みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】連載再開する男―――!

投稿日:

2021年のヤンマガ10号で表紙にはファブルの絵があったのに、中身は掲載されていないどころか―――再開予定すら書かれていなかった―――・・・・。しかし―――2021年のヤンマガ18号で―――!

スポンサードリンク

続編再開が決定した漫画・・・・。

10号では映画第2弾の「THE FABLE 殺さない殺し屋」の宣伝だった―――。そして『ザ・ファブル2』の再開時期は未定のまま―――。漫画のほうの第2弾はジャムって弾が出てこないのか~? ヤンマガの次号予告を見てもファブルの文字が無いな~『喧嘩稼業』の文字は当たり前のように無いなぁ~と、「こいつら、プロとして―――自覚は無いのか~?」と思いながらも時は流れていった―――。そして3月29日発売のヤンマガ18号―――。その編集後記で―――「『ザ・ファブル』続編」の文字が―――!!

ファブル再開

新型コロナウィルス感染拡大により、公開延期となっていた映画!!『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』が6月18日(金)より公開決定!! そしてそして!!! 南勝久先生による『ザ・ファブル』続編も、映画公開前後に連載再開となる見込みです。続報を楽しみにお待ち下さい押忍♪

『ザ・ファブル』続編も、
映画公開前後に連載再開となる見込み

きた―――! やっときた―――!! 6月中旬頃に『ザ・ファブル2』が連載開始される―――! しかし最初に予定していた2020年夏からはほぼ1年近く遅れての連載再開―――。プロとして―――どうなんだ―――? まぁコロナ蔓延という大きな出来事があったから、一人の知恵と工夫で乗り越えられるものでは無かったから仕方ないか―――・・・・。でも―――あれだけ作中で「プロとして―――」と言わせたんだからプロとして連載再開の時期を守ってほしかった―――・・・・。

再開決定―――
内容未定―――

再開する『ザ・ファブル2』は佐藤の物語になるのか―――それとも別の人物の物語になるのか―――。ファブルという言葉を使うのだから―――組織はまだあって、再び佐藤と関わってくる―――? 佐藤とは違う、組織の殺し屋の話になる―――? まぁ編集後記にここまで書いたのだから再開は間違いない―――! 待てばいずれ分かる―――! それにしても映画の第2弾に合わせて再開か―――。・・・・ん? プロとして―――完璧な仕事やないかい~!!

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-


  1. 匿名 より:

    木多、お前一人だけだぞ 休み続けてるのは…○ねよ(ボソッ

  2. 匿名 より:

    キター♪───O(≧∇≦)O────♪

    もうやらないんじゃないかと少し思ってた

  3. 匿名 より:

    良かったー
    楽しみ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ミサキ

【ザ・ファブル】182話「掛け合う女・・・・。」覚悟を決め合う人達・・・・。

山岡が両親の仇だと知った洋子は、このままでは勝てないと武器を手に入れようとしていた。 そこへ身の危険を感じたマツが洋子を頼り、兄の佐藤明も協力してくれれば銃の隠し場所を教えると持ちかけてきた。 一方、 …

水野

【ザ・ファブル】169話「アメとムチの男・・・・。」アレとムチで楽しんだ後のアメとムチ・・・・。

砂川が真黒組の若頭になるのための障害である幹部の水野をとりのぞくため、ファブルのユーカリを水野が使っている倉庫に送り込んだ山岡。ユーカリはあっさり制圧して・・・・ スポンサードリンク data-mat …

先手

【ザ・ファブル】226話「お膳立ての男・・・・。」思いの届け先を決めた男達・・・・。

暴走した山岡に恩があるアザミとユーカリは味方し、3人で佐藤を返り討ちにすると宣言。洋子とマツは二郎捜しで京都に出発し、太平市に残るのは佐藤と海老原。ボスから山岡を消す命令を受けた佐藤は「こっちでお膳立 …

【ザ・ファブル】96話「カンパイのパイ・・・・。」ヒナコのリハビリに付き合うことで佐藤の一般社会に馴染むリハビリにもなる~?

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 ファブルのことを探る太平興信所の鈴木。 知り合いである、真黒組の砂川に雇われた殺し屋フードとコード …

洋子

【ザ・ファブル】144話「ハンモックの男・・・・。」半目で寝る女・・・・。

年末の太平市。 真黒組の砂川がクーデターを起こそうとしていた。 砂川は武器商人に依頼、武器商人はファブルの山岡から二郎を紹介され、雇うことに。 真黒組の組長と若頭は組に伝わる銃を手入れのために分解する …