みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】167話「地獄からの使者・・・・。」デッドラインに対応する二人の寓話・・・・。

投稿日:

砂川を若頭にすべく、障害となる幹部の水野を襲撃することに決めた山岡。中国から部下を呼び寄せ、ユーカリと名付けた。

スポンサードリンク

あらすじ

オクトパス

バレンタインのイベントに使うイラストを社長に見せる佐藤。

ミサキ「あ――― いい笑顔になったね~」

社長「いつもの味に戻ったな――― 佐藤の中でどうゆう心境の変化で笑顔に変えたんや?」

佐藤「チョコレートではなく 自分のもらってウレシイものをイメージしました」

社長「チョコじゃなく中身はなんなんや コレ―――・・・・」

佐藤「サンマです――― 生サンマです。自分で焼きたいので・・・・」

社長とミサキは笑いを堪えるので必死。

なんとか収まった社長「よし・・・・じゃあ この感じでもう何点か描いてくれ――― 締切は明日やからな」

佐藤「わかりました」

山岡のアジト

山岡はハンモックで寝そべり、ユーカリは弁当を食べている。

そこへマツが水野が使っている倉庫の見取り図を持ってきた。

ユーカリを見るマツ「この男が―――? 二人帰ってくるハズじゃ・・・? もう一人は・・・・?」

山岡「もう一人は中国で後片づけだ――― 済み次第すぐ来る――― ここで男三人じゃ―――むさくるしいだろ。だから今夜、倉庫を確保しねぇとな!」

マツはユーカリに説明しだす。

水野のパーティは8時スタートで、12時頃には女や社長達は帰っていく。水野と舎弟しかいないところに乗り込む計画。

倉庫には使っていないシャッターもあるが、入り口は一つ。監視カメラを舎弟の一人が見張り、入り口のドアの傍に銃を持った舎弟が一人。倉庫の中はバーカウンターやソファー、ビリヤード台などがあり、身を隠せるところは多い。

山岡「まあ大丈夫だ。コイツには散歩だ―――。現場に入ったらなんだかんだでも3分で制圧する!」

ユーカリ「いや―――2分だね!」

倉庫前

倉庫の中ではパーティが始まり、外では山岡とユーカリとマツが車の中で待機している。

ユーカリは指に嵌めるナイフを付け、銃にサイレンサーを付け、ニット帽を被る。

山岡「出てきたぞォ――― 12時21分・・・・ 盛り上がったみてえだな~ ―――からの地獄・・・・ ドラマだねぇ~」

ユーカリ「俺が倉庫に入ったら2分で来てくれていい―――」

車の外に出て、倉庫に近づくユーカリ。

ユーカリはニット帽を顎まで降ろし、覆面にする。

感想

心の内からくる模写・・・・。

佐藤が描いたイラストの人物が笑顔になった~♪ 笑顔になった理由がプレゼントの中身をチョコからサンマに変えたから・・・・ しかも生のサンマ・・・・。佐藤の天才的な殺しの才能は―――笑い殺す事もできるのか―――!?

イメージしたと言えば、佐藤はヒナコに「足を動かすために血管の流れなど、常にイメージを持って運動すればケガの治りが早い」と言っていた―――。今回はイメージで心を直した―――? それとも「チョコの甘さが好きじゃない」と言っていたから単純に好きなものじゃなかったから、チョコをもらうイメージだと笑顔になれなかった~?

洋子から「ボスと対等に話す男(山岡)を街で見かけた」と聞いた後でもイラストは笑顔だった―――。
佐藤のイラスト
「組長が急死した」と聞いた後は、笑顔が消えていた―――。
佐藤
そして今回、また笑顔に戻った―――。
佐藤のイラスト
プレゼントの中身を「チョコからサンマに変えただけ」だとは思えない―――。組長が急死して山岡が彷徨いていると聞き、今まで組織の命令でしか動いていなかった佐藤は自分がどう動けばいいのか不安だったのだろう―――。

笑顔じゃなかったイラストを描いた時は、洋子に「火の粉が飛んできたらどうする?」と聞かれ、佐藤は「その時考える」と答えていた―――。その後、海老原との車中の会話で、海老原が「組織の命令で俺を始末しろって言われたらどうする?」と聞かれた―――。佐藤が守ってあげていると思っていた洋子は「逃げない」と強さを見せた―――。「火の粉がふりかかった時はその時考える」と答えた時は、佐藤はどう動けば分からなかったんだろう―――。しかし、海老原に「命令があったら俺を殺しにくるか?」と聞かれて自分が海老原をどう思っているかに気づき、もし海老原が巻き込まれたらどうするかに結論を出し―――洋子は守るべき対象ではなく、相棒だと気づいたんだろう―――。それで佐藤は「火の粉が飛んできても自分はどう動けばいいのか」のイメージが出来て、迷いが無くなり不安が無くなり、イラストに笑顔が戻ったんだろう―――。

