのは――― 河合くん あなた――― だって・・・ だって―――・・・ ヒマなんだもの―――)

再び佐藤とクロの山篭りに場面戻る

クロにナイフを突きつけている佐藤「動くなよ―――」

髪を切られたクロ「ホンマにそんな毛で・・・・」

佐藤「ヘビが近くにいたら寄ってくる――― マムシ食いたいやろ」

佐藤「昨晩 俺がマムシ捕まえたとこ――― 髪の毛を焼く――― ヘビの舌はこう――― ふたつに割れてるやろ――― アレは舌先でも獲物のニオイをキャッチするためらしい」

クロ「へぇ~ よくできてますね~」

佐藤「あ――― 近くにいたら出てくるだろよォ―――」

佐藤「あと2ヶ所ほど髪を焼く―――」

クロ「えっ?また俺・・・?」

佐藤「ヘビ食べたいのやろ―――・・・・ 栄養とって精力つけないと―――・・・」

クロ「いや・・・ はい・・・・ その・・・ ま―――はい・・・」

クロ「あの・・・ 鏡ないっスか? なんか・・・おもろい事になってません?」
faburu81a.jpg
佐藤「いや・・・ ぜんぜんおもしろくないが―――・・・・」

佐藤「後ろばっかり切るのイヤっていうから―――・・・」

クロ「で――― 前を・・・ですよね~」

クロ(これって・・・ 兄さんやから俺も黙ってるけど・・・ 兄さん以外のヤツなら半殺しにして――― 三日三晩監禁して拷問するレベルやな・・・ 一流の殺し屋ってこうゆうブレない押しの強さも大事なのか・・・ ふつうとは一味も二味もちがう感性にシビれるぜ―――)

テントを見つめる佐藤。テントを傾け、テントの下にいたマムシを見つける佐藤「マムシ ゲット!」

佐藤「髪の毛いらんかったな」

クロ「うそォ!?」

切られて短くなった前髪を触るクロ「えっ? はっ? えぇ!?」

電話している洋子

洋子「はい・・・ 仕事がちょっと忙しくて・・・でも元気です。アタシも河合さんに会いたいな―――って思っちゃって~・・・・ はい・・ じゃあ今晩・・・ あのバーで―――」

電話を切る洋子「河合ゲット!!」

感想

「マムシ ゲット」「河合 ゲット」ってお前らポケモンマスター目指してるのかァ―――?
ヤンマガで山篭り編を始めた時に、現実では熊が出没したニュースが相次いだ。ヤンマガ32号の巻末コメントで南先生が「熊ネタは結構、前から打ち合わせしていた訳で、実際の熊の出没が増えて妙な気分です。」と書いてあった―――。
そして「ゲット」「ゲット」とポケモンみたいなセリフが出てきた今、『ポケモンGO』がアメリカで流行っている―――。今回の話を描いているであろう時には『ポケモンGO』がアメリカで流行ってるなんて話はまだ流れてなかったはず―――。怖い―――。次は何が起こるんや―――。『ジャッカル富岡みたいな芸人が売れる』とか平和なことであってほしい―――。

ファブルは怖い――― そう覚えとく必要があるな―――

変な髪型になってクロを見ても一切笑わない佐藤。感情を殺すっていう訓練を受けたのか? ジャッカル富岡にだけ笑うのは、猫舌に理由があったみたいに何かの伏線があるのか―――? 人の髪型を滅茶苦茶にしても冷静な佐藤が怖い―――。自分の髪は一切切らない佐藤が怖い―――。
洋子も『ヒマだから』って理由で河合をオモチャにしようとしてるのが怖い―――。河合は薄っぺらくて女遊びのためにしか努力してない男だとしても、バーで会った時は友達に女を口説くアドバイスをしてたり良い奴そうだったぞ―――。友達から「お前は女をとっかえひっかえ―――」とか言われてたから女をヒドイ捨て方しているのかもしれんけどぉ~。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【ザ・ファブル】163話「日本の男・・・・。」二本の信条、一つのゴール・・・・。

砂川のクーデター計画で組長が急死。 佐藤は町で怪しい人物を見かけ、洋子はファブルの人間を見かけ警戒している。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ …

【ザ・ファブル】102話「配達員・・・・。」違いが分かる男が宇津帆と出会って何を見る―――

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 太平興信所の車椅子のヒナコのリハビリを助けようとした佐藤だったが、ヒナコの兄と名乗る鈴木に蹴りを入 …

佐藤洋子

【ザ・ファブル】151話「お正月明けの女・・・・。」新年早々残念な女と信念を貫く女と興味津々に残念な話を聞く男・・・・。

年が明けた太平市。 殺し屋の二郎は、砂川に依頼された二人のターゲットのどちらを狙うか決定した。 それを知らない佐藤は”ふつう”の正月を過ごし・・・・ スポンサードリンク dat …

【ザ・ファブル】129話「速い男・・・・。」仕事が早いプロ達・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 牧ノ川傍の林道で待ち構えていた宇津帆達。 だが、佐藤は宇津帆達を簡単に倒した。 後はヒナコが踏んだ …

【ザ・ファブル】123話「コンビニの男・・・・。」24時間いつでも駆けつけそうな男・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 井崎はクロに車を用意してほしいと頼み込む。 宇津帆と鈴木は佐藤をヤるためにA案、B案、C案を用意す …