みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

喧嘩稼業

考察【喧嘩稼業】「俺はこれから第4試合の予想をしようと思う 止めても無駄だし読んでも無駄だぞ」「なぜ読んでも無駄な記事を書かなければならないのか… 僕には頑張ってとしか言えません」

投稿日:2017年2月26日

陰陽トーナメント1回戦第4試合
陰陽トーナメント第4試合
相撲 金隆山康隆 対 キックボクシング 川口夢斗

 

スポンサードリンク

「先ずは分析から始めよ」か…

超人は実在する
誰も疑うことのない
史上最強の力士

金隆山
843勝0敗0休の横綱、金隆山。
ミオスタチン関連筋肉肥大で筋量は常人の2倍以上。
「自宅の地下室、3メートル近い熊の剥製があった。その熊を倒したのが山本陸。金隆山は山本陸に興味を持っていた。」というのがあるから、立業は張り手だけではなく空手の蹴りも使える!かも。
長所はパワー。
短所はミオスタチン関連筋肉肥大でパワーは上がった反面、エネルギーが必要になるためスタミナ面に不安が。
投げは出来るがグラウンド技術は無いだろう。倒れた相手への踏みつけなどが出来れば脅威だが、躊躇しそう。

倒れた相手を踏みつけせずに
さわやかな笑顔で「まいったまいった 君のほうが強いよ」って言ったら
下総親方の命を懸けた決意が一瞬で無駄に終わるわけじゃん

トーナメント出場の我儘を聴いてもらった下総親方への思いもあるから躊躇しないかなぁ? 「ウォーレン・ウォーカーを俺の前に連れて来い。張り手で首の骨ねじ折って背中を見やすくしてやる。」こういう事を言ったが、現実に躊躇なく行けるのか?

でかい車に乗った でかい男が でかい事を言った
「川口夢斗こそが史上最強」

川口夢斗
進道塾に喧嘩を売ったのに進道塾と戦うには決勝までいかなければならなくなった男、川口夢斗。
実の親からデカイ体を受け継ぎ、名護夕間の弟子の川口拳治にキックボクシングの技術を習う。
長所はスタンドでの攻防。トーナメント参加者の中でもトップクラスだろう。そして防御不能の蹴りもある。
短所はグラウンド。だが、相手は金隆山なので心配は無いか?
金隆山が突っ込んできても左右に力を流して捌けるだろうが、トランクスのベルト部分をまわしのように掴まれる恐れがある。闘牛すら投げた横綱の投げ。川口が太く堅い丸太のような足を持っていても耐えられるのか?

川口夢斗
闘牛横綱『黒王號』とは体格も…
顔も…
まったく似ていなかった

人間は牛とは違うし、動きを予想して多少は耐えられるか? それよりも捕まらない戦い方をするか。1回戦の相手だし、その対策も練っているだろう。

「昨日の夜30分ぐらいだったかな?」
「10分」
「そう!10分ぐらいで考えた予想なんですよ」

実際の試合だと
金隆山の力を左右に流して捌く川口。
サイドに移動した川口がジャブやローキックで削る。
それを繰り返す川口。
金隆山は川口を捕まえられることが出来るか!?
という試合だと思う。でもそれは面白くない。

人は私の事を愚かと笑うかもしれない
だがつまらない試合を描く漫画家などいるはずがない

「突っ張り」「張り手」「閂」「鯖折り」を自ら禁じ手とし、未だ無敗の史上最強力士。
お相撲さんとキックボクサー
ガードさえ許さない 防御不能の蹴りを持ち、ローキック 頭部へのハイキックすら使わずにヘビー級「立技」トーナメントを制したキックボクサー。

余力を残して頂点を獲った者同士の戦い
一生使う事がないかもしれない武器
錆びさせないために毎日毎日歯を食いしばって繰り返した―――
その武器を使う時が来た

お互い全力で戦える機会がやってきた。お互いこの舞台で全力でぶつかりたいと思うはず。
試合開始。
金隆山が立ち会いの体勢から突進。
突っ張りを繰り出す。
迎え撃つ川口はミドルキックを出す。
が、金隆山の勢いは止まらず、張り手で川口ダウン。
一瞬で決着。
と、予想。そして金隆山は勝ったものの、川口の右ミドルキックで左鎖骨骨折。

