みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】163話「日本の男・・・・。」二本の信条、一つのゴール・・・・。

投稿日:2018年4月2日

砂川のクーデター計画で組長が急死。
佐藤は町で怪しい人物を見かけ、洋子はファブルの人間を見かけ警戒している。

スポンサードリンク

あらすじ

オクトパス

オクトパスでイラストを描いている佐藤だったが、描かれた人物には笑顔がない。

社長「なぁ――― 佐藤―――・・・ おまえそれ―――バレンタインの絵なワケやろ? 笑顔が足らんのやないか?」

佐藤「あ・・・・」

社長「佐藤ォ――― ちょっと配達、先にたのむ――― ついでに外の空気にふれてこい―――」

佐藤「わかりました」

外に出た佐藤に海老原から電話がかかってくる。

山岡の隠れ家

マツから真黒組の幹部4人のデータを受け取る山岡。

壁に貼ってある感動巨編のキャストの写真を見て質問するマツ「これはなんですか? 俺の写真も・・・・」

山岡「マツ――― おまえの気にする事じゃね――― 目に焼きつけて、それぞれの動きを監視してるだけだ・・・・」

洋子の写真と「佐藤明」と書かれた紙を見るマツ。

マツ「俺に―――ゴールをくれないですか? 遠くはなれた娘の安否を盾に・・・今日まで―――アンタの言う通り働いてきた―――。武器を売って情報を流し・・・・売人としてやってきた―――! ここまでやれば引いていい―――というゴールがほしい―――・・・・ でないと精神がもたない―――・・・・」

山岡「そうか――― なるほど~ 確かにそうかもな。よし―――考えておこう! 二郎も今回で引退だって言うし―――・・・ 歳と共に皆そう考えるんだな~・・・・ おかげで俺はますます退屈になった―――!」

山岡「砂川にちょっとした倉庫を用意させてくれ―――― 中国に派遣してる俺の部下が―――来週帰ってくる―――。アジトが必要になる」

マツ「わかりました」

夜の立体駐車場

レクサスに乗った佐藤が帽子を被って隠れていた海老原を拾う。

助手席に乗った海老原「悪いな呼び出して――― 組長が急死して今いろいろとゴタついてる――― 誰と会うにも気を遣わんとな。特におまえは―――」

車を走らせる佐藤。

海老原「とにかく今回の組長の死はなんか納得してない―――。俺はその日の夜まで一緒に肉食ってたからな~ 体調が悪そうにも見えんかったし―――・・・・」

佐藤「解剖は済んだのか? 医者の見立ては?」

海老原「カビ毒のアフラなんとかが検出されたらしい――― それで急性肝硬変を引き起こしたっていうが―――・・・ でもふつう段階がある――― 黄疸が出て急性腹水症―――医者じゃないから性格には言えんが・・・・ とにかくいろいろと引っかかって気に入らん――― カンがいいおまえは何かおかしいと思わんかぁ・・・?」

次の若頭候補を聞く佐藤。

海老原「幹部が何人かいるが・・・実力でいくと砂川やろな~ もし何か裏があるとするなら―――・・・ アイツか・・・」

佐藤「スアン側はウチの組織を調べてたろ――― 今つながりを持ちたがってるとしたら―――若頭になればファブルと取引ができると―――・・・・ あの男ならそう考えて―――何か行動してもおかしくないかな・・・と―――」

海老原「何かしら毒を盛ったって事か~・・・でもどうやって?」

佐藤「砂川だって裏の男だ。プロを雇う可能性もある――― こっちにウチの組織の者が出てきてる。だからって―――観光じゃないやろ」

海老原「マジかそれ!? 真黒には何も連絡ないぞ!」

佐藤「ヨウコが見たらしいから間違いない――― 俺は俺で―――別に怪しい男を一度見た―――」

海老原「じゃあ・・・組長は殺されたって事か・・・・」

佐藤「俺のカンじゃ おそらく―――」

感想

見栄を張りたくて周りが羨む物を手に入れたい男―――。
持ち物は特別な物でなくともいい男―――。
それぞれに芯がある二本の生き様―――。

殺し屋一本槍で生きてきた佐藤・・・・。

佐藤のイラストから笑顔が無くなった・・・・。
佐藤
前に佐藤のイラストから笑顔が消えた時は、オクトパスで貝沼が殺人未遂を犯したときだった・・・・。あの時はヒナコの事と貝沼の殺気を察知していた事で警戒してイラストから笑顔が消えたんだろうが、今回は組長の急死、ファブルの者が―――しかもボスと対等に話せる男が彷徨いている事が気になるか―――。感情を出さない佐藤だが、中身は以外と影響されやすいのか―――? それともこの休暇中で段々とふつうになっていっているんだろうか―――? 殺し屋として育てられてその一本の生き方しか知らない佐藤は、それを無くしたらふつうに生きていけるんだろうか―――? 周りが良い人に恵まれていることもあって、今のところはふつうに生きていけそうだが・・・・。

