みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

彼岸島

【彼岸島48日後…】107話「御対面」偽りがねェ!! なんだこの話 全然進まねェけどサブタイトルに超偽りがねェぞ!!

投稿日:2017年2月13日

吉川の仇を討つため、鮫島の弟を救出するため、金剛のアジト「明治屋ホテル」に来た明達。
勝次とネズミは客室に避難させ、明と鮫島、吉川は屋上にある金剛の部屋の前までやって来た!

 

スポンサードリンク

あらすじ

鮫島「ここに金剛がいる…」

明「母ちゃんを縛り直そう。仏像の時みたいに抜け出して勝手に金剛に飛びかかっては厄介だ」

鮫島「確かにな」

吉川が台車から飛び出せないように縛る鮫島「よし」

明「これで問題はない。行くぞ」

鮫島「ついに金剛の奴と御対面だ」

金剛の部屋の扉を開ける明。

中は金剛が食べ残しと思われる邪鬼の死体が転がっていた。

鮫島「臭っ 邪鬼の食べカスだな。腐ってやがる」

明「入るぞ」部屋の奥へと進んでいく。

鮫島「目が暗闇に慣れてきた」

部屋の奥には金剛が椅子に座っていた。

鮫島「こ…金剛… でけェ… こんなでけェ奴だったのか…」

明「前は違った。多分かなりの脱皮を繰り返したんだ」

吉川が金剛に気づき声を上げだす「ア”ア”ア”ア”ア”ア” ガギャア”ア”ア”」

金剛「耳ざわりだ…」

鮫島「お前が手込めにして亡者にしちまった女だよ。コイツ あんなひどい事しといて覚えてもいないのか…」

明に気づく金剛「お前は…覚えている… 宮本明… お前とは… また会えると思っていた… 雅様が…お前が現れるかもしれぬと仰っていた… 貴様との戦いに備えて…私は邪鬼を喰えるだけ喰った。お前の首を… 雅様に献上する…」

明「鮫島、母ちゃんを頼む」

身体が震え出す明「久々に…武者震いが止まらない…」

金剛は脇においてあったハンマーを掴んで構える

鮫島「どでかい…ハンマー…」

対峙する明と金剛。

明「来いよ金剛。俺の首が欲しいんだろ」

感想

タイトルが「御対面」て… マジで御対面しただけじゃねェか! ふざけやがって!! 早く金剛と戦ってくだされ救世主様ァ!!

先生ェ「その話にサブタイトル以外のことを描かない。
それが漫画家って生き物だろ」
それ以上くだらん引き伸ばしをすると たたっ斬るぞ クソマンガ

奴らのアジトに臭ェのがいっぱいありましたよ!!

邪鬼の食べカスが転がっていて臭ェ金剛の部屋。掃除しろよ… アマルガムになったら鼻が効かなくなるのかァ?

でも金剛様は脱皮した皮が祀られる程、吸血鬼達から崇められてるんじゃねェのかよ。金剛を崇めているんなら部屋を掃除しようとか思わねェのか?吸血鬼達は。
で、鮫島の弟の精二はどこにいるんだァ? ここまで来て『要塞化した東京への侵入方法』を知っている精二を救出出来なかった…とかはねェよな? もう回り道はねェよな?

先生ェ「引き伸ばし!! このマンガを引き伸ばすには回り道をすればいいのか!!」

やめんか それは「しかし 夜の森は冷えますな」では無いのじゃ

金剛と戦うとなって明の身体が震えだした。明「久々に…武者震いが止まらない…」 明の『強敵と戦う前の武者震い』がきた! 明が武者震いを起こすという設定を忘れてはおらんかったんじゃなァ…

ハ 明の武者震いを見るのは何年ぶりだろう

明が初めて武者震いしたのは修行後。邪鬼と戦わなければいけないとなった時、修行の成果を確かめたくてウズウズしていた。
明の武者震い
その後、斧神と戦う前だったり、雅と戦う前には武者震いをしていた。これまで金剛のアジトへ向かう時も武者震いがなかったからもう明は戦闘狂ではなくなっちまったのか?と思ってたけどやはり強敵と戦うのは嬉しいのか。

大丈夫だ 邪鬼ごとき 何匹来ようと喰い散らかしたるわ

金剛でけェ!
金剛様
明の倍以上ありやがる! 金剛ってこんなでけェ奴だったかァ? (このでかさでどうやってホテルの屋上から下の階まで降りてんだ? 階段は使えねェぞ… 外壁をつたって行き来してんのか?)
『最後の47日間』で明と対峙したときの金剛は
金剛と対峙
明よりちょっとでけェだけだった。
吉川の家を訪ねた金剛は
金剛様 吉川宅にて

コイツが金剛 見ての通り
7回もアンチエイジングしたのにこの時の事を忘れてやがる奴だ

人間と変わらないサイズまで縮んじまっていた。本土に渡る時に船に乗ったんだろうけど、その時にでけェから乗りやすくするために金剛はわざと縮んじまったのかァ?

