みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル The second contact

【ザ・ファブル The second contact】第4話「立体パズルの女・・・・。」飢えた女達・・・・。

投稿日:

新婚生活をおくっている佐藤。クロは佐藤に会いたいが、ドコに住んでいるか分からないので会えずじまいだった。そのストレスか、クロは紅白組の男と揉め事を起こしてしまう。太平市に帰ってきた洋子がちょうどその現場を通りがかり、手助けした。クロと合流した洋子は倉庫でアザミ・ユーカリと挨拶を交わした。

スポンサードリンク

あらすじ

倉庫

洋子は缶ビールを立て続けに2本飲み干した。

酒飲みのオッサン

洋子「クロちゃん 次――― 焼酎ロックで! 久しぶりなのよ アルコール♪」

洋子は旅の間はキャンピングカーの運転手をやっていたので、酒を飲んでいなかったという。

そのキャンピングカーは海老原組長の会社の資材置き場に置かせてもらっているという。

そして洋子は佐藤に電話をかけ、佐藤は明日倉庫に行くと約束をした。

佐藤に会いたいクロは、何時佐藤が頃来るのか必死に聞き出そうとしたが、

洋子「そこまで知らないわよ~」

アザミとユーカリは、クロは佐藤のストーカーだとからかい出す。

クロ「アホ言えッ! 用事ならあるっちゅうにィ~!! コレ!ホラ!カシラ―――! 預かってんねんッ!!」

クロは佐藤が飼っていたインコの『カシラ』を預かっていた。

洋子「!? そう言えば―――・・・・ お~いはどこ・・・・? ユーカリに預かってもらってたハムスターよ!」

ユーカリ「すまん――― 死んじまった・・・・」

ユーカリはハムスターの『お~い』を可愛がっていたが、死んでしまったという。そしてユーカリは目の前の死に、何かを感じ取っていた。

落ち込みユーカリ

ユーカリ「うまく言えねえが・・・・ 胸にグッとくるもんがあって―――・・・ ちょっと堪えちまった・・・・」

洋子「ユーカリのそういう所――― ボスも気づいてたのかもねぇ~ だから殺されずに済んだ―――」

どこかのマンションの
ペントハウスのバルコニー

ペントハウスのバルコニーには、年配の男性・バーベキューコンロで肉を焼いている手下らしい男性がいた。

そこにクロに絡んでいた川萩ともう一人の男が呼び出されていた。

年配の男「その鼻の傷・・・ 真黒組の黒塩くんにやられたって―――? 真黒組は最近いろいろあるからな~ 幹部の砂川くんに水野くんが行方不明らしい。ご近所さんやし 気になるがな~ 大西市の紅白組としては―――」

紅白組

佐藤とミサキの家

佐藤が倉庫で洋子と会う約束をしたが、ミサキは洋子と会うのは、事が済んでからでいいと言った。

ミサキ「もしアッくんが鳥だとしたら 私は岬になりたいの アッくんが羽を休める場所が私でありたいの」

岬は佐藤と一緒に立体パズルを毎日3ピース、二人で6ピース共同で組み立てていく事がとても幸せだという。

欠けたピース

ミサキ「二人でひとつの事を成した証――― 毎日―――3ピースずつ―――・・・・ これ以上ある―――? すっごい幸せ―――♪」

感想

このピースしかない女・・・・。

洋子はシャワーを浴びた後、缶ビールを2缶一気飲みした―――!

酒飲みのオッサン

缶を置いた時の音「カァン」は、2本目の缶ビールとの対決―――第2ラウンドを迎えるゴングの音かのよう~♪ その様子にクロはともかく、殺し屋二人の目も釘付け―――! この飲みっぷりで―――大半は色気で、だろうが―――洋子がこういう風に目を奪い、その隙に佐藤が命を奪う―――!という作戦もあったりしたんだろうか―――? アザミとユーカリでも隙だらけだからかなり有効そう~。佐藤は目立たないように、の方向に特化しているが―――洋子は目を引く方向に特化しているのか―――。

洋子は旅の間はずーっと断酒してたんだろうか―――? 第1部の最終回で見張りしてたが、すぐに車を動かさなければならない状況になる場合もある―――。寝る前にちょっとぐらいはあるだろうが、ずーっと酒を飲まずに幼虫を食わされて・・・・ よく耐えたなぁ~。ファブルの一員になるために厳しい訓練をしてきただろうから、今度の旅も耐えられたんだろうが――― 任務中は数ヶ月断酒とかもあったかもしれんが・・・・ 断酒した後に急に一気飲み―――! それでも平気な様子―――。さすがはアルコールが主食と言われた女―――!