その良い人の内の1人、田高田社長は佐藤の心情の変化を察知して気分転換で外回りをさせる―――。田高田社長は社長のプロか―――。上司として対応―――。

これはバレンタインデーのイラストだから作中はまだ2月に入っていないぐらいか~? 4月1日の佐藤の誕生日(偽りだけど)はまだなのか―――。その時には社長とミサキでお祝いするんだろうか~? 新たに人を募集すると言っていたが、その時には居るんだろうか~? 山岡の感動巨編でオクトパスは無事に済めばいいが、キャストの中に入れられているし・・・・。無事にゴールできればいいが・・・・。

一本の釘を差されているマツ・・・・。

マツが殺し屋時代に山岡と出会って片目を潰された後、山岡に「これからの事を打ち合わせをしよう」と言っていた―――。
山岡 マツ
マツは山岡のために物騒なイザコザが起こりやすいように武器や情報を売ったりしてしていたのか―――? 山岡がこの時にマツの娘の話も出していたとしたら―――マツを使える駒とするためにわざわざ近づいたのか―――?

マツの生き方の芯は娘なんだろう―――。だから自分が犠牲になっても娘を守るために売人としてやってきた―――。でもそろそろゴールがほしい・・・・。山岡は、組長暗殺の責任をマツに押し付けると言っていたし、マツ自身が「精神がもたない」と弱みを見せてしまっては・・・・マツは捨て駒として使われてしまうだろう・・・・。ゴールは恐らく・・・・。

マツが、壁に貼ってある感動巨編のキャストの写真を見た―――。
マツ
佐藤明の文字と洋子の姿も見てしまったが、マツはどう見るか―――。佐藤兄妹は「組長の親戚」という設定で真黒住宅に住んでいるから、感動巨編の中に入っていても組の関係者だしおかしくはないかもしれない――――。が、その下にある写真は田高田社長とミサキ―――。佐藤兄妹しか関わっていない(ミサキは芸能界に入ったときには真黒組と関わったが)人物の写真が貼ってある―――。これをみると「佐藤兄妹が重要人物なんではないか?」と気づく可能性もある―――。マツは小島の処理で佐藤が住んでいる真黒住宅に行ったことがあるが、その時は佐藤と顔を合わせなかった―――。でも現在真黒住宅に住んでいる人物の情報を仕入れている可能性もあるが・・・・。

ボスが指一本触れさせないために・・・・。

山岡の部下が帰ってくるのか―――。このゴタゴタ後に暴れるのに使うためなのか、それとも感動巨編に使うためなのか、分からなかったが―――砂川が一週間あれば若頭になれると言ったから、来週来る山岡の部下は砂川に使ってもらうための駒か―――。そして中国へ派遣していたということは佐藤タイプのハデに殺るタイプのファブル―――山岡の部下ということは有能な奴だろう―――。ボス直系の佐藤と山岡直系の帰ってくる部下―――。山岡には、育てた部下候補をボスに不採用として3人も消されたことがあるから、佐藤との力量の違いを見てみたいというのもあるんだろうか―――? 読者としては好奇心が刺激されるが―――。

真黒一本で生きてきた海老原・・・・。

海老原は自分の生き方には芯がないみたいな感じに言っていたが―――
海老原
自分で理解してその生き方をしているなら、それはそれで芯が通っていると言える―――。プレイボーイの河合なんかも女を追いかけるという芯が通っていると言えるし―――。それに海老原は前科が付くほど真黒組のために一本芯を通して生きてきたと言える―――。

そんな海老原がリスクをかけて佐藤と会う―――それぐらい海老原も組長の急死を怪しんでいたんだろう―――。そして次期若頭候補の砂川と話し合わなかったのは、砂川が怪しいと思っていたんではないか―――?
二郎の手口は証拠が残らないとはいえ、ヤクザの組長を急死させるんだからさすがに怪しまれずにゴールする事は厳しい・・・・。佐藤には相談だけで砂川を探るのは海老原自身がやるのか―――? 組長になるんだからファブルのボスと連絡取り合うんだろうか―――? 佐藤兄妹の手合わせを見たり、ボクシングを始めたりしたクロも、海老原の直系の舎弟でもあるし大きな出番がありそう―――。

