みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】178話「リテイクの男・・・・。」リテイクできる男、できない男・・・・。

投稿日:

砂川を若頭にさせるために動く山岡は、太平市にアジトを構えた。
地下格闘技の男を呼んでオモチャとして遊んでいると、そこへ洋子が「山岡と話がある」と現れた。

スポンサードリンク

あらすじ

山岡のアジト

山岡「俺と二人で話を―――?」

洋子「え~」

「じゃあ――― やっぱりもう コイツがジャマだな」顔を見られているので地下格闘技の男を消そうとするユーカリ。

洋子「そうゆうの やめてくれる~ 気分悪いのよ―――」

それでも撃とうとするユーカリに洋子「じゃあアタシを撃てば―――」

ユーカリ「あ~そ~ ボスの顔もあるからな―――」

ユーカリは銃をビリヤード台の上に置いて滑らす。その銃はアザミが掴んだ。

ユーカリ「おまえは俺達からすれば妹みてえなもんだろ~ 兄のゆう事が聞けないなら少しお仕置きしてやる―――!」

洋子「誰が兄だって―――!? ウソでも兄は一人だけ―――」

その隙きに地下格闘技の男は逃げようとするが、アザミが威嚇射撃をして止める「おまえは動くな―――」

ユーカリと洋子は向き合って構えだす。
ユーカリ 洋子
二人の間にビリヤードのキューを投げ入れる山岡「ユーカリ――― 勝手にシナリオ進めてんじゃねーよ!」

山岡に睨まれて洋子から離れるユーカリ。

山岡「ま―――落ちつけよ――― 佐藤ヨウコ―――見ての通り この状況だ――― 明日の―――この時間にしよう。俺のほうから おまえの家に出向く――― よかったら兄も呼んどけ――― 話をしようじゃないか―――」

納得した洋子「いいわ 明日ね―――」

洋子はそのまま出ていく。

山奥

マツは。洋子に気絶させられたもう一人の地下格闘技の男を乗せて、人気のない山奥まで車を動かしていた。

男を起こすマツ「いつまで寝てる―――」

男「どこや ここッ!! 連れは!?」

マツ「さあな・・・ たぶん死んでる―――」

男「はぁ!? おい―――オッサン!!」

タバコを吹かすマツ「俺にも娘がいてね。4月から大学生になるが、何もしてやれなくてね・・・ おまえらみたいなのが少しでも減ればと思ってね――― 選ばせてもらった―――」

マツの胸元を掴む男「選んでくれてありがとな―――」

マツ「自分は強い――― 自身を持つのはいいが――― 過信して理不尽に暴力をふるまうと いずれ思い知る事になる――― 俺がそうだった―――」

男は胸元を掴んでいないほうの手で殴ろうとする「そらぁ よかったの~」

マツはパンチを捌き、右の手刀を首へ、次に左で虎爪で目潰しをする。
マツ
男は反撃を受けてマツの胸元から手を離し、自分の目を覆う。

マツは懐から銃を出してすばやく男の顎の下に銃口を付ける。

マツ「誰も捜しちゃくれない・・・・ 残念だな―――」

男の顎から脳天へ弾が抜ける。

山岡のアジト

電話している山岡「もしもし―――マツか~ そうか――― そりゃ仕方ねえな」

山岡「まあいい――― こっちのオモチャは生かしてる――― おかげでシナリオのやり直しだわ~ やっぱりヒロインは、いるだろ―――」

そう言った山岡はミサキの写真を掴んだ。
ミサキ

感想

リテイクが嫌いな男・・・・。

山岡こわ―――
マジ山岡
山岡にとって一番大事なのは感動巨編のシナリオか―――。恐怖心がなくてそれを埋めるために好奇心を刺激するための感動巨編―――自分が死んでもいいほどに力を入れてるからな―――。
山岡
そのシナリオを壊されそうになると怒るのは当然―――。シナリオの順番を狂わせた洋子に対しても舌打ちして苛ついていた―――。洋子に対して怒りがあるだろうが・・・明日の話でどういう対応をする―――? イレギュラーを楽しむのか―――? 勝手に「映画を観るように人の生き死にを観る」んだからシナリオどおりには進まずにアドリブが付き物だと理解はしているだろうけど―――。山岡にとっては佐藤明の顔を見るチャンスだから結果的に嬉しいアクシデントか―――?

リマッチはいつ・・・・?