組織からの使者・・・・。

ユーカリは左利きか―――。
ユーカリ
フィンガージャブは、ジャブだから利き腕じゃないほうの右で打っていたし、爪みたいなナイフを付けたのは左、サイレンサーを付けている時も銃を握っているのは左―――。

ちなみに佐藤は銃を持つのも箸を持つのも右―――。爪を付けるのも右―――。もちろん、左右逆でも同じくらい動けるんだろうけど~。

ユーカリも覆面するのか―――。
ユーカリ 覆面
アタマを生でラッピング~♪
山岡はマツを襲った時に覆面してなかったから(覆面にできそうな帽子は被ってたけど)、佐藤はあの覆面スタイルで、他はそれぞれの顔の隠し方があるのかと(もしくは素顔かと)思ってたらファブルは皆覆面被るのか―――? 指に嵌める爪みたいなナイフは山岡も嵌めていた―――。洋子は小さいナイフを持っていたことはあったが、爪タイプのナイフは見たことがない―――。覆面と爪タイプのナイフはファブルの実行部隊の基礎装備品か―――?

ユーカリの他にもファブルがもうひとりくるのか―――。
山岡
中国で一人で後片付けをやらせているってことはユーカリより腕前がある―――? それともユーカリなどがハデに暴れた後の後片付け専門のやつか―――? このもう一人の顔をマツが見る事は出来るんだろうか―――? その前に命の引き際がきそうな気がする・・・・。

寓話の中の使者・・・・。

ユーカリは倉庫にいる3人は、入り口の銃を持っているヤツを押さえれば後は簡単だろう――――。それにヤクザとはいえ銃を撃つ訓練をしてないだろうし、油断もあるだろうし余裕だろう―――。
佐藤は一人で鮫剣組の事務所に乗り込んでそこにいた10人を2分で壊滅させてるし―――。
佐藤 鮫剣組
今回のユーカリは水野は生かしておかないといけないとはいえ、今まで数々の死線を超えてきただろうから余裕だろう―――。

佐藤の締切―――。
ユーカリの締切―――。
二人のファブルはそれぞれのデッドラインを守るためには今夜中に事を済まさないといけない―――。ユーカリは2分で出来るだろうけど、佐藤はあれでもイラスト描くのに時間掛けるからな~。今回は佐藤の負けか~。

ユーカリは水野の舎弟を殺してしまうんだろうか―――? 佐藤は描いたイラストを社長に見せて、掛かった時間を言えばまた笑い殺してしまうんだろうか―――? 死線を超えてきたファブルの二人がデッドラインを守っるためにそれぞれのやり方で対応した結果―――
一人は死を与え―――
一人は笑いを与える―――
一人は仲間と地獄へ送る計画を話し―――もう一人は仲間と笑顔になる計画を話す―――。寓話だとどちらが最後にいい目に遭うかといえば・・・・

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

黒塩

【ザ・ファブル】142話「招かれし男・・・・。」佐藤にとっては招かれざる男・・・・?

年末の太平市。 クーデターを考えている真黒組の砂川。 そのクーデターを間近で観察したいとファブルの山岡が言い出した・・・・。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-n …

【ザ・ファブル】103話「マーフィーの法則・・・・。」行方不明のターゲットを探すのをやめると、ターゲットの宇津帆が見つかった―――

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 太平興信所の車椅子のヒナコのリハビリを助けようとした佐藤だったが、ヒナコの兄と名乗る鈴木に蹴りを入 …

【ザ・ファブル】90話「サバヒナコ・・・・。」周りに暗雲が立ち込める中、兄さんはご機嫌―――

山籠りを終えた佐藤。 太平市では太平興信所を隠れ蓑に、宇津帆が免疫の無い子供を増やそうとしていた―――   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=” …

ドレッドヘア

【ザ・ファブル】165話「あの時の男・・・・。」やったのは”あの時”だと気づいた男、やるのは”あの時”だと決めていた男・・・・。

真黒組の浜田組長が、砂川の策略で急死。 海老原は砂川を疑い、砂川はファブルの山岡と組んで若頭就任を狙う。 しかし幹部の中に砂川と対立する水野という男がいた。 スポンサードリンク data-matche …

【ザ・ファブル】125話「這う女・・・・。」這ってしか歩けない女は罠を張っていた・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 宇津帆達がファブルへの復讐を決行する。 宇津帆達が考えたA案をかわした佐藤。 鈴木を追って山へ入っ …