一本一本大切に・・・・。

砂川は証拠を残さない方法を頼んだが、やはり繋がってしまう―――。ファブルを探っていて、次の若頭候補だし、いくらやっても悪意は隠せない―――。海老原だけでなく砂川も周りが羨む物を手に入れたい性格のようだ―――。逆にいらない者は部下だろうと切り捨てていく・・・・。海老原との違いはそこだろう―――。周りを切り捨てていったら、自分の髪からは切り捨ててしまってハゲてきた砂川・・・・。

裏の業界なら周りが羨むファブルと繋がりを持ちたがっている砂川―――。何も特別な物を持たなくてもいい、自分の好奇心が満たせれば良い山岡―――。2人が組んだが、ゴールはひとつしかない―――。恐らく砂川は山岡からも切り捨てられるだろう・・・・。

まずは次の若頭をどうするか―――。砂川に疑いを持つ海老原は砂川を若頭に選ばないだろう―――。しかし砂川は幹部連中には根回ししていると言っていた―――。海老原が反対しても他の幹部連中が砂川を押せば反対できるだろうか―――? 実力的にも砂川が適任とされている―――。拒否するならそれ相当の理由、証拠が必要だろう―――。海老原はそういう政治的なことは苦手そうだが・・・・。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


  1. かぎしっぽ より:

    若頭の「ミスター・日本人」という言い方はグサッと刺さりました。
    表現が的確すぎて。σ(^_^;)

    ところで、ファブルの編集はプロとして仕事してないですねー。
    ミサキのセリフ「煮詰まってるの?」は、正しくは「行き詰まってるの?」ですね。
    まぁ、ミサキは若い女の子で誤った日本語を使ってる設定と言えなくもないですが、
    それであるなら、社長に「ミサキ、それちゃうぞ」的に突っ込ませるべきかなと。
    でないと、編集者としての力量を疑れますよ。

  2. ・・・ より:

    いつもありがたく拝読しています。嫌われても助言するタイプなのですが、的外れかもしれませんが、以前くらいのコメント量のほうが、読みやすいかもしれません。いや、あれより少し多いくらいかな。書くのも大変でしょうし、俳句や川柳ではないですが、短い方がピリッとしていて、良いかもしれません。読者の声の一つとして、ご参考までに……。

    • おみそ より:

      アドバイスありがとうございます。

      実は記事を投稿する時に、思ったことを書いていっただけで引き算もせずに足し算ばっかりしすぎた。と自分でも思う時があります。
      これからは引き算もしてみようと思います。

  3. より:

    ちゃんと罫線(けいせん)使えよ低脳────────

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル】98話「アニイモウト・・・・。」兄と偽っているプロ同士が出会ったんです―――

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 宇津帆のターゲットになっている貝沼。貝沼は佐藤にうまくいかない不満をぶつけようとしていた―――。 …

ファブル 山岡

【ザ・ファブル】141話「好奇心の男・・・・。」好奇心の男から貰った好機を活かせなかった男・・・・。

殺し屋組織”ファブル”に在籍している”殺しの天才”の佐藤明が1年休業。 大阪で一般人として生活をしていた。 一方、埼玉の某所で・・・・ スポンサードリン …

オクトパス

【ザ・ファブル】154話「少女の記憶・・・・。」本命を隠す人達・・・・。

年が明けた太平市。 正月も終わり、佐藤は引っ越したオクトパスでバイトする毎日。 地位を上げてファブルを使う側にまわりたい砂川。 砂川に雇われた二郎はターゲットを決め、準備を進める。 スポンサードリンク …

武器商人

【ザ・ファブル】156話「トラウマの男・・・・。」人は殺せても感情は殺せない人達・・・・。

新年の太平市。 洋子は街で小さい頃に会った組織の人間の山岡を見かけた。 武器商人は山岡となるべく出会わないようにしていた。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-nu …

【ザ・ファブル】82話「勃つ男」熊と洋子の襲撃にそなえてプロとして対処する準備―――

山篭りをする佐藤とクロ。 熊の襲撃にそなえてプロとして準備―――   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-c …