みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

喧嘩稼業

考察【喧嘩稼業】櫻井裕章の敗因は? 櫻井「負ける事でしか得られないものがあるんだよ 濃くはっきりした戦いを記憶するには敗北が必要なんだよ」 田島「常に玉が2個あると思っているからだ お前○ぬな」

投稿日:2017年1月11日

陰陽トーナメント
1回戦第3試合
入江文学 対 櫻井裕章

勝敗は入江文学の勝利だった。櫻井は最後の最後まで1回も間違えなかった。技も――― 読みも―――文学より一枚上だった。その櫻井がなぜ負けた?
ネタバレしたくない人は見ないでって言っても記事のタイトルで分かるか…
まだ読んでいなくて知りたくない結果を知ってしまった人は、棒を持ってライオンと戦って健忘症になって下さい。

スポンサードリンク

ほら… 櫻井裕章とか忘れそうじゃないですか… 本当に困ったもんですなぁー 忘れるのだけは勘弁して下さいよ 櫻井のシラットを

まずは櫻井の戦い方。記憶が無い櫻井は”後の先”で戦う。
“後の先”、選択肢の中から素早く最善手を見つける事ができる能力。その最善手を出せるように多くの技を知っている必要があるが、櫻井は数多くのシラットの技を持っている。

ヨシフ

百田のくせに何わけのわかんねー事言ってんだよ
キモイんだよ
俺ら試合観戦で汗かいたからダッシュでポカリ買ってこい


ヨシフ「櫻井は攻撃の仕方を思い出せないだけだ。条件反射、センスだけで戦っている」
櫻井は健忘症だから経験を活かして自分から動くことができない。攻撃を仕掛けられて条件反射で出てくる技の中から最善手を出す。

櫻井は自分から攻める技”龍の構え”からの攻撃を持ってはいる。が、これも構えて相手に近寄っていき、相手の動きを見て上げた右を手刀としておとすか、それ以外の行動をとるかという受動的な動き。

櫻井は文学にイヤーカップをヤラれたが、その後チェーンパンチからの猿臂で文学をダウンさせた。この後、櫻井は追い打ちをかけず、鼓膜が破れたことによって自分の平衡感覚が狂っていないかをチェックをしていた。

櫻井裕章

見ろよ櫻井裕章、今こんな状態でチャンスだぞ
久しぶりにお前のジャーマン見せてくれよ


これは櫻井が慎重に行動したほうが勝てる確率が高いと判断している事を表している。
健忘症の櫻井は、相手から仕掛けられて条件反射から出た技の中から最善を考える。そしてベターな選択をとる戦い方をする。

「その日の気分でどちらに入れてみても良い!!」
櫻井「俺のやっているベターな戦い方とは違う!」

文学「もう面倒くせーから さっさとお前の最善手を教えろよ!!!」
櫻井「…最善手 …思い出せない」
文学「でしょうね!!!」

櫻井が文学との試合でとった最善手は?

竜虎で対峙した時、手刀をガードされた後、咬もガードされても振り切って左鉤突きを防ぐという選択。

櫻井裕章

トドメをささずに
観客にアピールなんて
天狗ですわ、天狗!
櫻井・テング・裕章様の登場ですわ


文学の腕を折った時、櫻井は離れて距離をとっている。これは櫻井が「文学のことを忘れたくねーよ」と言ったように再起不能にするのは勿体無いという敬意もあっただろう。が、追撃して無駄なダメージを負いたくない、仕切り直しになっても骨折している相手なら勝てるという選択。アンダーグラウンドと違い審判がいる試合だから棄権またはタオル投入で試合が終わる場合もあるという考えもある。

2度目に竜虎で対峙した際にフェイントを入れられて一撃を封じられた時、手刀をおろさず相手のガードを封じて下からの咬で攻撃を選択。

片手での煉獄を喰らった時、櫻井は”鋼の肉塊”でガード。肉塊を緩めて動いて脱出も可能だったが、筋肉の緊張が緩んだ隙が生まれる。その隙を考え、文学のダメージを考えて動かずに鋼の肉塊でガードを選択。

文学に持ち上げられた時、櫻井はこのまま投げられても首が固定されていないので受け身を取れる。グラウンドに移行しても文学は開放骨折しているから攻め手も限られている。だから対処できるという選択。