い…入江さん …アンタ まさか…
川口が死んでも腕の一本も折ってくれればラッキーと思っているんじゃ…

だが読者達の中にたった一人気づいた者がいた
このブログの唯一の書き手である
「予想の手順が逆なんだ」

続いて2回戦の予想。
2回戦の入江文学 対 金隆山。
第1試合は主人公のライバル、第2試合は主人公、第3試合は主人公の師匠。いずれも漫画のストーリーとして王道なほうが勝っている。だから文さんが2回戦で因縁が無い川口か金隆山に負けるとは思いにくい。なので左腕を骨折した文さんが勝つには…
・煉獄は使えない。
・高山は金隆山どころか川口を持ち上げるのにも苦労するだろうから無し。
・金剛はキックボクサーの川口に当てるのは至難の業。
必殺の技は金剛ぐらいしか使えないし、当てるには金隆山しかいない!

矛盾しない想いがある 予想をするが外れて欲しくない
川口拳治絡みで因縁がある可能性もあるから川口夢斗が勝つかもしれない
という事を保険として白色で書いておく
見ろよ金隆山、今こんな状態でチャンスだぞ
久しぶりにお前の金剛見せてくれよ

入江文学 対 金隆山の試合開始。
金隆山は川口との試合の負傷で左腕が上がらない。
金隆山のがら空きの左胸に、無一が対グリズリーで魅せた脚での金剛を打つ文学。
一瞬で決着!
無一と同じ脚での金剛を見せて、文学が無一に追いついた!と劇的な決着にもなる。だから逆算して1回戦第4試合は金隆山の勝利と予想!

見てご覧の通りベタな予想です
試合前に書いた甲斐がありました
胸襟を開いてご相談したい事があります
俺…馬鹿だから凄い予想できなくて
今すぐ的確な予想をできるようになりたいんすけど
どうすればいいんすかねぇ?
第4試合の勝者は誰か!?
キックボクシングと相撲がルール無しで戦った時…
スポーツではなく…
目突き 金的 ありの『喧嘩』で戦った時
第4試合の勝者は誰か!?
今現在 勝者どころか試合すら始まっていない
スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-喧嘩稼業
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

小倉優香

考察【喧嘩稼業】俺は大変なことを発見してしまった 今から学会に発表しようと思う 止めても無駄だぞ

…俺は自分の才能が怖い 何をやっても一流すぎる 神は俺を贔屓しすぎなのではないだろうか スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-match …

木多康昭

【喧嘩稼業】 あらすじ 感想

喧嘩稼業のあらすじ、感想を書いています。 ネタバレ注意   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-conten …

【喧嘩稼業】66話 入江文学は櫻井裕章の相手に相応しいでしょうか? あいつは色々経験がありません

陰陽トーナメント1回戦第3試合 入江文学 対 櫻井裕章 文学は櫻井の右鼓膜を破る。 しかし櫻井はチェーンパンチで文学を追い詰める!   スポンサードリンク data-matched-cont …

喧嘩稼業 ケンドーコバヤシ

【喧嘩稼業】81話 夢斗「こいつすげー!!折れねー!!マジで折れない!!!神木すげー!!!!!!なんで折れねーの!!おもいっきり蹴っているのに!!横綱ってすげーよ!!!こんなの初めてだよ!!!お相撲さん最高ぅっっ!!!」 金隆山「もう一本…折らせてもらうわ ごめんね プロレスじゃないからギブアップじゃ終わらないんだ」

陰陽トーナメント第4試合 川口夢斗 対 金隆山 金隆山は夢斗の右腕を折った。しかし、夢斗は金隆山にローキックを浴びせる! スポンサードリンク data-matched-content-rows-num …

【喧嘩稼業】70話 俺は記憶障害じゃないから入江文学の今までのことを覚えている この戦いで文さんが命を落とす事も 富田流を十兵衛が継ぐ事も 見たくない 見たくねーよ

陰陽トーナメント一回戦第3試合 入江文学 対 櫻井裕章 “後の先”で最善の手で応じてくる櫻井に苦戦する文学。 櫻井の手刀を受けた文学。 富田流の技”車” …