みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

彼岸島

【彼岸島48日後】95話「股さき」ぴったりじゃないか このでたらめな漫画で でたらめな表現 そして向かうはでたらめな化物退治だ

投稿日:2016年10月24日

金剛のアジトに向かう明達。
大涌谷からロープウェイで山を降りようとした明達に、邪鬼のエテ公が吉川の女の匂いを追って来た。
エテ公から逃れるために、反対側のゴンドラに飛び乗ろうとする明達。

 

スポンサードリンク

あらすじ

明「行くぞ!! 反対車線に!!」 鮫島「おう!!」

反対側のゴンドラの屋根に無事飛び移る明達。

鮫島「よかった… これで全員アイツから離れられるな」

明「ああ。目的地からは離れちまうがな」

エテ公「オンナ… オン… イギャアアアアアア」

ロープウェイのワイヤーに乗るエテ公。

鮫島「やべェぞ!! エテ公の奴、遠ざかる女の匂いで俺たちが逃げようとしているのに感づきやがった!!」

ワイヤーの上を歩いて追ってくるエテ公。

鮫島「やばい!! 向かって来る!!」

急に立ち止まるエテ公。エテ公の脚が開いていく。

勝次「止まって… エテ公の足が開いてく…」

明「そうか。ロープウェイはロープが動いている。そして右のロープと左のロープは進行方向が逆なんだ」

鮫島「巨大な… 股さき…」

脚が限界まで開いたエテ公はワイヤーの上に転倒する。

衝撃で飛び上がる明達。

鮫島「やべェ!! 落ちる!!」

明「縄につかまれ!!」

吉川の台車に括り付けた縄に捕まり、落下を免れた明達。

エテ公はワイヤーからずれ落ち、地面に落下。

ネズミ「ああああ 怖いィィィ」

恐怖で脱糞するネズミ。吉川の顔にかかる。

勝次「てめェ!! クソネズミ!! 母ちゃんに!!」

ネズミ「ごめんなさい ごめんなさい。ああああ 許してェ…」

エテ公は起き上がり、再び山の上の支柱の所に立ちふさがる。

鮫島「マジか!! エテ公め 元の場所に戻りやがった。このままだとまた奴のほうに向かって動いちまう!!」

鮫島「ちきしょう 明!! もう一度なんとか反対車線に渡らないと!!」

「ギ?」キョロキョロするエテ公。

鮫島「なんだアイツ。俺たちを捜してる?」

明「このままでいこう。エテ公の奴、俺たちを見失っている。これは先に進むチャンスだ」

鮫島「しかしなんで急に俺たちを見失って… !! そうか!! ネズミのクソが母ちゃんの女の匂いを消したのか!! これはいける!!」

明「みんな動くなこのまま奴の足元を抜けるぞ。声を出すな。気づかれずに通り抜けるんだ」

感想

エテ公編は下品な展開が多いなァ…

流石は救世主様達だ ジャンプ力がある

反対側のゴンドラに飛び移る明と鮫島。
higan48_95a.jpg
少なくとも5、6メートルは飛んでる! 明は勝次を、鮫島はネズミと吉川と台車を抱えているのに! しかもろくに助走もできなかったのに! 明がズッズッと脚を引きずっているという設定はドコにいったんじゃ?

フン 健康で何よりだ

ワイヤーの上を歩くエテ公のコマ… なんて神々しいんだ…

ロープウェイのワイヤーの上を走ってくるエテ公。
higan48_95b.jpg
まったくしならないワイヤーの張力が半端ねェ!
ワイヤーを支えている支柱の耐久性が半端ねェ!
ワイヤーに乗っているエテ公のバランス感覚が半端ねェ!
エテ公がワイヤーの上を歩く擬音がドォンドォンで違和感が半端ねェ!
色々凄すぎぃぃぃぃ!

股さき状態になったエテ公。ワイヤーの上を歩けるバランス感覚があるなら、ワイヤーが多少動いていても歩けそうだけど…

醜いものほど壊したくなる それが男って生き物だろ

股が避けそうで困ってる時とか、吉川の匂いを見失った時とかのエテ公の顔がちょっとかわいいからちくしょう!!
higan48_95c.jpg
このかわいさが人間のときに出せていれば、エテ公は変質者にならなくてもすんだかもなァ…

やべェ… やべェよハゲ…

ワイヤーに引っかかったままエテ公の脚の下を通り抜けようとする明達。
higan48_95d.jpg
鮫島はその体勢で大丈夫か? 支柱を通るときに体が超巻き込まれそうだけど。避けるために支柱の傍で動いたらエテ公に見つかっちまいそうだけど。エテ公は女の匂いを追うとはいえ、ススキ草原では男も喰ってたし。

なんだ この漫画 超「ピタッ」と描いてあるけど

先生ェはピタッって擬音が好きすぎだからちくしょう!!
higan48_95e.jpg
死神もピタッとしてたからちくしょう!!
higan48_76b.jpg

カッコ悪ィよ 擬音先生ェ 漫画は絵で表現するもんじゃねェのかよ
スポンサードリンク スポンサードリンク

-彼岸島
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【彼岸島48日後】100話「尋問」彼岸島出身の吸血鬼は笠を被っていて分かりやすくて超助かる!!

要塞化した東京に侵入する方法を知っている鮫島の弟・精二を助けるため、金剛を倒すため、アジトの明治屋ホテルを目指す明達。   スポンサードリンク スポンサードリンク

美人局

【彼岸島48日後…】279話「バサバサ様」この無法地帯についてわかってきたのは いくつもの波乱があるって事だ

血の楽園へと続くレインボーブリッジには2つの関所があり、その間にある無法地帯を進む鮫島達。明は正体がバレてしまうといけないので樽の中に隠れ、吸血鬼は鮫島が相手をしなければいけない状況だった。最初に出会 …

変異 勝次

【彼岸島48日後…】264話「片割れ」この漫画、設定も変異を始めたからちくしょう!!

明は自衛隊の力を借りつつ、蟲の王を倒した。蟲の王に変異させられた化け物も崩れ落ち、完全勝利かと思われたが… 多分 これは『ネタバレ』が書いてあるせいだ…は? ネタバレ? スポンサードリンク スポンサー …

豹丸様?

【彼岸島48日後…】272話「雨の日」もう何一つ信じない… 豹丸様という名前でもヒョウ柄を期待しない…

血の楽園に潜入しようとしていた明達。潜入するための血の樽を奪いに来た姉弟と知り合った。姉弟も血の楽園に入りたがっていたので、目的が一致した明は一緒に血の楽園に行こうと誘い出すが… 簡単にネタバレを信じ …

雅の息子

【彼岸島48日後…】148話「自販機」この鳥男、明以外は狙わねェぞ! 鳥のくせに戦士としてのプライドがあるのかァ?

東京の地下鉄駅内。 雅の息子と呼ばれるアマルガム中のアマルガムが明を一目見にやってきた。 雅の息子を挑発した明、雅の息子と戦いが始まった。 スポンサードリンク スポンサードリンク