みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

僕たちがやりました

【僕たちがやりました】83話「ヒーロー」昔はそこそこでいいと言っていたトビオ。それから色々あって… そこそこで終わりたくない男に狙われる…

投稿日:2016年12月12日

矢波高爆破事件から10年後。

 

 

スポンサードリンク

あらすじ

高校生のワタル(人生は一度きりだ。「そこそこ」で終わりたくない)。

ワタルは芸能プロダクションのオーディションに応募するも落選。イメチェンして学校行くも他の生徒が注目される。塾では志望大学のランクを挙げてもいいかと聞いたら塾講師に「このレベルの頭だからココきてるんでしょ!?」と言われる。

閉塞感を感じたワタルは街に出る。

ワタル(子どもの頃からずっと思ってた。英雄になりたいって・・・ 凡人の世界から抜け出したいって。選ばれし1人になれる予感はないとさすがに悟った。僕は「そこそこ」で終わる。どう足掻いてもそういうスペック)

ワタル(でも僕はそれを覆す方法を見つけてしまった。人を殺せば有名になれるってね)

目の前を通った人、その10番目をターゲットにしようと決めたワタル。

ワタルの目の前を通った10番目の通行人はトビオだった・・・

感想

水前寺ことウ○コは塾講師になっていたか。日照り手に手袋嵌めているということは、手の甲に掘られたウ○コの絵は消せなかったのか。

トビオはこの後刺される? 主人公だから死にはしないだろうけど… まぁ罰が巡り巡って回ってきたとなるかなぁ?

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-僕たちがやりました
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【僕たちがやりました】79話「バック・トゥ・ザ・フューチャーズ」あれから10年後―――

トビオ達は最高の自首を決行したが、パイセンの父親の輪島総十郎の手下に邪魔をされる。 パイセンは警察に捕まるが、輪島の力で「爆破事件の誤認逮捕で精神をきたし、自分は爆破事件の真犯人だと言い張っていた」こ …

no image

【僕たちがやりました】57話「友達になれてよかった」やっと話が動きだした

学校の屋上から飛び降りた怪我で市橋と仲良くなったトビオ。 蓮子と付き合いだし、蓮子に好意を寄せていた市橋に付き合ってることを報告するトビオ。 市橋は怒ることはせずに祝福した。   スポンサー …

【僕たちがやりました】59話から61話のあらすじ

今回は一気に3話まとめて   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-content-columns-num=” …

no image

【僕たちがやりました】85話「久しぶり」トビオは頑張った!のか…?

矢波高爆破事件から10年後。 出所したパイセンと再会したトビオ、伊佐美、マル。 その後、普通の日々を送っていたが・・・ スポンサードリンク data-matched-content-rows-num= …

【僕たちがやりました】66話「掌の上で生きる」この後、パイセンはトビオ達と集結して自首?

とうとう父親に会えたパイセン。しかし父親からは愛されていなかった。生きる価値が無くなったと言うパイセンに「じゃあ死ぬか?」と父親に言われ、ナイフを持った腹違いの弟・玲夢と戦うことになったパイセン。 & …