みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

彼岸島

【彼岸島48日後…】129話「サイレン」あったよ!壁を壊すための邪鬼が!! でかした!

投稿日:

金剛を倒し、明、鮫島、勝次、ネズミは精二の案内で東京を目指していた。
東京の傍まで来ると東京外環道を使って壁が作られていた。

スポンサードリンク

あらすじ

東京の壁を前にする明達。

 

勝次「これが…東京の壁…」

ネズミ「これが…東京を囲ってるってのか…」

鮫島「東京外環道を使って作られてるみたいだ」

ネズミ「でも外環って完全に東京を囲ってるわけじゃないでしょ…」

鮫島「ああ。場所によっては高い建物や地形を利用して造ったり、東京湾側も高い壁で囲ってあるらしい。とにかく東京を囲む事で吸血鬼の許可なしでは誰も出入りできなくなり、完全に要塞化されてるってわけだ」

ネズミ「もう帰ろうよ。見るだけ見たし、あとは船に戻ろうよ」

雅の事を思い出す明(この壁の向こうにあの男がいる!!)

壁に向かって歩いて行く明を止める鮫島「待てよ明。これ以上近づいちゃ駄目だ!!」

鮫島「許可なく近づいた者は誰であれ殺される。この壁は誰も超えられねェんだ」

ネズミ「ひいいい そういえばよく見たら壁が血まみれだ」

ネズミの言う通り、東京の壁には血がいっぱい付いていた。

ドォォン

ネズミ「ひいいい 出たァァァァ」

エテ公が後ろから現れた。

鮫島「エテ公… お前もここに…」

ネズミ「ひいいい どうしよう!! 前は壁!! 後ろはエテ公!! 挟まれたァァ」

鮫島「ウルセェな!! 来いっ」

ビルの脇道にネズミを引っ張り込む鮫島「とにかく今はこの建物に隠れてエテ公をやり過ごすんだ」

しかし、エテ公に見つかる明達。

ネズミ「ぎゃあああ 見つかったァァ」

鮫島「逃げろォォォ」

明達を追わず、別の方向を見るエテ公「ギ?」

明「!? エテ公の様子が変だぞ?」

エテ公「オ…ンナ… オンナアアアア」

明達を無視して壁に向かって走りだすエテ公。

明「そっちかあ女の匂いを感じたのか!!」

鮫島「いいぞ これはチャンスだ。エテ公が壁に穴でも開けてくれれば俺たちも楽に向こうに行けるぞ」

エテ公「エエエエ」

ドォォン

壁に体当たりをするエテ公。

鮫島「どうだ!? 開いたか穴!!」

エテ公が体当たりした壁はなんともなかった。

勝次「傷ひとつ 付いていない…」

ウー ウー

ネズミ「!? サイレン?」

スピーカーから流れてくる声「3025番の壁 邪鬼による攻撃。第42対策班集合!! 3025番の壁」

鮫島「頑張れエテ公 穴を開けてくれ」

壁の前で立ち尽くすエテ公「オン…ナ… オン…」

感想

要塞化!! この東京を要塞化するには沢山の資源がいるのか!!

何で東京をこんなに要塞化しちまったんだァ? 吸血鬼に敵はいねェだろ? 雅もいるんだし。インフラが滅茶苦茶になっちまったのに無用な壁を作るのにこんなにリソース割くなんてわけがわからねェ!

このエテ公 超助かる

エテ公また出てきやがった! うぜェ!! でもコイツを利用して壁を壊すのか? よくある怪力の敵の攻撃を利用してとか障害物を壊す展開じゃねェのか?とか思ってたら明達が誘導しなくても一人で勝ってに壁に向かったぞ! エテ公を誘導する事でグダグダ引き伸ばししなくて超助かる!

こんな事もあろうかと
壁だけはずっと丈夫に造ってたんだ
最高の要塞を見せてやるよ

へ? 壁に当たったらサイレン? 東京をここまで厳重に守ってるのかァ? わざわざ高くて頑丈な壁を造ったり、何かあればサイレンを鳴らして監視していたり、こんなにリソース割く必要あんのかよ。

壁に血がついてたがこんな上にまで血が飛び散るのか?

ネズミ 要塞化した東京の壁

ありえねェ! こんなに飛び散るなんてありえねェ!!