ピースを見つけた男・・・・。

洋子から預かっていたハムスターの『お~い』はユーカリが可愛がっていたが、死んでしまっていた。その死でユーカリは何かを感じ取っていた―――。

落ち込みユーカリ

ハムスターのおーいは死んでしまったか・・・・。ハムスターの寿命は短いし、ペットショップで買った時は生まれてすぐだとしても、あれから約1年は経っているだろうし寿命や―――。メタ的に振り返ってみると、寿命の短いハムスターを飼わせたということは―――当初は休暇中にペットの死が起こって、佐藤兄妹の気持ちの変化を描こうとしていたのかな~?

そのおーいの死でユーカリは堪えていた―――・・・・。ユーカリは山岡に撃たれそうになったクロを庇ったことがある―――。あの時はスズムシ(虫ではなく裏格闘技の男)が撃たれた時でも何かを感じ取ったような表情をしていた―――。その後に佐藤と山岡が対決する前、洋子に次郎の居場所を教えたりした―――。何より、アザミとユーカリは組織を敵に回してでも恩師である山岡を助けようとしていた―――。命の大事さに気づき、自分の命よりも大事なことを見つけたユーカリとアザミを見たボスは処分せずに一般社会に戻ることを許したんだろう―――。

ピースが足りない男・・・・。

佐藤と洋子が倉庫で会うということから、ミサキには言いたくない事だと推測し、ミサキは洋子と会うのは「事が済んでからでいいよ」

佐藤と洋子が別行動していたワケがミサキには言えない事だった―――?

立体パズルを毎日少しづつ組み立てていく―――。佐藤とはゆっくり前に進んでいこうということか―――。そして「アッくんは鳥。ミーたんは岬」か―――。都合がいい女や~。男が鳥は鳥でも渡り鳥だったら―――『ザ・ファブル The second contact』やなくて『ザ・ミサキ The second woman』になってしまうやん―――! こういう事を言いだしたらなんか妻というより母親っていう感じに早くもなってしまうような・・・・。ミサキはこれまで彼氏から都合のいい女として扱われていた過去がありそうや~。佐藤はそういうことは無いだろうから―――ミサキには佐藤というピースが上手く嵌りそう~。借金を返すために一生懸命だったミサキは、普通の生活や愛に飢えていただろう―――。こういうイチャイチャをまだ楽しんでそうだから、母親気分だけでなく恋人気分もまだあるだろう―――

欠けたピース

こういうイタズラのネタバラシの時は佐藤はどういう反応するんだろう―――? 無反応だったら・・・・。ジャッカル富岡以外にミサキとの会話で笑ったりしてんのか~? その感情のピースが見つかる時が来るんだろうか―――?

佐藤はピースをちゃんと見てないのか―――? 形を覚えてないのか―――? 洋子ほどではないが、地図を数秒で覚えて夜の山道で車を飛ばせるほどの記憶力はあるんだが――― ミサキの前だからリラックスして気を抜いてるんだろうか―――? 知っててこのノリに乗ってあげてんのか~? ノリツッコミが出来るようになったのならかなりの進化といえる―――。でももし殺し屋として弱体化しているのなら―――
佐藤は前回、ミサキに佐藤よりもっと強そうな人間はいないだろうという返答に「それは―――どうかな?」と答えていた―――。

レンタルおっちゃん

一般の生活をして段々とカンが鈍ってきたのを感じているんだろうか―――? まぁ多少の弱体化はしていると思うが―――まだまだプロ相手でも圧倒できると思うが――― それとも佐藤と互角並の強い奴を知っている―――? 洋子との別行動の理由はソイツを探ってもらっていた―――? 佐藤が寂しそうな顔をしたりカーテンの外を気にしていたのも・・・・ こういう時に限って紅白組が動きそうで―――・・・・。