お前マジか… ちょっと信じられないぐらい最善の手を選択するじゃないか

なんて空気が重いんだ 仲良くしようよ 誰が悪いわけでもない 櫻井自身は技の選択を誤らなかっただけなのだから

櫻井が最善の行動をとった結果…
哀しいのは…文学の骨を折った時、櫻井は追撃しない最善手をとったから、文学は骨を元の位置に戻せた事。
哀しいのは…文学の片手煉獄を受けている時、櫻井は鋼の肉塊をする最善手をとったから、文学に簡単に持ち上げられた事。(脱力している人間は手足どころか首、腰などもグラグラ動いて重心が定まらずに持ち上げにくい。体に力がはいっている状態だと一つの塊となって重心も安定して持ち上げやすい)
哀しいのは…櫻井が投げられる時、投げられても受け身をとれるという最善手をとったから、文学の投げを受けてその後睾丸を潰された事。
そして哀しいのは…文学に1個目を潰された後の肘金剛を櫻井がガードする最善手をとったから、2個目も潰された事…

哀しいな裕章… 最善手でも奇策で返されてしまう 何手やっても敗者だっていうのは…

 

人は櫻井の事を愚かと笑うかもしれない
だが最善手を選んで負けた者を笑う人などいるはずがない

もし腕を折った後に追撃していれば、片手の煉獄をガードせずに脱出していれば櫻井は勝てた。でもそれはベターな選択では無かったから櫻井は選ばなかった。

72時間しか記憶がもたない櫻井は自分以外の言葉は100%信じない

記憶が無いから周りを信用しない。そして慎重になるあまり、思い切った行動をとれずにベターな選択をしてしまう。

ヨシフ・ブラトフ

おい ヨシフ お前のツレ 負けたぞ


ヨシフ「相手が銃を持っていたらどうする? ”後の先”で勝てるのか?」。
アンダーグラウンドで勝ち進む櫻井。ハンディ戦になって相手が開始から銃”有り”だと櫻井の”後の先”では勝てるのか疑問を持つヨシフ。

後の先で戦った櫻井は、文学の奇策(文学が自ら耳を引きちぎり煉獄する奇策。櫻井は喰らったもののこれは凌げた。が、折れた腕から煉獄、急所攻撃を骨掛けで防いだかと思えば投げられて急所攻撃)という飛び道具にヤラれてしまった。
櫻井の敗因は健忘症だったということ。文学が櫻井に拮抗した強さを持った上で、奇策を繰り出せる発想を持っていて櫻井の予想を上回れたこと。

櫻井が最善手をとった結果 ”有り有り無し”です!!!
金的も目潰しも当然有った結果ですがそういう意味ではございませんよ
“有り有り”というのは櫻井には的確な読みが”有り”、最善手の技も”有り”という事でございます!!
“無し”というのはその結果、櫻井は”玉無し”という事でございます!!!
スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-喧嘩稼業
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【喧嘩稼業】79話 入江文学「あっ?赫々たる陽の下の日の本一のお二人さん。文ちゃんも勝利の美酒に酔いたいから 第4試合の勝者は負傷を持ってトーナメントを上がってきてくれたまえ」

陰陽トーナメント1回戦第4試合 川口夢斗 対 金隆山康隆 額をカットされた金隆山だったが、鉄砲を繰り出し夢斗はダウンした。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-nu …

【喧嘩稼業】62話 もしかして世界大会編があるのか?

第2試合、十兵衛はリングに仕掛けられていた屍を使い、金剛で勝利。   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-c …

【喧嘩稼業】67話「もう面倒くせーから さっさと煉獄の次に出す技を教えろよ!!!」「…次の技 …思い出せない」「でしょうね!!!」

陰陽トーナメント1回戦第3試合 『入江文学』対『櫻井裕章』 “後の先”で文学の攻撃に対応し、攻撃する櫻井。 劣勢になった文学は自分の耳を犠牲に”煉獄”を …

【喧嘩稼業】63話 母親の存在まで利用するとは… まさに悪魔の落とし子

第2試合が終わり、医療室で治療を受けている十兵衛。   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-content- …

アリ

【喧嘩稼業】88話 十兵衛「富田流は富田流のやり方で屍を使う 梶原柳剛流の屍はボツリヌス菌だ ギャグ回さえも伏線と想定していない うちは違う ギャグ回のデスフルランも利用する」

陰陽トーナメント1回戦第5試合開始直前。 十兵衛は里見との話し合いでアリを排除することを約束した。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data …