みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】200話「沈む男・・・・。」思い浮かぶターゲット・・・・。

投稿日:

アザミはボスから「山岡を捕らえろ」という命令を受けた事を明かし、佐藤と一緒に山岡を追い詰める。
車で逃げる山岡は港から海へとダイブ。しかし車が宙に浮いている間に銃を佐藤とアザミに向けた!

スポンサードリンク

あらすじ

宙に浮いた山岡の車。

車内から銃を向けている山岡「ばぁーん」

山岡は銃を撃たずにそのまま海に沈んでいった。

佐藤とアザミは車から降りて、沈んでいく山岡の車を確認する。

アザミ「気をつけろ! 山岡の銃はもう一発 弾が残っているはずだ」

銃を抜く佐藤「見張りを―――」

周りに人が寄ってこないか、見張るアザミ「そのオモチャは何発 残ってるんだ―――?」

山岡が沈んだ海に銃を剥ける佐藤「3発―――」

車から出ていた気泡も無くなり、車が沈んだ時に起こった波も収まってきた。

アザミ「車だ―――!」

港に入ってくる車のヘッドライトが光る。

佐藤「行こう」

アザミ「マズイな―――」

佐藤「あ―――」

山岡がアジトとして使っていた倉庫

佐藤とアザミが帰ってくる。

佐藤「山岡を動けなくして拘束したかったが・・・・逃げられた―――」

アザミ「車ごと海にダイブだ―――」

ユーカリ「アザミ――― これはボスの命令なのか―――?」

アザミ「そうだ――― だからおまえだけ先に帰国させた――― 今から事情を話す―――!」

佐藤はミサキと話すためにプレハブに入る。

スズムシは心身ともに疲労して寝ていた。

アザミ「佐藤とも車の道中で話し合った――― 山岡が今 暴走してる――― 真黒組の組長の暗殺にも関わっているようだし、さらに波乱を起こす気だ―――」

ユーカリ「えっ? ただの肝硬変じゃなかったのか・・・・」山岡から見せられた毒・D1のレシピを思い出すユーカリ。

アザミ「ユーカリ――― みんな 自分の情報を出せ――― 山岡の性格はよく知ってる――― 元は”殺し屋の殺し屋”だった男だ――― 俺とユーカリを含め・・・・ この全員がターゲットになっているはずだ―――」

山岡が壁に張っていた”死のリスト”の写真、海老原・クロ・田高田社長・ミサキ・砂川・水野・マツ・佐藤兄妹の写真をテーブルの上に出す。
死のリスト
アザミ「怒りは恐怖の裏返しらしいが 奴には恐怖がない――― 楽しみながら俺達を狙ってくる――――」

その頃、海から港の岸壁を掴む手が見えた。

感想

まだ続くかぁ~。でも良かったぁ~。山岡がアレで終わってしまっては味気ないもんなぁ~。

沈むのが目的だった男・・・・。

残った一発を撃たなかったのは、まだ逃げるつもりだったか―――。

佐藤達は飛び込んで探すにしても、車が目立つ―――。誰かが来て、夜中の海、さらに今は真冬で―――アザミは半袖だけど―――海に入ってなんかいたら問い詰められる―――。どちらか一人が車を移動させようにも、その間にこの暗い海の中で一人で探すのは難しい―――。恐らく山岡は車の天井のところに溜まった空気で呼吸しているんだろうが、残った一発があるから近づきづらい―――。二郎が太平市での逃亡ルートの入ったデータを山岡に渡していたが―――
山岡 二郎 逃亡ルート
こんな逃亡ルートは入っていなかっただろう―――。こんなムチャな逃走経路を思いつくのは恐怖心が無い山岡らしい―――。知恵と工夫プラス無謀で対応―――。

沈んだままなのか
浮上するのかの人達・・・・。

疲労で寝てしまったスズムシ―――。これが夢だったらいいなと思っているんだろうが―――これは現実―――。起きた時に変わっているのか―――変わっていないのか―――。

アザミに戻ってくるなと言われても戻ってきたマツ―――。「俺にだって娘がいる―――。これ以上 負い目を背負いたくない―――」。解放された後、洋子を探している姿は父親そのものだったもんな―――。殺し屋だったが、最後には人の心を取り戻した―――。この善行が報われるか―――?

