みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】139話「聖なるグビ・コン・チュ♪」聖なる夜を制するのはどっちのサンタ♪?

投稿日:2017年10月2日

洋子の家で洋子、佐藤、オクトパスの社長の田高田、ミサキでクリスマス会を開催。
洋子は社長を酔い潰そうとし、
社長は佐藤とミサキをくっつけようとし、
佐藤は素性を隠そうとし、
ミサキはただ単に楽しもうとしていた。

洋子は社長とテキーラ勝負を持ちかけた。

スポンサードリンク

あらすじ

洋子と社長の飲み比べ勝負のルール
『交互に飲んでいって、飲めなくなったりダウンしたら負け』の単純ルールでスタート。

先行は社長から始まり、後攻の洋子の早い飲みっぷりを見た社長もそれを真似てお互い早いペースで飲みだす。

飲む音グビ
グラスを置く音コン
レモンを齧る音チュッ

グビ コン チュッ

この音がキッチンで鳴り出す。

横の部屋では、酔い始めたミサキが佐藤に説教していた。

ミサキ「力が強いとか―――そうゆうのは~どうでもいいのですよぉ~ ただね―――泣いちゃダメ!」

昔のグラビアアイドルをしていた頃の愚痴を言い出すミサキ。

ミサキが突然立ち上がりトイレに行こうとするが、酔っていてふらついているので佐藤がトイレへ連れて行く。

キッチンの奥のトイレに案内した佐藤。

洋子と社長に話しかけられるが、社長は呂律が回らなくなって佐藤は聞き取れない。

トイレから出てきたミサキの手を引き、ソファーに寝かそうと連れていく佐藤。

その様子を見た社長は「ガッと抱きしめれ~!」と言い出す。

呂律が回らなくなった社長を見た洋子は(ゴールデンタイムね~!!)と喜びだす。

酔って吐きそうになった社長はなんとか持ちこたえてトイレへ。

その様子を笑って見る洋子。

感想

精を出すブラジル・サンゴ・ヘビ♪

相手がミス・アルコール・ガールと知っていても先攻をとる社長―――。相手は酒が主食と聞いていても攻め込んでいく社長―――。それだけ自信があったか―――。

対する洋子は、社長を驚かせるほど飲むのが速い―――。佐藤はボスに相手を6秒で倒せるように訓練されていたが、洋子は相手を酔い潰すのに6秒もかけないつもりか―――!?
呂律の回らない社長の言葉を理解する洋子―――。佐藤は標準語、関西弁、広島弁、九州弁、東北弁を使い分けることができるが、洋子は酔って呂律が回らない人の言葉を理解することができるのか―――。これがプロか―――。プロの酒飲みか―――。

そしてグビ・コン・チュッの音を繰り返すだけになった2人のサンタ―――。サンタの衣装を見た佐藤はブラジルサンゴヘビと言ったが、そのブラジルサンゴヘビは強い神経毒を持っている―――。ブラジルサンゴヘビ柄の2人の対決で、神経毒にヤラれたのは社長だったか・・・・。あれだけ飲める社長も凄いんだけどな―――。相手が悪かったか・・・・。

ヘビではなかったタコちゃんは、墨を吐く寸前のタコみたいになってしまった・・・・。酔っている状態でも佐藤を気にかけたりしてたのに・・・・。社長は佐藤とミサキを二人きりにしようとするのが目的だったから、もう勝負はしなくてもいいから断ればいいんだが・・・・。社長が目的を忘れていなければ・・・・でも、グビ・コン・チュッを高速でやっている時は目的を忘れて純粋に酒飲みとして勝負してそうだったが・・・・。こんな状態になった社長に洋子はさらに勝負を仕掛けたりするんだろうか~?  洋子はこれ以上は酔わせずに、高橋や河合のときのようにこのフラフラの状態を見て楽しむのか~? 社長とは息が合ってたんだし、父親と姿を重ねたりしたんだから手加減してあげてほしい―――。

勝負に負けた社長だが、社長の目的である佐藤とミサキをくっつけられるかはまだまだ分からない―――。社長は試合に負けて勝負に勝ったとなるか―――?

