みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

僕たちがやりました

【僕たちがやりました】51話「一人じゃない」マルは安定のクズっぷり

投稿日:2016年4月18日

爆破事件の罪悪感を感じるトビオ達。

スポンサードリンク

あらすじ

京都で偶然出会ったパイセンとマル。

パイセンは「愛が欲しい」と父親を探していることをマルに話す。

罪悪感があるのにこんなこと勝手なことを話してゴメンと謝るパイセンに「罪悪感はないよ。だって最初に悪いことしたのはアイツらじゃん」と、マル。罪悪感無しのマルに引くパイセン。

マル「愛が欲しいって言うけど 俺、パイセンのこと愛してるから」それを聞いて期限を直すパイセン。

マル「俺、東京帰りますけどチャージできます?」パイセン「おま・・・ 40万でええか?」金を渡すパイセン。

パイセンを見送り、貰った40万を見て「I LOVE パイセン(MONEY)」

学校

登校したマル。両腕にはめた腕時計を同級生に見せびらかす。

トビオが飛び降りたことを聞いたマル(そっかトビオは 罪悪感に負けたんだ・・・ 弱いやつだ・・・ いや・・・俺が強いのか!)

同級生とのカラオケの帰り道。歌いながら歩くマル。

いきなり後ろからハンマーで殴られるマル。

その後、ナイフで・・・

感想

マルはやっぱり罪悪感ゼロ!!パイセンが言った通り、元々は矢波高の悪口を言ってたのを聞かれたのが切っ掛けなのに「それは遡りすぎ」って…
bokutachi51a.jpg
読者は皆、パイセンと同じ表情したぞ、多分。
こんなんじゃマルが襲撃されても「知ったこっちゃないよ」と言われてもしかたないぞ。

マルを襲撃したのは誰か?

 
マルの羽振りの良さに金目的で襲った可能性もあるが、それならハンマーの一撃だけでカバンや財布を奪えばいいだけだし怨恨の可能性大
やっぱり矢波高の誰かなのか?市橋が実は歩けるようになっていて、復讐しても犯人と疑われないように普段は車イスに乗っている展開も…

読みなおして犯人が判った!
マルと決闘させられていたウ○コと呼ばれてたヤツだ。決闘の後に手の甲にウ○コの絵を安全ピンで刻まれたヤツだ。そのイラストを刻まれたことで同級生からいじめられるようになってマルに模造刀で斬りかかったヤツだ。
今回の最後のページでナイフを使ってマルの手に何か刻んでいるように見える。

スポンサードリンク スポンサードリンク

-僕たちがやりました
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マルの母親

【僕たちがやりました】46話「幸せが」

前回、爆破事件での罪の重さを刑事に突きつけられたトビオ達。そして朝になり、久々の帰宅。 スポンサードリンク スポンサードリンク

【僕たちがやりました】58話「自由不自由」やーみのーなかっ!には出来ないなぁ

罪の意識も消え、蓮子と付き合い始め、市橋と仲良くなり順風満帆な生活を送れそうとなったトビオ。 その時、市橋が病院から飛び降りた。   スポンサードリンク スポンサードリンク

no image

【僕たちがやりました】85話「久しぶり」トビオは頑張った!のか…?

矢波高爆破事件から10年後。 出所したパイセンと再会したトビオ、伊佐美、マル。 その後、普通の日々を送っていたが・・・ スポンサードリンク スポンサードリンク

no image

【僕たちがやりました】57話「友達になれてよかった」やっと話が動きだした

学校の屋上から飛び降りた怪我で市橋と仲良くなったトビオ。 蓮子と付き合いだし、蓮子に好意を寄せていた市橋に付き合ってることを報告するトビオ。 市橋は怒ることはせずに祝福した。   スポンサー …

【僕たちがやりました】74話「GRAND FINALE」僕たちがやりましたって言ったのに…

自首をするためにデモの集会を行っている野外音楽堂のステージに登ったトビオ達。     スポンサードリンク スポンサードリンク