みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル The second contact

【ザ・ファブル The second contact】15話「満塁の男たち・・・・。」満杯の『そそそそ』粗相・・・・。

投稿日:

イワシ缶を開封、その後放置したことによって、中身が腐ってしまった。川萩がそろそろ町を離れるということで簡単なお別れ会をすることに。そのお別れ会で腐ったイワシ缶も出してしまったので、アザミ・クロ・川萩の3人は腹を下す。それを楽しそうに観察する洋子―――。

スポンサードリンク

あらすじ

倉庫

洋子は2階からワインを飲みながら双眼鏡で観察している。

アザミがトイレの順番待ちで我慢をし、トイレに入っていた川萩の後はすぐさまクロが入った。

アザミが我慢できずにトイレに向かい、タイミングよくクロがトイレから出てくる。

そそそそ

アザミとクロは無言で見つめ合いながらすれ違い、アザミがトイレに入っていく。

イワシ缶のニオイを嗅ぐユーカリ「コレ・・・・ やっぱり食当たり・・・・か!」

川萩「アンタ なんともないのか?」

ユーカリ「まあ・・・・」

クロ「先週 俺が食べ残したヤツや ちゃんと―――捨てとくべきやった・・・・」

ユーカリ「なんでやろ・・・・ 俺も―――食べたのにな・・・・」

クロと川萩は再び腹痛に襲われる。

ユーカリ「第2波か? 何かで・・・ 肛門にフタをしたらどうなんだ?」

クロと川萩は周りを見渡し、手近な物をお尻に当てる。クロは箒の柄を、川萩はビリヤードの9番ボールをお尻に当てた。

ナインボール

アザミがトイレから出てきて、クロと川萩の様子を見て呆れる「何ケツに挟んでんだよ! みっともねぇ~ これくらい―――・・・」

そういうアザミも再び腹痛に見舞われる。

3人が揃ってトイレに向かって小幅で歩いていく。

クロ、アザミ、川萩の順番になった。

川萩は9番ボールを落としてしまい、リタイア。

クロがトイレの前まで来たが、クロのお尻を抑えていた箒をアザミが引っこ抜いた。

クロ「あ゛あ゛~!!」

クロもリタイアし、アザミがトイレに入っていく。

この様子を観察していた洋子(この先は―――見なかった事にしよう―――・・・・)

洋子とユーカリの目が合い、お互いサムズアップを返す。

ユーカリ「そういや俺 腹こわした記憶ないな・・・・」

感想

この腹をイワした話、まだ続くんかい―――! 前回の得意げになっていたアザミも腹痛になって終わり、ちゃんちゃん。かと思った―――。

触れてこなかった男・・・・。

腹痛を我慢しているアザミ―――・・・・

アザミ

ヒットマンが食あたり・食べ物にヒットするとはなぁ~。

アザミの花言葉「触れるな」

まさに『触れるな』の状態―――!! この話の流れにピッタリじゃねぇ―――かっ! 鍛え方が違うと言ったのも―――この状況だから触れてあげないのが武士の情け―――。

トイレに向かうアザミ―――。

そそそそ

アザミのこんなキレイな目を見たこと無い―――! お前も分かるだろ?と目で訴えかけているかのような―――。殺し屋はターゲットを物のような扱いをしないとやっていられないだろう―――。ターゲットに共感を持つと出来ない事だろう―――。そんなヒットマン生活をしていた男が―――こんなところで他者との共感に出会った―――!

放棄する気は無いん?男・・・・。

1つしかないトイレの席を競い合う3人―――。川萩は脱落―――

ナインボール

川萩がお尻を抑えるために選んだナインボール―――。ビリヤードのナインボールのルールなら、ナインボールを穴に入れた者の勝ちなのに―――いきなり9番のボールを触ったからルール違反でアウトになったか―――?

