みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

僕たちがやりました

【僕たちがやりました】59話から61話のあらすじ

投稿日:2016年7月11日

今回は一気に3話まとめて

 

スポンサードリンク

59話「ちょっとコンビニまで」のあらすじ

夜道で何者かに襲撃されたマル。同級生には転んだと誤魔化し、包帯を巻いた状態で通学。

襲撃者の手の傷、自分につけられた傷跡から襲撃者はアイツだと特定するマル。
僕たちがやりました 59話a.jpg
僕たちがやりました 59話 マル.jpg
マル(やり返すなら俺自身の手だ。負けたままでは終われない… だってこの世界は弱肉強食だから!!

自分自身の手で復讐を決意し、出かけるマル。

感想

ウンコは何故、手の傷跡をマルに見せた? それを見せたら犯人がバレバレだろ。それとも誰がヤったかをマルに知らしめたかったのか?京都では復讐できなかったし、キッチリやり返したぞ!っていう意思表示か?

60話「ありがとうございMARCH」のあらすじ

水前寺(ウンコ。矢波高の不良達にマルと決闘させられた奴)が塾帰りの夜道を歩いている。

後ろから突然マルがスタンガンで攻撃。
僕たちがやりました 60話a.jpg
水前寺は護身用に持っていたトンファーで応戦。
僕たちがやりました 60話b.jpg
罵り合いながら喧嘩をするが、二人とも喧嘩慣れしていないのでグダグダに…

疲れきった2人が仰向けで寝転がり、マル「はじめて会った時は… 無理矢理殴り合いさせられて嫌がってたのに… 今はお互いが… むしろ殴りたいくらいの関係になってる… ライバルかよ… もしかしたら俺達…似たもの同士なのかな…」と歩み寄る。

大声で笑う2人。

起き上がった水前寺「なぁキノコ… 終わりにしようぜ…」

マルに手を差し出す水前寺「メイアイ スピット オン ユー マイフレンド?」

マル「イエス マイフレンド」

ツバを吐きかけられるマル

水前寺「『ツバを吐いていいですか?』って言ったんだよ!!バーカ!!誰がオマエみたいなクズと友達になるかよバーカ!!でか いねーだろ友達!!その時点で人生負けなんだよ!!ゴミキノコ!!」

弱肉強食の世界では勝たなければいけないと決意したマルに突き刺さる言葉。

パイセンに電話するも出ない。伊佐美に電話するも出ない。トビオに電話するも出ない…

感想

水前寺のスタンガン耐性が凄いなぁ。スタンガン当てられたのにすぐ反撃するし。マルがちゃんと押し当てられなかったのか?その後、喧嘩慣れしてないからトンファーや包丁を持ち出してるのにグダグダになる二人…
喧嘩の後に仲良くなりそうに見せかけて、この結果… まぁ仕方ない。自分の都合のいいときにトビオ達を友達として連絡とろうとするマルはやっぱりクズだなぁ。パイセンのことは金ズルとしか思ってなかったくせに。

61話「なかに出りゅりゅぅぅ」のあらすじ

罪悪感を消すためのお遍路を完遂した伊佐美。

復活した伊佐美は今宵のアパートを訪れ、今宵を満足させる。

伊佐美「これからは2人で幸せになろうな」

今宵「そのことで私… 翔くんに話さなきゃいけないことがあるんだ…」

その時、玄関で男の声がする「おい今宵ー!!入るぞー!?」

今宵「ヤバイ!早く服着て!」

伊佐美「まさかお前 話って… 浮気…!?」

部屋に入ってきた男。
僕たちがやりました 61話a.jpg
今宵「おかえりお父さん。この人私の彼氏の翔くん」

伊佐美「あ でも はじめまして 伊佐美翔と申しまーす」

今宵「本当は別々に話そうと思ってたんだけどー ちょうどいいからまとめて言うねー」

今宵「えっとねー簡単に言うとー お父さんがおじいちゃんで 翔くんがお父さんになるの」

今宵「お腹にいる この子の」

感想

罪悪感の無くなった伊佐美に子供が出来た。子供が出来て再び罪悪感が出てくるのか?
まぁ伊佐美の子供じゃなくてトビオの子供て可能性もあるが…

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-僕たちがやりました
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

【僕たちがやりました】71話「最後の夜」今宵、今宵に子供の名前を伝える

世間への自首に向けて、ガレージで準備するトビオ、伊佐美、マル、パイセン。   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-match …

【僕たちがやりました】76話「同じ人間」パイセンがキレた…

最高の自首を決行していたトビオ達。 しかし、パイセンの父親・輪島総十郎の手下に車で拉致されて、パイセン以外は黙っていたら見逃してやると言われる。 マル、伊佐美は逃げたがトビオは逃げずにドライバーにマス …

【僕たちがやりました】66話「掌の上で生きる」この後、パイセンはトビオ達と集結して自首?

とうとう父親に会えたパイセン。しかし父親からは愛されていなかった。生きる価値が無くなったと言うパイセンに「じゃあ死ぬか?」と父親に言われ、ナイフを持った腹違いの弟・玲夢と戦うことになったパイセン。 & …

no image

【僕たちがやりました】83話「ヒーロー」昔はそこそこでいいと言っていたトビオ。それから色々あって… そこそこで終わりたくない男に狙われる…

矢波高爆破事件から10年後。     スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-content-colu …

no image

【僕たちがやりました】82話「蓋」償いをせずに楽になりたかっただけと言ったヤツらの末路はどうなる・・・?

矢波高爆破事件から10年後。 刑務所から出所したパイセンがトビオ達に連絡をとり、集まった。 近況を言い合うトビオ、マル、伊佐美。 それを聞いたパイセンは「お前らの幸せが見れただけで嬉しい」と涙を流す。 …