みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

僕たちがやりました

【僕たちがやりました】77話「あなたが一生逢いたくなくても」パイセンがヤッて捕まった…

投稿日:2016年10月31日

トビオ達が世間への自首をしている最中に、パイセンの父親・輪島総十郎の手下に拉致された。
秀郎(パイセン)を見捨てて黙っていれば解放してやると言われ、マルと伊佐美は解放を選び脱出。
パイセンを見捨てられないトビオはドライバーにマスクを被せ、車を横転させた。
横転した車から投げ出されたトビオ、パイセン、輪島の手下達。
パイセンは追いかけてきた義理の弟の玲夢をナイフで刺した…

スポンサードリンク

あらすじ

車の事故とパイセンの行動で騒ぐ群衆「マジか…えっ!?」「ヤッベ!ヤッベ!」

輪島の手下の黒スーツ「坊っちゃん… レイム… 坊っちゃん…」

パイセンを呆然と見るトビオ「パイ… セン…」

玲夢の返り血を浴びたパイセン「脚シビれたの治ったわ」

警察官に取り押さえられるパイセン。
bokutachi77a.jpg
トビオ「何やってんだよぉ!? なんで人殺してんだよ!? バカかよ!?」

トビオも警察官に取り押さえられる「危ない下がって!」「高校生一人を現場で保護!!」

トビオ「おい触んな!! はなせよ!! パイセン!!! なんか言えよぉ!!?」

「トビオ!!!」

トビオが声の方向を向くとそこには蓮子が。

トビオ「レンコ…」

舌を出すトビオ。
bokutachi77b.jpg
パトカーに乗り込もうとするトビオを止め、キスをする蓮子「あなたが一生逢いたくなくても私は逢いたい」

「待ってる」

感想

逃亡が始まるかと思ったらあっさり捕まったなぁ。これだけの群衆の前だから逃げられないから引き伸ばさずにさっさと捕まって次の場面に移ってもらうほうがいいか。

トビオが蓮子に向けてベロを出したのは犯罪者になる自分を嫌いになるようにしたんだろう。でも、その気持ちを即座に悟った蓮子。

“外れガチャ”と言われたパイセンが”当たりガチャ”の玲夢を殺して捕まった。パイセンにとっては最高の自首になったのかもしれないなぁ。矢波高爆破事件の真相は有耶無耶のままかも知れないが。

逃げたマルと伊佐美はどうなるんだろう。チラシをバラ撒いていたし、野外音楽堂でパイセンとトビオと一緒にいたのも見られているし… 伊佐美は子供がいることだし自首するかな? 余った「世間への自首の軍資金」を集めていたマルは逃げそうだけど…

スポンサードリンク スポンサードリンク

-僕たちがやりました
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【僕たちがやりました】66話「掌の上で生きる」この後、パイセンはトビオ達と集結して自首?

とうとう父親に会えたパイセン。しかし父親からは愛されていなかった。生きる価値が無くなったと言うパイセンに「じゃあ死ぬか?」と父親に言われ、ナイフを持った腹違いの弟・玲夢と戦うことになったパイセン。 & …

トビオ マル 伊佐美

【僕たちがやりました】45話「解散」

前回、爆破事件の真相を語ったパイセン。 それを聞いていた刑事が登場! スポンサードリンク スポンサードリンク

マルの母親

【僕たちがやりました】46話「幸せが」

前回、爆破事件での罪の重さを刑事に突きつけられたトビオ達。そして朝になり、久々の帰宅。 スポンサードリンク スポンサードリンク

ぼくたちがやりました パイセン

【僕たちがやりました】このまま終わるのか?

高校生が平凡な日常から一転!ある事件を切欠に逃亡生活に! シリアスなシーンだけでなくコミカルなシーンもある青春漫画。 スポンサードリンク スポンサードリンク

【僕たちがやりました】81話「ありがとさん」パイセンはトビオ達に何も恨みはないのか?

矢波高爆破事件から10年後。 パイセンが出所してトビオ、マル、伊佐美と再会―――   スポンサードリンク スポンサードリンク