クロがゴールしかけたその瞬間―――アザミがクロの箒を引き抜いて・・・・。

試合放棄

やりおった―――! アザミは第1波で変な体勢で我慢して―――力づくでトイレの順番を取らなくて偉いなぁ~と思ってたら・・・・。もしかして、最初のトイレに向かっていった時、クロが偶然早く出てきたから何もなかったけど―――アザミがトイレまで辿り着いた時にクロがまだトイレに入ったままだったら・・・・。

我慢

ヒットマンがこれだけの緊急事態なのに箒を引っこ抜いただけで済ませたのは―――我慢できるようになった―――?

記憶に残る夜・・・・。

ユーカリも腐ったイワシ缶を食べていたが、腹痛にはならなかった―――。

ユーカリも腐ったイワシ缶を食べていたか―――。運良く口にしていないと思ってたのに―――。アザミとチームを組んでいた時は食べる物はほぼ一緒にだっただろうから、ユーカリが普段から変な食べ物を食べていて耐性が出来ていた―――ということではない―――。仕事でチームを組んでいる間は食べ物は別にしたりするんだろうか―――? 今回のように一気に食中毒になるとマズイから、食べる物は別々に―――? とにかく、アザミもユーカリもニオイをろくに確認しないで食べるなんてかなり気が緩んできているんだろうな~。あっちのほうは緩くはなっていなかったけど―――。

ユーカリの花言葉「記憶」

樹木のほうのユーカリは毒がある―――。毒に強いという意味も込めて、山岡は呼び名をユーカリにした―――? 二郎の毒のレシピを見ただけでその利便性や特異性を理解していた―――。毒の知識も豊富―――? そういう意味も含めての『ユーカリ』か―――?

グッ

グッやないやろ~。この二人、気が合うなぁ~。弟であり、妹であり、な感じ―――。どっちも兄・姉を主張するが―――どっちも兄・姉という感じではない―――。頼りになる兄・姉ではなく―――どこか頼りない所がある―――。後始末を考えたらグッとかやってる場合じゃないが・・・・。 

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル The second contact
-,


  1. 匿名 より:

    この漫画、ウンコ多い

  2. 匿名 より:

    小ネタ長いな

  3. ファブルネタバレ好き より:

    ナニ友みたいな展開続くなあーー
    コミックスまとめ読みならの時なら楽しめるんですけど─────

    ルーマー早く来いーっ

  4. 匿名 より:

    週跨ぎかい
    時間稼ぎかい

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サイレン

【ザ・ファブル The second contact】39話「無音の男・・・・。」ふつうの人には聞こえない、開戦を知らせる音・・・・。

紅白組が真黒組を乗っ取ろうと、裏の組織・ルーマーを動かし始めた。海老原は、雇っていたゲンが真黒住宅で殺されたということで直接見に来ていた。そこにはルーマーの男が待ち構えていた。海老原もそれを予測してい …

松代 ぱっ

【ザ・ファブル The second contact】23話「考える男・・・・。」一緒に歩けない男・・・・。

真黒組はファブルと手を切った。それを知った紅白組が、真黒組を取り込むチャンスだと揉め事を起こしだした。海老原はそれを収めたが、紅白組はルーマーと呼ばれる組織を動かし始めて・・・・ スポンサードリンク …

起きれよ

【ザ・ファブル The second contact】26話「ヌードの女・・・・。」本気の勝負の時・・・・。

紅白組のバックにいる組織・ルーマーが、洋子を探し始めた。一方、その洋子は田高田社長にプロポーズをしたが・・・・ スポンサードリンク スポンサードリンク

川萩

【ザ・ファブル The second contact】28話「好きにする男・・・・。」自分のコースを見つけた男・・・・。

紅白組が真黒組を乗っ取ろうと動き出していた。紅白組はルーマーという、ファブルに匹敵する組織を動かして裏社会のさらに裏から攻めようとしていた。 スポンサードリンク スポンサードリンク

大丈夫―――

【ザ・ファブル The second contact】22話「騒めく人々・・・・。」そこにチャンスはあるのかい~?

大阪に戻ってきた洋子は、実はクリスマス会の時から田高田社長のことを想っていた。その想いを成就すべくまずはオクトパスにしばらく泊めてもらうことに成功した。川萩とその元カノ・静は紅白組から襲われていたが、 …