何ヤったんだ? 人間の血がこんな高さまで飛び散るとは思えねェから、エテ公みてェに壁に体当たりした邪鬼の血だったりするのか? そうか! この壁がこんなに丈夫なのは邪鬼が入ってこねェように造ったのか! なるほど考えちょる。

へ? でも邪鬼なら雅のサイコジャックで操れるが… でも雅は神輿に乗って大阪にまで行ってたからいつも居るとは限らねェのか。だから雅に頼らないように壁を造ったってわけか。なるほど考えちょる。先生ェの設定は超完璧じゃねェか!! へ?でもいつも雅がいねェ可能性があるなら明が東京に入れても会えねェ場合もあるんじゃねェのか… もしかしてここに来て雅が他の場所にいるとかいって引き伸ばしをするんじゃねェだろうな?

先生ェ「こんな事もあろうかと
強敵だけはずっと考えていたんだ
最高の強敵を出してやるよ」

エテ公が壁に体当たりをしたらサイレンが鳴り、対策班が来る。

エテ公 東京の壁

ちくしょう!エテ公と壁のデカさが半端ねェ!!

相手が邪鬼だと分かっているのに呼ばれた対策班は、強ェ吸血鬼達だったりすんのか? 今までの強敵はでけェ邪鬼達ばっかりだったから、人間とそんな変わらねェ身長の金剛と戦うのは期待したんが… 金剛は脱皮しちまってでけェ邪鬼と変わらねェサイズになっちまっていた… たまには明が人間サイズの強敵と戦う場面も見てェよ。今度の敵は人間サイズで強敵なのかァ? 邪鬼対策に呼ばれるぐらいだから期待しちまうぞ。

へ? でも精二が要塞化した東京への入り方を知ってるんじゃなかったっけ? エテ公に頼らなくても入れるんじゃねェの? 精二も何で言わねェの?

やめんか それには訳があるんじゃ

精二は人見知りなんじゃ…

鮫島樣ァ!! 弟から情報を引き出してくだされ鮫島樣!!

スポンサードリンク スポンサードリンク

-彼岸島
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

シンプルに正面から

【彼岸島48日後…】300話「馬鹿の集まり」うちらは彼岸島読者の集まりだからな 利口な漫画なんてクソ喰らえだ

倒すべき相手の豹丸様と拷問野郎は、血の楽園の特別区にいると分かり、明達は特別区の前までやってきた。そこには門番として二人のアマルガム・凸様と凹様が守っていた。 ネタバレが見たくなければここに残れそれが …

宮本篤

【彼岸島48日後…】398話「連動」なんだ この墨族のカジノは! 客人に仕事やらせやがるぞ!

吸血鬼の集落・竹馬街で明達と逸れてしまったネズミとユカポン。ピンチを切り抜け、明達と合流しようとしたが、居たのは勝次だけだった。ユカポンとネズミを救うため、明と小春・勝次と鮫島で二手に別れたという。鮫 …

震える鮫島

【彼岸島48日後…】165話「見殺し」ちくしょう絶望が半端ねェ…

食料を調達するために東京の地上に出た鮫島兄弟。そこで偶然、雅と遭遇してしまい、人間のまま見た目が化物になった精二に興味を持った雅は精二の身体を食べ始めてしまう。鮫島が止めに入るが返り討ちに会い、右目を …

竹馬街

【彼岸島48日後…】380話「三途の川」水の都! ここが彼岸島版ベネツィアなのか! 見えちまう! 街が沈みゆく結末が見えちまうゥ!

宮本篤と名乗る雅の息子が、日本橋川に集落を作ったという情報を聞いた明達。日本橋に付き、小春が客から聞いた噂の通り、扉を見つけて明達は中に入っていった。宮本篤と名乗る者は偽者なのか、本当に宮本篤なのか… …

美人局

【彼岸島48日後…】279話「バサバサ様」この無法地帯についてわかってきたのは いくつもの波乱があるって事だ

血の楽園へと続くレインボーブリッジには2つの関所があり、その間にある無法地帯を進む鮫島達。明は正体がバレてしまうといけないので樽の中に隠れ、吸血鬼は鮫島が相手をしなければいけない状況だった。最初に出会 …