違う姓持つミサキ・ミキ・ツバサ♪

倒れそうになったミサキを佐藤が助けた―――佐藤と目を合わせたが
佐藤明 清水岬
ミサキは佐藤に気があるのかな~? これまでの様子だと気がありそうだが、佐藤がどう答えるのか―――? ヘタレの格闘家という設定を守れるかな~?って、佐藤!トイレに入るミサキに「パ○ツおろせる?」とか聞くな―――! ミサキも「はい―――」と素直に返事するな―――!! でもこの感じ、そして酔う姿を見せるなどミサキは佐藤に気を許していると見れるな~♪

アイドル時代の事を愚痴るミサキ―――。その時にミサキが言った「彼氏にグラビアの仕事の事を隠すつもりはなくて、言うタイミングがなくて言いそびれた」。ミサキは言いそびれたと言うけど、本心では後ろめたくて隠したかったんだろう―――。この言葉は正体を明かさずに静かにしている佐藤にはどう聞こえただろう―――。

静聴するファブル・サトウ・アキラ♪

ミサキの言葉を静聴した佐藤―――。佐藤がもしミサキと付き合うことになったら、仕事の事は言わないだろうがバレるリスクは上がってしまう―――。そしてヒナコの時のように弱点となってしまう―――。ミサキにその気はあっても佐藤は断るかな~?
25話「ロマンチック♪」で洋子と「職場のミサキ」のことを話しているときには
佐藤明 佐藤洋子
「職場恋愛ってやつをやってみるか―――」と言ってたけど、ロマンチックとやらを知りたくなるのか~? プロとして”ふつうの暮らしを目指す”なら付き合ってみるんだろうがどうなるか・・・・。デートする佐藤を見てみたいから付き合ってほしいが―――。

ミサキから「悔しいことがあっても涙は流すな」、社長からは「嬉し涙ならアリ」だと言われた佐藤―――。1話でジャッカル富岡を見て笑い涙を流してたけど、嬉し涙を流すことはくるのか―――? くるならどういう状況でくるのか―――? ロマンチックを知って、世の中にはこんな素晴らしいことがあったのか!と嬉し涙を流すならロマンチックだが・・・・。

で、佐藤はミサキを横にさせるためにソファーへと連れて行ったが、ミサキはこのまま寝てしまうのか~? それともいい雰囲気になるのか~? 社長が持ってきたプレゼントのアイマスクが裏目に出たりして・・・・。

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


  1. ヒナ より:

    おみそさんへ、

    最後の、茹でタコとヨウコのゲラゲラ爆笑ですネ〜〜〜(笑)

    ちなみに、おみそさんはアルコールイケる方ですか〜?!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

洋子

【ザ・ファブル】212話「思い出す女・・・・。」守られている女達・・・・。

逃亡を続ける山岡は、砂川に続き水野も始末した。 砂川と水野の遺体処理は、二郎捜しも任されているマツに任された。 佐藤とアザミはそれぞれミサキと社長を守り、ユーカリと洋子はタッグを組んで山岡の襲撃に備え …

帰りをマツさん

【ザ・ファブル】235話「話がある男・・・・。」戻る所がある人達・・・・。

暴走する山岡、二郎捜しの件は片付いた。そしてそれぞれ家路につく・・・・ スポンサードリンク スポンサードリンク

【ザ・ファブル】189話「新入りの男・・・・。」大入り袋の男・・・・。

洋子が山岡のアジトに襲撃を企てる夜――― ユーカリが、ミサキを攫おうと気絶させ車に乗り込ませた。 その時、佐藤が駆けつけ「何してる?」と、ユーカリに声をかけた。 スポンサードリンク スポンサードリンク

【ザ・ファブル】191話「怪演の男・・・・。」感動巨編開演の男・・・・。

山岡達にミサキが攫われそうになった時、佐藤が駆けつけた。 が、佐藤は殴られ、名前を偽り山岡のアジトに潜入した。 洋子は両親の仇を討つために山岡のアジトに乗り込んだ。 アジトである倉庫の前でマツが止めに …

【ザ・ファブル】183話「忍び込む女・・・・。」忍び寄る岐路・・・・。

山岡が暗躍する太平市。 砂川は山岡のちからを借り、対立する水野を手なづけて真黒組の若頭に就任。 身の危険を感じたマツは洋子に銃を用意するから兄妹で山岡を消してくれと頼む。 明の協力は得ないと決めた洋子 …