紅白組

このおっさんは紅白組の組長か―――? 少なくとも幹部クラス以上だろう―――。川萩がクロにやられたことを口実に動き出しそうやな―――。どう見てもPEACEが物足りない、平和を望んでいない人や~。横で肉を焼いているのも「コイツは肉食だ。ガツガツくるぞ」という印象を与えている―――。第2部の物語の悪役のピースは出てきた―――。真黒組が攻撃されて―――佐藤達には平穏で暮らしてほしい海老原は―――ボスに連絡して現代に適した新たなファブルが登場―――!とかあるのかな~? それでも窮地に追い込まれて、海老原が佐藤をレンタルおっちゃんとして雇う―――!なんてことはあるのか~? 紅白組にも大手がバックにいる以外にも何かないと簡単に返り討ちにされてしまうが―――砂川や水野の行方不明の理由を探っているうちに、山岡があれだけハデに動いたんだから真黒組がファブルと繋がっている事も掴んでいるかも―――。このおっさんは紅白組は抗争パズルを完成させるための切り札になるピースは持っているのか―――?

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル The second contact
-,


  1. 匿名 より:

    人間性観察、腹の探り合い、器量計りはヤクザの必須科目ですね

    筋目としては例の証拠写真が提示された時点で積みなんだろうけど

    あの二人組が写真撮られた時点で積みなんですが

    この二人組はクロとの件に関しての取っ掛かりから行き先までの全容を、全て話してるような感じではないのかな

    自分らの都合の良いようにしか話してないとすれば

    まずは組織論としてなら、この件をどう落とすのか

  2. 匿名 より:

    ユーカリ良い人キャンペーン張ってるみたいな
    ソーコ編では山岡の次に人殺めてるんだけど
    残った4人の中でユーカリだけが人殺めてる、これが残りの3人と違うところ

    ずっと気がかりで引っ掛かる

    • 匿名 より:

      たまたま作中で描かれてないだけでアキラもアザミも今まで殺しまくってるやろ
      どこが違うねんw

  3. ファブルネタバレ好き より:

    次回はクロちゃん いよいよ兄さんと再開ですかね~o(^o^)o

    優しい言葉のひとつでもかけてあげて欲しいです────((o(^∇^)o))

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル The second contact】 あらすじ 感想

『ザ・ファブル The second contact』のあらすじ・感想のページ一覧をまとめましたです―――。ネタバレ注意! ・第1部のあらすじ・感想の一覧はコチラ 第1話「ありがとうの男・・・・。」  …

平和な暮らし

【ザ・ファブル The second contact】第2話「一期一会の男・・・・。」大義名分がある男・・・・。

佐藤明は太平市に帰ってきていた。ミサキと新婚生活をおくっていて、仕事はレンタルおっちゃん(1時間1000円)をしていた。クロはそれを知らず、舎弟から佐藤明を街で見たと聞き、アザミとユーカリを問い詰める …

泥酔洋子

【ザ・ファブル The second contact】11話「力尽きた女・・・・。」チンピラも組長も 目を引くぐらいの女・・・・。

クロに絡んでいった紅白組の川萩は、真黒組に身柄を預かられてクロ達と3日間暮らすことに。佐藤は洋子から仕事の報告を受けたが、ミサキとの新婚生活を続けている。川萩を仕向けた紅白組の松代は、クロと川萩の喧嘩 …

ファブル 第2部

【ザ・ファブル The second contact】第1話「ありがとうの男・・・・。」いや~ 君ノセるねぇ~ 1話のつもりが50ページも載せてしまって~

1年の休暇として太平市で”ふつう”の生活を始めた佐藤兄妹。物心ついた時から殺し屋として育てられた佐藤明は、普通の人として生活していく中で色々な人と触れ合いながら成長。佐藤は「も …

佐藤先生

【ザ・ファブル The second contact】12話「芸術(アート)な男・・・・。」男達の知らない世界・・・・。

佐藤兄妹はウィルス蔓延の影響で早くも大阪に戻ってきた。アザミとユーカリはオクトパスで引き続き働いていたが、佐藤が『レンタルおっちゃん』の仕事を始めたのをきっかけに二人も副業として始めた。そしてユーカリ …