みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

僕たちがやりました

【僕たちがやりました】78話「というストーリー」もうすぐ最終回か?

投稿日:2016年11月7日

最高の自首を決行したがパイセンの父親・輪島総十郎の手下に阻止されたトビオ達。
手下から逃れるための騒動でパイセンは腹違いの弟の玲夢を殺してしまう。
パイセンとトビオは警察に捕まり…

 

スポンサードリンク

あらすじ

とある部屋でパイセンとの出会いを思い出しているトビオ。

ノックがして入ってきた刑事「軽傷で済んでよかった」

トビオ「何年ぐらいですか? 俺の罪は」

刑事「罪? なんの話? キミがなぜ逮捕されるんだ?」

テレビをつける刑事。

テレビではニュース番組が流れている。

ニュース番組「池袋を突如襲った刺殺事件の全容が明らかになってきました。犯人の小坂秀郎(パイセン)は約1ヶ月前に起こった自身の誤認逮捕をきっかけに精神的な疲弊からくる錯乱状態に陥り、『矢波高爆破事件は俺がやった』『真実は揉み消された』などと逮捕当初は語っていましたが、実際にはそれが『思い込みだった』と現在は認めております」

刑事「輪島総十郎は今回の一件で資産の7割を使ったそうだよ。小坂秀郎との血縁関係も抹消されている」

刑事「『錯乱状態の小坂秀郎という男に脅されて』『騙されて』『無実の高校生三人が無理矢理手伝わされた』というストーリの為にね」

刑事「ご家族の方が署の外で待ってるよ」

部屋を出るトビオ(俺達が生命を懸けて投げた革命は世界にとってはただの小石だった。何も起こせなかった)

―――10年後

感想

トビオが軽傷っていうけどハンマーで頭部を殴られていたような… それに車の横転事故にもあったし…

父親に資産を7割使わせるというダメージを与えられたパイセンにとっては成功だったような。この後のパイセンはどうなるかは…? 精神が壊れているという名目で輪島の目の届くところで監禁状態にされるのかな? パイセンを見捨てて逃げたマルと伊佐美はどうなったんだろう。マルは以前のこともあるし、平然とトビオに話しかけそう。

っていうか次の話は10年後? もうすぐ終わるの? 罪を背負いながら大人になったトビオ達の生活を描くのかなぁ?

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-僕たちがやりました
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【僕たちがやりました】68話「最高の自首」自首するんは世の中?

久しぶりに部室に集まったトビオ、伊佐美、マル。 そこにパイセンがやってきて「自首するひと?」と聞くと3人とも手を上げた…   スポンサードリンク data-matched-content-r …

no image

【僕たちがやりました】73話「疾走」自首の方法はこれでいいのか?

自首作戦を開始したトビオ達。 渋谷のスクランブル交差点でビラを撒き外へと飛び出した。     スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4, …

【僕たちがやりました】80話「10年」伊佐美、マル、パイセンの10年後

矢波高爆破事件から10年後。 トビオは芸能事務所でアイドルのマネージャーになっていた。 そしてトビオには結婚を考えている夏っちゃんという恋人がいた―――   スポンサードリンク data-m …

【僕たちがやりました】67話「そして僕達は」もう終わるの?

父親と出会い、愛されていないと分かったパイセン。父親を見返すために立ち上がったパイセン。   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ da …

no image

【僕たちがやりました】75話「10秒」パイセン、漢を見せる!

最高の自首を決行したトビオ達。 渋谷野外音楽堂で矢波高爆破事件の真相を喋っている最中にステージに車が乱入。 トビオ達はそのまま攫われてしまった…   スポンサードリンク data-match …