みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】88話「ウツボレイ・・・・。」ファブルが山を降りたら新たな山が――― 新章突入―――

投稿日:2016年9月12日

山籠りを終えた佐藤とクロ。
平和な日常が始まる・・・?

スポンサードリンク

あらすじ

マンションの一室。男二人と教育ママっぽい中年女性が会話していた。

「ニュースにもなってましたねぇ――― 太平市の公園のブランコが全て『安全ブランコ』になるとか―――」

男「ええ――― 年内にはそうなる計画です―――」

女「ホント頼もしいわ~ 宇津帆さん―――」

宇津帆(うつぼ)「あとは池まわりの安全柵ですが――― こちらも市とかけあいまして――― 過去に子供の水死事故などあった場所から順にとりかかるよう話を取りつけました―――」

女「あら――― さすがウワサ通り仕事が早いですね。婦人会でも評判ですよ~」

宇津帆「ヒナくん、資料を―――」

車椅子にのった女性が資料を出す「どうぞ―――」

資料の説明をする宇津帆「子供はこの国の宝です!安全に歩けるようつまずくような石をひらうのが我々大人の役目です。発育を傷つける全てのモノから子供達を守りたい――― そう思っています!」
faburu88a.jpg
女はマンションの部屋を出て行く。マンションの扉には『太平興信所』の表札が。
客が帰った後の太平興信所内。

男「宇津帆さん~ めちゃくちゃ正当じゃないですか! まともな仕事ですやん~ どこがブラックなんですかぁ~」

宇津帆「全部だよ!ウチは完全ブラック企業さァ―――」

男「じゃあさっきの言葉は全部ウソってんですか?」

宇津帆「言葉は本音さ――― 心の底からそう思ってるね」

男「えぇ~ わからんな~ どっちにしろこうゆう仕事は俺ムリっよ!人を脅したりさらったりは得意ですけどォ――― 元真黒組っスよ俺~」

宇津帆「ああ――― 俺もおまえも――― ヤクザにもなりきれなかったハンパ者同士・・・ 言いたい事はわかる。今晩もう少しつき合え――― うちで働くかはそのあと決めたらいい―――」

元真黒組の男「はあ・・・」

夜になる―――

関係者以外立ち入り禁止の看板がある森の中――― 宇津帆と元真黒組の男が車で到着―――

そこにはショベルカーがあり、命令する宇津帆「上げろォ―――」

ショベルカーのショベルが上がり、シャベルの下には手足を縛られ猿ぐつわをされた若者が。

元真黒組の男「いいっスね~!こういうの好き―――!! なんなんスかコイツ―――?」

宇津帆「モンスターペアレントが産んだ新人類さ―――」

縛られた若者に喋りかける宇津帆「心配するな安心しろ――― 俺はおまえが大好きだ!落ちつけ――― お母様の過大な過保護で育ったおかげで―――・・・ 気持ちのいいくらい――― 世間知らずの終着駅が――― ここになったというワケで――― 親の有り余る金で好き放題――― 素晴らしい―――♪」

元真黒組の男「コイツ脅して幾ら引っぱるんスかぁ~?」

宇津帆「もう引いた――― 一千万ほどだがムリしちゃいけない。欲をかくと親にも知れる――― コイツはこれから―― 東南アジア辺りに飛ぶ―――! 一千万の現金とともに―― 自分探しの旅に出るという設定だ――― モンスター母さんも息子がアイデンティティーに目覚めたと――― さぞ喜ぶ事だろよ――― 二度と帰らぬ息子を待ち続けるわけだぁ~」

若者に喋りかける宇津帆「心配するな! グロイのは俺もキライだ!スーッ殺してやる―――」

宇津帆はシェベルカーに命令。穴に埋められる若者。

元真黒組「なんちゅうブラックな興信所や・・・」

宇津帆「過保護は良い!この上ないカモになる――― 傷つく事・・・ 思い通りにいかない事・・・ そういうのに免疫のない――― そういう子供をもっと増やそうじゃないかァ――― 俺達――― 悪のために―――」

