みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

双亡亭壊すべし

【双亡亭壊すべし】31回「転換器(リバーサー)VS.転換器」研究対象を舐めるように観察すべし

投稿日:2016年11月9日

双亡亭内に潜入した凧葉と紅、超常現象のプロ達。
潜入した人達は双亡亭内にある肖像画から出る”無数の腕”に取り込まれて、”何か”に取り憑かれてしまう。
“無数の腕”から逃れることが出来たアウグスト博士は部下のマックスとカークと再会した。
しかしマックスとカークは既に取り憑かれていて…

スポンサードリンク

あらすじ

絵に取り込まれそうになっているアウグスト博士。

カーク「0.5秒遅いですよ、アウグスト博士」

マックス「絵の中で素直なおとなしい老人にメタモルフォーズ(変わって)出てくるといいですな」

ガガガガガ

アウグスト博士を取り込もうとしていた”無数の腕”が撃たれる。

「博士、絵から離れて!」

絵から引きずり出されるアウグスト博士「君は… 確か隊長の…」

「『特対』の宿木です。立ってください!」

カーク「ほおお… 宿木サン、アナタは『絵』に取り込まれなかったのですね」

マックス「さすが前面部突入部隊の隊長だ」

宿木「偶然な! 私は『絵』を見なかった」

宿木は同じ特別災害対策室の森田が『絵』に取り込まえれているところを見ていたので”無数の腕”を寸前で避逃れられていた。

カーク「それが良かったのかどうかだな宿木隊長。それがために、わざわざ苦痛を味わうハメになるのだからな」

リバーサーを起動するマックス。

アウグスト博士「相変わらず計算が甘いなマックス。同条件のリバーサーがこちらにもあれば結果は変わるだろうが!」

マックスとアウグスト博士がリバーサーから電撃を放射。空中でぶつかり合う。

カークをマシンガンで撃つ宿木(おかしい…! 確かに当たっているのに!!)

カーク「宿木サン、先程アナタ達を襲ったお仲間達とワタシを同じに考えない方がイイ…。完全に変わるとですね… 考えられないことができるようになるんですよ。言わば――― ワタシ達も進化するんですよ」

カークの体に穴が空き、宿木の撃った銃弾はカークに当たらずにその穴を通り抜けていく。

カークは宿木の傍に走り寄り、腹を右アッパーで殴る。

倒れる宿木。

宿木のほうを見るアウグスト博士「ヤドリギ!」

マックス「よそ見はいけませんなァ。博士、いつもエラそうに仰っていたでしょう。『研究対象を舐めるように観察せよ』ってねえ」

マックスの腕が伸びて、腕は元の位置のまま体は博士の目の前に移動していた。

アウグスト博士「マックス…お前 何に…なったんだ…?」

マックス「さあね。自分で調べなよ!!」博士に頭突きするマックス。

カーク「おとなしく聞いておけばよかったんだ。どうせ『絵』の中に放り込まれるのだから…」

倒れている博士と宿木を脚を掴み引きずっっていくマックスとカーク。

博士と宿木を『絵』に放り込もうとするマックスとカーク「行って、そして戻って来な!!」

博士と宿木を『絵』に投げ込むマックスとカーク。

しかし、『絵』と博士達の間に突如、看板が出現した。

カーク「空中に看板が!? これだけのアポーツ(物質現出)! フロル!!」

上から小刀を持って襲いかかる紅に気付くカーク「バカめ! そんな遅くて小さいナイフに…」

紅の出現で、上を見上げているカークとマックスの脚を引っ張る凧葉「どっせえええ~!」

凧葉に脚を引っ張られ、紅の攻撃を受けるマックスとカーク。

しかし攻撃は浅く、凧葉は蹴られて引き離される。

起き上がる宿木「柘植!」 博士「お前は…!」

カーク「フロルを味方につけたからといってつけあがるなよ」

マックス「うっとうしいな。お前たちは殺してから『絵』に投げ込んでやろう」

凧葉「うわあああ!!」

マックスとカークに向かっていく凧葉達。

感想

宿木が『絵』から出てきた”無数の腕”を銃で撃ってダメージを与えていたが、双亡亭は心霊現象ではないから効果があるのか。しかし博士によく当たらなかったな。
カークが言った「完全に変わると…」。双亡亭に入った直後に襲ってきたのはゾンビみたいな状態だったが、「完全に変わる」と意思を持ったまま喋ったりもできて、取り憑く前の記憶(カークがボクシングをやっていた。博士の普段から言っていた言葉。フロルのアポーツ能力を知っていた)も利用できるようになるのか。こうなると双亡亭側の目的である「総理大臣に取り憑く」という計画が実行できそう。今の総理は斯波総理で『絵』についてよく知っているから、まだ取り憑かれてはいないけど。

マックスの「殺してから絵に投げ込んでやろう」。生命を奪った後でも乗り移れる? まあ乗り移る身体が腐ったりしてるとダメだろうけど。
その完全に変わったカークが宿木の銃弾を避けた。
soubou31a.jpg
弾が当たる所から穴が空いて避けているんじゃなく、弾が当たる前から穴を開けているように見える。近距離でマシンガンの弾を当たる前から反応できるのは凄い。紅の小刀が当たったのもリバーサーの部分だし… 凧葉が脚を掴めたってことは意識外、または予想外の攻撃なら当たるのかな?

扉絵で凧葉達のところにパイロメアリーを持ったジョセフィーン=マーグがいるけど、
soubou31b.jpg
『絵』から助かってるのかな? 襲い掛かってくる前に何か来ると感じ取っていた描写はあったが。パイロメアリーの炎なら敵に多少避けても当てられるし、戦闘面で頼りになりそう。車椅子を押していた旦那さんはどうなったんだろう。旦那さんだけ取り憑かれたとかあるのかな?

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-双亡亭壊すべし
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

緑郎

【双亡亭壊すべし】第2話 色々絡み合ってきた!

第1話を振り返るべし ボロアパートに住む、絵本作家になりたい美大を卒業したての凧葉務。 その隣に引っ越してきた少年・緑朗と知り合うが双亡亭に父親を食べられて発狂。 総理大臣の斯波が双亡亭にミサイル攻撃 …

【双亡亭壊すべし】23回「絵の中の紅」自分自身をゆるすべし

双亡亭内に入った凧葉、紅と超常現象のプロ達。 自分自身が描かれた肖像画に次々と吸い込まれ、過去のトラウマを見せられて取り憑かれていく。 そして紅も絵の中で過去のトラウマを見せられていた…   …

【双亡亭壊すべし】51回「地下の秘密」地下を掘り進んでいる目的を探るべし!

双亡亭内に入った凧葉達。 絵の中で取り憑かれた人達が地下へ向かっているのを宿木が目撃していた。 凧葉達はその目的を探ろうとする…   スポンサードリンク data-matched-conte …

【双亡亭壊すべし】55回「青一突入」液体窒素も突入すべし

双亡亭内で取り憑かれた人達に囲まれ、ピンチになった凧葉達。 フロルがテレパシーを使って外にいる青一に『双亡亭の弱点である窒素』を持ってきてと頼む。 双亡亭前に着いた青一が双亡亭への攻撃を開始する! & …

【双亡亭壊すべし】37回「反撃の形」ハンゲキを開始するべし!

斯波総理達と”溶ける絵の控室”で話す青一と緑郎。 青一が双亡亭を壊す能力を手に入れた経緯を話し始めた。 45年前、家族旅行で飛行機に乗った際、別の星に連れて行かれた。 その星で …