みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

僕たちがやりました

【僕たちがやりました】79話「バック・トゥ・ザ・フューチャーズ」あれから10年後―――

投稿日:2016年11月14日

トビオ達は最高の自首を決行したが、パイセンの父親の輪島総十郎の手下に邪魔をされる。
パイセンは警察に捕まるが、輪島の力で「爆破事件の誤認逮捕で精神をきたし、自分は爆破事件の真犯人だと言い張っていた」ことにされてしまう。
トビオと伊佐美とマルは「パイセンに無理矢理手伝わされた」ということになった。
そして10年後―――。

スポンサードリンク

あらすじ

あれから10年後。
bokutachi79b.jpg
トビオはビフプロダクション所属のアイドルグループ「バック・トゥ・ザ・フューチャーズ」のマネージャーになっていた。

アイドルを売り出そうと営業するトビオ。

仕事が終わり、家に帰るトビオ。

テーブルには「HAPPY BIRTHDAY」のカードが。

トビオの後ろから抱きつく女性「27歳のお誕生日おめでとう! トビくん♡」
トビオ「ただいまぁ 夏っちゃーん♡」

いちゃつくトビオと夏っちゃん。

トビオのスマホに公衆電話からの着信が・・・

感想

トビオは蓮子とは別れていたか。蓮子は「待ってる」と言ったけど…まぁ若気の至りというのもあるし。

トビオの家で流れた「銅線が盗まれた」っていうニュースは何か関係あるのかな?
bokutachi79a.jpg
伊佐美は子供が出来たから真っ当に生きてると思う。マルとパイセンのどちらかが銅線を盗む窃盗団になってたりするのかなぁ?

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-僕たちがやりました
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【僕たちがやりました】73話「疾走」自首の方法はこれでいいのか?

自首作戦を開始したトビオ達。 渋谷のスクランブル交差点でビラを撒き外へと飛び出した。     スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4, …

【僕たちがやりました】76話「同じ人間」パイセンがキレた…

最高の自首を決行していたトビオ達。 しかし、パイセンの父親・輪島総十郎の手下に車で拉致されて、パイセン以外は黙っていたら見逃してやると言われる。 マル、伊佐美は逃げたがトビオは逃げずにドライバーにマス …

【僕たちがやりました】80話「10年」伊佐美、マル、パイセンの10年後

矢波高爆破事件から10年後。 トビオは芸能事務所でアイドルのマネージャーになっていた。 そしてトビオには結婚を考えている夏っちゃんという恋人がいた―――   スポンサードリンク data-m …

トビオ

【僕たちがやりました】52話「トントン」トビオも罪悪感なし!

前回、路上で襲われたマル!どうなった? スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-content-columns-num=” …

【僕たちがやりました】66話「掌の上で生きる」この後、パイセンはトビオ達と集結して自首?

とうとう父親に会えたパイセン。しかし父親からは愛されていなかった。生きる価値が無くなったと言うパイセンに「じゃあ死ぬか?」と父親に言われ、ナイフを持った腹違いの弟・玲夢と戦うことになったパイセン。 & …