場面変わり部屋でくつろぐ佐藤

ジャッカル富岡のドラマを見ている佐藤。

ドラマ内のジャッカルは女に頼み込んでいる。

佐藤「この必死さ・・・ アツイな・・・ これが恋・・・か・・・ 恋―――・・・」

感想

新キャラの宇津帆――― (サブタイトルの「ウツボレイ・・・・。」は宇津帆の下の名前がレイなのか~?)
faburu88a.jpg
こんな顔で綺麗事を語っているから怪しい――― と思ったら本当に裏がある奴やった――― しかも元真黒組の男を雇おうとしている―――。これは真黒組とぶつかったりしないのか~? シマを荒らすなとか―――。 それにしても過保護で危機感のない子供を増やして自分達のカモにしようとか宇津帆のヤルことが先を見すぎている―――。

宇津帆が佐藤とどう関わるのか―――

佐藤は宇津帆の悪事を知っても自分からは動かないだろう。真黒組の若頭の蛯原は小島とのいざこざの時にファブルのボスに脅されてるから、宇津帆と揉めたとしても佐藤に頼まないだろう。そうしたらクロが巻き込まれる? もしかして砂川が絡んでくる? それとも車椅子に乗ったヒナと佐藤が知り合い、手助けして「これが恋か――― この必死になるのが恋か―――」となる?
そもそもヒナも宇津帆の裏の仕事を知っているんだろうか? 新たに雇った男が元真黒組ってことを聞いてる描写がある―――。
faburu88b.jpg
『車椅子に乗っている』というのを利用してヒナが悪事を働いている可能性もある―――。
とにかく新章楽しみ―――。
あと佐藤が飼っていたカシラが部屋にいなかった―――。山籠り中に洋子はちゃんと世話してたのか~?

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

覗きの高橋

【ザ・ファブル】232話「崩れゆく男・・・・。」崩れゆくシナリオ・・・・。

倉庫内でのファブル同士の対決は佐藤の圧勝で終わった。両腿を撃たれて動けなくなった山岡。弾が尽きたユーカリとアザミ。佐藤が山岡に止めを刺すだけだが、アザミが情に訴える。そこに沈黙していた海老原が、倉庫外 …

【ザ・ファブル】106話「屈辱の夜・・・・。」自尊心の塊に育ったニワトリは恥と屈辱を受けてもケガしない方法を学ばずに責任を他に飛ばそうとする――― 飛べないのに―――

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 佐藤は以前の仕事で巻き込んでしまったヒナコの脚のリハビリを手伝おうとしていた―――。 貝沼は親と一 …

サンタ洋子

【ザ・ファブル】136話「聖夜のトナカイ♪」前途多難の予感がするカンパイ~♪

貝沼の事があり、社長は気分を変えるためにクリスマス会を開くことを提案。 洋子の家でクリスマス会を開くことに―――。 洋子は社長を酔い潰して遊ぼうと、社長は佐藤とミサキをくっつけようと画策する―――。 …

プロとして

【ザ・ファブル】227話「覚悟の男・・・・。」命を懸ける価値のあるもの・・・・。

佐藤が山岡と対決するために、ボスがお膳立てした場所は倉庫だった。倉庫にいた海老原が山岡と対面。これから来る佐藤を返り討ちにすると言って山岡とアザミは倉庫で待ちかまえるが――― スポンサードリンク da …

マツ 山岡

【ザ・ファブル】170話「球撞きの男・・・・。」人と人との玉突き連鎖・・・・。

真黒組の若頭になるために動きだした砂川。 ファブルの山岡の力を借りて、組長を消すことに成功。 次に、敵対する幹部の水野を配下にすべく、山岡とユーカリが水野をアジトを襲撃して話をつけた。 スポンサードリ …