洋子に「アタシを撃てば」と言われてユーカリが撃たなかったのは洋子の実力を見たかったからだろう―――。そしてユーカリが構えて、洋子も構えたけど―――
ユーカリ 洋子
洋子は勝つ気だったのか―――? 勝算はあったんだろうか―――? メタ的なことを言うと、ここで洋子がユーカリ相手にそこそこ健闘したら、洋子に圧勝した佐藤はユーカリ相手に楽勝することが読者にバレてしまう―――。ユーカリが勝つようなら、洋子の知りたいことが山岡から聞けずに終わってしまうかもしれない―――。ユーカリとアザミの強さの答え合わせはまだ先か―――。

洋子とユーカリの対決見たかったけど、洋子が確かめたいことも知りたい―――! 明日、洋子の家で分かる―――漫画的には次回だろう―――! 山岡が太平市に来ていることはボスや真黒組から聞いていないから暴走気味なのは洋子は察しているだろう―――。洋子にはボスがバックにいるとはいえ、その山岡がいるアジトに単身乗り込んだ―――。自分の命が危険になっても聞きたい―――そこまで大事なこととは何だ―――?

テイクオフしたい男・・・・。

地下格闘技をやっている男に対して、首を攻撃して―――
マツ
目潰し―――! さすが元殺し屋―――! 強いな―――。動きも格闘技じゃなくて実戦のやり方―――。

今日、このアジトに連れてくる前にコイツラに「生きてて今何が一番楽しい?」とマツが聞いた―――。返ってきた言葉は女遊び・・・・。マツがコイツラを選んだ理由は―――裏稼業の人間だけど娘を持つ父親として対応―――。そんな娘思いだと知っているから山岡はマツに対して娘を人質として対応―――したんだろう―――。山岡はキャラの性格を見抜いてシナリオを作るのが上手い―――。好奇心旺盛で、殺し屋ということで人の本性を見る機会も多いから自然と身についていったんだろう―――。

テイク ケア オブ ミサキ・・・・?

そんな山岡が感動巨編のヒロインに選んだのは―――
ミサキ
ミサキに決定か・・・・。何も悪くない社長がまた巻き込まれてしまうのか・・・・? 主役は誰にするんだ―――? ヒロインのミサキと繋がりがあるということで、洋子が主役かぁ―――? 佐藤がラスボスということは、佐藤に洋子をぶつけるのか~? 誰が主役なのか分からなくなってきた・・・・。 ラスボスの佐藤が、主役に勝ってもその後にユーカリやアザミが消す予定なんだろうが・・・・。佐藤は自分に火の粉が飛んできたらその時考えると言っていたが、ミサキが狙われると知ったら自分から動くのか―――?

リテイクしたい人達・・・・。

過信して暴れていたマツは山岡に鼻を折られて、武器商人として人生をリメイクした―――。が、マツは本当は父親としてやり直したい取り戻したい、リテイクしたいと頑張っているが、人として一線を超えているし裏稼業にどっぷり浸かってしまっているのでもう無理だろう・・・・。アイドルを辞めたがバイトで借金を返して人生をリテイクしたいミサキはまた裏世界のいざこざに巻き込まれそう―――。ケンカ無敗だったが佐藤と出会って上がいることを知り、ボクシングを習ってヤクザの道に入った時の思い「太く短く生きる」をリテイクしたがっているクロは、感動巨編に巻き込まれた時に無謀にもファブルに向かっていってしまうんだろうか―――? 砂川を若頭にして昔のように暴れるようになって、ファブルをリメイクしたい山岡の願いは叶うのか―――? 洋子が聞きたいことは、山岡と出会った幼少の頃の何かをリテイクをするためのことなのか―――?

佐藤は人生で何かリテイクしたい事はあるんだろうか―――? 無さそうだな・・・・。今回の山岡の起こす騒動で佐藤にとってリテイクしたい後悔することが出来たりして・・・・。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【ザ・ファブル】85話「テキーラの男・・・・。」やはりこの結果か―――

山篭り中に熊を撃退した佐藤。 一方バー・バッファローでは洋子と河合の男と女の対決が―――   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ da …

【ザ・ファブル】6巻 小島編クライマックス

  スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-content-columns-num=”1,2″ スポンサードリン …

【ザ・ファブル】131話「立つ女・・・・。」悪事を絶ってその場を発つプロ達・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 ヒナコが地雷を踏んだせいで宇津帆達の建てた計画は狂ってしまい、佐藤に簡単に跳ね返されてしまった。 …

【ザ・ファブル】112話「教わる男・・・・。」鈴木が洋子を襲おうとしたが逆に教わった―――。が、遅かった―――

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 佐藤がファブルだと怪しんだ鈴木は洋子の家に―――。しかし鈴木は洋子に銃を取られてしまった―――。 …

【ザ・ファブル】126話「クラクション・・・・。」ようやく立てたのに歩くことを警告された女・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 洋子をわざと尾行させ、牧ノ川傍の林道で捕らえることに成功した鈴木。 洋子を木に縛り、佐藤が来る前に …