組長が暗殺されたと聞いたユーカリ―――。組長の死因が肝硬変と聞いていて、そして山岡から毒のレシピを見せられた時に気付かなかったか―――・・・・。この感の悪さ―――そしてダーツやビリヤードをやっても堪え性が無い、集中力が無い―――こういうところで佐藤やアザミよりは下だという表現だろうな―――。

気が沈む人達・・・・。

山岡が海から上がってきた―――。
アザミ「怒りは恐怖の裏返し」
これはマズイな―――。山岡は怒りは感じるだろうが、むしろ暴れられることになってこの状況を楽しんでいるだろう―――。佐藤はオモチャの銃を持っているが―――山岡にとっては人の死がオモチャ―――。オモチャで遊べるようになって、気分は沈まずに逆にノリノリでやってくるだろう―――。

反対に気分が沈んでいる人達は、ターゲットに―――

死のリスト
ミサキちゃんもターゲットになってしまう―――。佐藤の顔もバレた―――。ファブルの連中は自分で身を守ればいいし―――ヤクザ連中も事情を話せば警戒して、多少はヤりにくくはなるだろう―――。田高田社長とミサキはどうするか―――。佐藤兄妹で守るのか―――? 佐藤とミサキは付き合っているという事にしてガードする―――? 洋子は飲みに誘って田高田社長をガードする―――? でも山岡がいつやってくるか分からない状況―――。ミサキはともかく、事情を知らない田高田社長はどうするんだ―――? 山岡が言うように―――
山岡 ボス
佐藤達はボディガードやセキュリティではない―――。佐藤が山岡より強かったとしても難しいな―――。

アザミが言うように、山岡は怒って恨んでやり返しにはこないだろう―――。一人一人消していくんでは無く、ドラマティックにすることに徹するだろう――――。
当初の目的だった、海老原を消して砂川を組長にしても単純に面白くない―――。それに組織に追われる身になったので、砂川と組んで中国進出の話は無くなった―――。ここは砂川に反抗心を持っている水野をけしかけて、揉めさせたほうが面白そう―――。水野に「俺はもう砂川側にはつかない。その証拠に組長殺しの犯人はマツだと教えてやる」と言えば、水野は直接砂川のところに行くか、海老原に報告するかして、真黒組に内部抗争が始まりそうで面白い―――。
佐藤はラスボスとして最後にとっておきそうだな―――。そうするにはミサキや田高田社長は消さずに、佐藤が警備しなければいけないような状況に追い込めばいい―――。そうすれば佐藤は動けない―――。というか田高田社長は人はいいのに不運にあってばかりだからもう止めてやってくれ~。山岡編の田高田社長は、佐藤とミサキが擬似カップルになってくっついているところを嬉しそうに見るだけの、知らぬが仏で終わって欲しい―――。
そして山岡がまず最初に消すターゲットとして思い浮かぶのは―――スズムシあたりになりそう―――。組織の者を見たし、キャラ的にクロのようにはならないだろうし―――漫画のキャラとして役目は終えたと思うし消されそう―――。ユーカリも消されてもおかしくない感じはするなぁ~。山岡がユーカリを消せば、山岡の強さが際立つ―――。
太平市の人達には悪いが―――面白くなってきた―――!

山岡に対抗するために、アザミが「情報を出せ―――」と言ったが―――マツが全て喋るかどうか―――。
マツ ユーカリ
これ以上負い目を背負いたくないと言った直後なのに組長暗殺の事を黙ってるが――――。組長暗殺に関わっていると海老原にバレたら、引退して娘のところにいけなくなってしまうかも―――。海老原が許すとは思えない―――小島に銃を売った事もあったし―――。砂川が命令した事だとして見逃してもらえるか―――? 裏社会に沈んだ者はもう表社会には浮かんでこれないのか―――? それは佐藤も同じなのか―――? 寓話『金の斧』では泉に沈めたモノを正直に話せば良いことが起き、欲を出せば斧が返ってこなかった―――。寓話だった山岡を沈めた時―――マツは正直に話せば助かるんだろうか―――? 佐藤はミサキに正直に話せば、結果良くなるんだろうか―――? 沈んだ山岡がどんなものを持って返ってくるのか―――楽しみながら待とう―――。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


  1. ファブルネタバレ好き より:

    やっとここまで来たというのに、またハラハラさせられるのかいっ

    映画公開に向けて、話を延ばす作戦かな───

    ボスッ
    アキラに山岡始末の許可を!

  2. 札束 より:

    「この全員がターゲットになっているはずだ」

    逃亡してまた攻めてくるんかい?強引な展開にコメ常連が引いてるんでないかい?

    ユーカリが最初に登場して化学的知識や抜群の記憶力を見せびらかして、切れ者だけどお調子者+カンの良い奴だったはずが、組長暗殺を察知していないなんて馬鹿過ぎる。。。

    ユーカリのせいじゃない、作者のミスだなこりゃ。

  3. ほん より:

    大団円じゃないんかーい。
    組織を追われた山岡は誰かを引き連れて(二郎?またはその他外注?)戻って来るのか? こわ〜。
    そして兄さんは大切な人を守るスキルを向上させていく?

