みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】76話「腹ごしらえの男・・・・。」クロちゃんついてこれてる---

投稿日:2016年6月6日

佐藤とクロの山篭り開始。

 

スポンサードリンク

あらすじ

息絶え絶えながらも佐藤に付いていったクロ。

クロ「ゴールっスよねぇ―――。この川っスよねぇ~」

佐藤「ま――― ええやろ―――」

佐藤「おまえ その足で思ったより頑張ったな――― 夕方までかかると思ったが昼過ぎに着いた―――」

クロ「勝手についてきて兄さんに迷惑かけれないっスよ!根性っスよ!」

佐藤「俺ひとりなら午前中に着いてるが・・・・」

クロ「スンマセン!」

佐藤「明後日の朝まで――― この辺りを拠点にする――― ここがベースになる―――
faburu76a.jpg
佐藤「とりあえず火をおこして飯にしよう――― 薪をひらってくる―――」

クロ「あの~ 俺は―――・・・」

佐藤「川の石を集めて”かまど”を作っておいてくれ―――」

クロ「焚火の準備っスね!」

焚火をする佐藤とクロ

クロ「俺 ライター持ってますけどォ―――」

佐藤「それじゃあ またキャンプやろ――― なるべく原始に近く――― せっかくの場所なんや――― ホントならキリモミ式でやりたいくらいや」

佐藤「原始的に近づくにつれ――― いろいろなものの見方が変わってくる――― 便利な文明は一度忘れろ―――」

佐藤「身近にあるもの 自然にあるものでたいがいの事はできる――― 知恵と工夫――― ボスがしつこく言ってた教えや―――」

佐藤がヘビをさばくのを見て引くクロ。

佐藤「ヘビはキライか?それともさばいてるのがイヤか?」

クロ「両方・・・・」

佐藤「牛も鳥も毎日 誰かがこうしてさばいてる――― 命を頂くって事は見といたほうがいいかもな―――」

焼けたヘビを食べる佐藤。あいかわらずの猫舌。それを見るだけのクロ。

佐藤「いらんのか?」

クロ「正直言いますと――― ヘビが苦手で・・・」

佐藤「先入観はよくない――― まずヘビと思わず こうゆう栄養源やと思ってみィ――― 根性あるんやろ~ ホラ―――」

思い切ってヘビを食べてみるクロ「よ~し」

ガツガツ食べだすクロ。

佐藤「あの・・・ 半分おいといてくれる?」

クロ「あっ はい・・・ あの・・・ ヘビってこんな―――・・・」

佐藤「言わなくていい―――」

クロ「はい!」。またヘビを食べだすクロ。

感想

佐藤が山のガイドみたいになってきた―――。
ちゃんとクロのペースに合わせる佐藤。クロが「見える所にいますが別行動!声の聞こえる範囲ですが別行動!」って頼み込んだら、ペースを合わせてくれて食料も分けてくれる佐藤―――。実は弟子が出来て嬉しいのかぁ―――。
「便利な文明は忘れろ」とか「原始的に近づく」とかは、ボスが佐藤は時代遅れだと言われていたところか?元はボスが教えこんだんだろうけど。
クロは変われるだろうか?ギブス外れたてで佐藤に付いていった根性はあるが、川で顔を洗ってるときには不平言いまくってたし。
faburu76b.jpg
そもそも、この山篭りでプロの殺し屋になれるのか?

分けてもらったのに真ん中から食うな―――
faburu76c.jpg

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル】131話「立つ女・・・・。」悪事を絶ってその場を発つプロ達・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 ヒナコが地雷を踏んだせいで宇津帆達の建てた計画は狂ってしまい、佐藤に簡単に跳ね返されてしまった。 …

アザミ ユーカリ

【ザ・ファブル】204話「天涯孤独の男・・・・。」○○に弱い男達・・・・。

姿を消した山岡に備えるため、アザミはオクトパスで入社を目指す事に。 海老原は浜田組長暗殺の真相を知り、暗殺に関わっていたマツから細かい事情を聞こうと胸元からルガーを取り出した。 スポンサードリンク ス …

【ザ・ファブル】83話「前かがみな男」佐藤は6秒で熊を撃退できるのか―――?

山篭り中の佐藤とクロは熊の襲撃に備える。 洋子は河合とバーで待ち合わせ。 スポンサードリンク スポンサードリンク

武器商人

【ザ・ファブル】156話「トラウマの男・・・・。」人は殺せても感情は殺せない人達・・・・。

新年の太平市。 洋子は街で小さい頃に会った組織の人間の山岡を見かけた。 武器商人は山岡となるべく出会わないようにしていた。 スポンサードリンク スポンサードリンク

洋子

【ザ・ファブル】144話「ハンモックの男・・・・。」半目で寝る女・・・・。

年末の太平市。 真黒組の砂川がクーデターを起こそうとしていた。 砂川は武器商人に依頼、武器商人はファブルの山岡から二郎を紹介され、雇うことに。 真黒組の組長と若頭は組に伝わる銃を手入れのために分解する …