金剛のサイズはよくわからんな 話半分で見ておこう

で、金剛が吉川の家に行ったのは1,2週間前だろ? それから明の倍以上デカクなるために邪鬼を喰いまくったってわけかァ? 吸血鬼達に邪鬼を連れてこいと命令していたけど、そんな都合よく邪鬼がいるのかァ?

金剛「このマンガ 都合よく邪鬼が喰えて超助かる!」

「金剛は何でそんなモン持ってんだよ」
金剛「いや…ホラうち雅様の片腕だろ」
「そんな問題かよ」

武器のハンマーを掴んで構える金剛。

金剛のハンマー

でけェ… でけェよハンマー…


金剛

金剛「いや 私はこれが戦いやすいんで」


最後の47日間で持っていた棒状の武器は無くしちまったのかなァ? それよりもこっちのほうが威力ありそうでクソちゅよそう。でも「明の首を雅様に献上する」と言いながらどでかいハンマーを取り出すなんてわけがわからねェ! こんなので攻撃されたら頭潰れちゃうからちくしょう!
へ? ちょっと待ちやがれ! よく見たら『金剛がハンマーを掴んでる』コマと『金剛がハンマーを構えている』コマでハンマーのヘッドの溝の位置が違うじゃねェか!
金剛様のハンマー金剛様のハンマータイム
ありえねェ! 敵の幹部の武器をその回で描き間違うなんてありえねェ!

「このマンガ 何でこんな間違いしてんの?」
「聞くな! このマンガは彼岸島だ!!」

やめんか この戦いの話には期待しておるんじゃ

金剛に明が「来いよ金剛。俺の首が欲しいんだろ」とカッコつけてるけど、ピンチになったら「死にたくない。こんな所でまだ死にたくない!!」とかヘタレねェだろうな?
明は強い敵と戦う前は武者震いするくせにピンチになるとすぐヘタレちまうからなぁ…
邪鬼の椿のブヨンブヨン
『48日後…』になってからは邪鬼になったユキに塔ごと投げられた時はヘタレかけたけど、それ以外はヘタレなかったから大丈夫かなァ?

あと、邪鬼と戦っている時には「いや 足りないよ 邪鬼と戦うにはもっと大きな武器がいる」といって色々な物を武器として使って戦っていたけど、この金剛の部屋には武器に出来そうな物が無さそうだなァ… 明は仕込み刀だけで戦うのかァ? 強敵と戦う時には、以外な物を武器として使う所も見どころなんだけどなァ…

面白ェわ やっぱ強敵との戦いの話はホント面白ェわ

と思わず言っちまう戦いを描いてくだされ松本光司様ァ!!

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-彼岸島
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

灰

【彼岸島48日後…】263話「灰」あったよ! 一気に片付ける方法が!!

明達は雅の息子の一人・蟲の王を倒すため、自衛隊と組んで国会議事堂の地下に乗り込んだ。追い詰められた蟲の王は地上に逃げたが、明は追いつき、蟲の王の首を撥ねた! なんだよこのネタバレだらけの汚ねェ記事… …

ネズミの王様

【彼岸島48日後…】133話「ネズミの王様」邪鬼に見つからないまま一旦隠れる展開がまた来やがった! この展開を何度見させられればいいんじゃ?

要塞化した東京に入るため、下水道を進む明達。 進んでいく大きな部屋(首都圏外郭放水路)があり、精二が”ネズミの王様”と呼ぶ邪鬼が現れた。 スポンサードリンク data-matc …

勝次

【彼岸島48日後…】195話「帽子」カッコ悪ィよ 兄ちゃんたち 景品は大事に扱うもんじゃねェのかよ

巣鴨で邪鬼から助けた子供・左吉が勝次と知り合いだと言う。 勝次と一緒に吸血鬼の檻から脱出した話を始めた左吉。脱出した時に勝次だけ吸血鬼に見つかってしまった。 スポンサードリンク data-matche …

エテ公

【彼岸島48日後…】130話「エテ公」なんて話が進まねェんだ この漫画!! ビクともしねェ!!

雅がいる東京まで辿り着いた明達。 東京は要塞化されており、硬い鉄の壁が聳え立っていた。 どうするか迷っていた明達の前にエテ公が現れ、壁を攻撃しだした。 しかし、壁は壊れず、サイレンが鳴り出した。 スポ …

ボールのような頭

【彼岸島48日後…】267話「野球ボール」ひいいいい わけがわからねェ! サブタイトルになるくらいなのに 野球ボールだった事になんの意味もねェ!!

勝次の腕を治すため、左吉のかたきを討つため、明達は拷問野郎を追って吸血鬼の要塞”血の楽園”を目指す。 ほっとこうよ今さらネタバレ知らない人なんてどうなってもいいじゃんネタバレの …