  4. つだばん より:

    まぁまぁー 札さん
    この作品を思うが故の 叱咤激励でしょう───
    合コンメンバーに お笑い担当的な奴いないと成立しないみたいな ユーカリですね(笑)
    ほんと、この作品 一人一人
    捨てキャラ ほぼ居ないですよね、、、
    スバラシ!
    山岡 さん、さすが の逃げ切りで
    ストーリー的には 暗雲起ち込め モヤモヤしてきましたけど……
    これ 結末にむけて
    めっさ 助走してる感じ───と
    モヤモヤ感を楽しみます───
    確実に消されるのは
    スズムシ
    ユーカリ
    水野
    マツ
    それから アザミ───

    明と、アザミから
    逃げ切った 山岡ハン やはり
    只者ではない────

    それから 山岡の 第三の部下の存在も出てくるのでは───!?

    って
    自分勝手な 妄想 後免ください(笑)

  5. 匿名 より:

    最後はボスが出てきたりしてねー

    佐藤が山岡を撃とうとしたところに登場して
    お前は撃つな!とボスが仕留める。。みたいな

  6. ひゅう より:

    佐藤がミサキちゃんにどんな説明をするのか、果たしてそれが受け入れられるのかが気になります。。。

  7. カズ より:

    以下、個人勝手な予測です。すみません。

    港にきた車に乗っていたのがボス。海から上がってきたところをズドンで終わらないかなーー。正月すぎてもうすぐ約束の一年がすぎるから、ここらできりよく隠れ生活が終わるかも。ミサキに知られたことだし、これをきっかけにーー

  8. 匿名匿 より:

    もうすぐ一年でしたかね……
    佐藤兄妹が 初めて 真黒事務所に
    訪れた時の 明の衣装… 半袖ボーダー
    水玉半ズボンだったような…
    季節は 夏…?
    うーーん
    時間軸 あと半年は
    楽しませてもらいたいですね(笑)

  9. 札束 より:

    薊により、全員標的だと危機的状況が確言されたので、当分の間は、危機が去るまで岬と明は離れるわけにはいかないことが、確定されたといえよう。1年滞在予定はあと5ヶ月くらいある計算となる。

    ま、その中で色々あって映画でもよくあるようなパターンに落ち着くんやろね。 去るのか留まるのか?それが問題だ。

    答えは暗殺された組長の最後の夢の言葉の中にあるのであろう

  10. d より:

    アキラはミサキに普通に殺し屋と言うのか。。山岡が問題起こしそうだからこっちに潜りこんできたみたいに濁すかな。殺し屋とは言わないような気がします。

  11. ファブルネタバレ好き より:

    ミサキちゃんに見られた瞬間から
    私の展開予想は何一つ当たらなくなった。
    あーあ ミサキちゃんを気絶させていれば、今頃とっくに痴漢退治の大団円だったはずなのに───

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ファブル 手合わせ

【ザ・ファブル】147話「兄vs.妹、其の二・・・・。」6秒にかける兄妹・・・・。

年末の太平市―――。 クーデターを画策する砂川がとうとう動き出す―――。 佐藤の「洋子より100倍強い」の言葉に引っかかっていた洋子。 佐藤は本当に洋子より100倍強いのか?手合わせをするため屋上へ― …

no image

【ザ・ファブル】91話「スズキヒロシ・・・・。」洋子が釘刺したけど、ケンカやトラブルが起こりそうや―――

太平興信所の宇津帆がヤバイ動きをみせてるんです―――。   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-conten …

佐藤 アザミ

【ザ・ファブル】196話「空気の男・・・・。」空気を一変させた男・・・・。

山岡のアジトで、佐藤兄妹、ミサキ、マツと役者が揃った。 佐藤は正体を明かし、ユーカリと素手の対決になる。 佐藤はユーカリを倒したが・・・・ スポンサードリンク data-matched-content …

【ザ・ファブル】209話「聴診器の男・・・・。」息を弾ませる者、息を潜める者・・・・。

山岡から田高田社長を守るために、アザミはオクトパスに住み込みで働くことに。 マツ、スズムシ、クロは組長暗殺の実行犯である二郎を捜す。 山岡は砂川を消し、それを知った水野は山岡に銃を向けたが、逆に銃をこ …

【ザ・ファブル】117話「悪党たちのABC・・・・。」宇津帆が土台案からABC案用意しても土台無理―――

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 オクトパスでミサキを刃物で襲った貝沼は、佐藤に防がれて逃亡(防ぐ様子を社長は目撃、ミサキは自分が狙 …