みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル The second contact

【ザ・ファブル The second contact】第3話「直伝の女・・・・。」惚れた・腫れたの涙の出逢い・・・・。

投稿日:

佐藤は大阪に帰ってきていてミサキと新婚生活をおくっていた。佐藤とまだ会えないクロは、舎弟に佐藤を探させていた。舎弟との電話の隙を突かれて紅白組の川萩に不意打ちされ、袋叩きにあっていた。そこに洋子が通りがかり・・・・

スポンサードリンク

あらすじ

クロをボコる紅白組(くじらぐみ)の二人。

洋子はたまたま通りかかった女、気が弱いくせに正義感があるか弱い女という設定になるために、佐藤明直伝のオデコに指トントンでスイッチを切り替える。

オデコ トントン

怖がるフリをしつつ、抵抗するために出した手で偶然を装い、一人の指の骨を折る。

もう一人も洋子に気がいっているので、隙きを突いてクロが金的。

金的を受けた男は倒れ込んだ所に洋子の膝が顔面に入る。

指の骨を折られたもう一人は、木刀を拾ったクロがとどめを刺す。

佐藤家

台所で洗い物をしているミサキ。佐藤はテーブルに座っている。

佐藤はレンタルおっちゃんでボディガードをした時の事を思い出していた。

佐藤「なぁ――― ミーたん――― 大西公園って治安が悪いのか?」

ミサキ「あ~ あの大きい公園―――・・・・ 治安が悪いっていうか・・・・ 夜はちょっと気持ち悪いわね」

そして佐藤とミサキが初めて会った時の思い出話になった。

佐藤「殴られて鼻血を出して泣いてた―――」

ミサキ「あの時は正直情けなぁ~って思ったもん! まさか―――殺し屋さんが弱いフリしてるなんて思いもしないし・・・・ 未だにそこは実感ないの~ アッくんが殺し屋だったって・・・・」

アッくん ミーたん

倉庫

アザミとユーカリがソファでくつろいでいると、クロを支えながら洋子も入ってきた「久しぶり―――」

倉庫

洋子は佐藤より遅れて帰ってきた理由は明かさなかった。そして大阪には帰ってきたばかりでまだ佐藤とは会っていないという。

そしてシャワーを借りると言ってシャワーを浴びに行った。

クロ「姉さん タオル用意しとくんで―――」

洋子「お願いね――― ついでに洗濯もお願い――― 覗くなよ~ 特に弟!(ユーカリ)」

洋子「久しぶりのシャワーだわ♪」

感想

切り替わらない2人の関係・・・・。

紅白組の2人にボコられているクロ―――。通りがかった洋子とはお互い他人を装う―――。

洋子

クロは「誰ですか?」と言ったが、恥を忍んで助けを乞わない―――?んではなく―――プロとして正体を明かさないようにと気を使ったか―――。相手は素人ではなく紅白組の者だからなぁ~。洋子が単純に強さを見せたら、姉さんがマークされてしまう―――。

洋子はそれを見て成長した?と思っての笑顔か?と思ったら焼き肉奢ってもらう―――・・・・。まぁボコられている所を見て成長したとは思わないだろうなぁ~。久しぶりの再会がこんな場面て―――・・・・。

洋子は佐藤明直伝のオデコトントンで気持ちを切り替える―――。そしてか弱い女のフリをして隙を作り、クロと一緒に撃退した―――。

オデコ トントン

もし、通りがかった女が喧嘩を前にして―――こんな顔してオデコを指でトントンと突きだしたら・・・・”ふつう”の人やない―――! ヤバい奴やんけ~!! それに洋子は「お酒は大好き」という設定はデフォで付いていて外せないのか・・・・。

これは佐藤が太平市に来た時のセルフパロディやなぁ~。先に絡んできたほうが指の骨を折って、タッチ交代っていうのも―――。あの時は佐藤とミサキが初めて会って―――次にバイト探しの時に再会して、そこから・・・・っていうのがあったが、洋子は相手がクロ・・・・しかも焼き肉奢ってもらおうという下心・・・・。色気ないなぁ~。アッくんとミーたんはその後は惚れたという出逢いになったが―――洋子とクロはその後はクロの顔が腫れたという出逢いに・・・・。

切り替わった2人の関係・・・・。

佐藤はレンタルおっちゃんの仕事でボディガードをした時、大西公園を通った時の話をした―――。

あの公園は大西公園―――。大西市駅からあの公園へと歩いていたから、佐藤とミサキが住んでいるのは大西市か―――? クロが見かけないのも無理はない―――。大西市は紅白組のシマ―――。第2部は大西市を舞台に紅白組とのゴタゴタが始まるんだろうか―――? すでにクロは紅白組とゴタゴタしだしたが・・・・。クロを闇討ちするほど執着した二人が、あれだけで終わって引き下がるとは思えない―――。組の上の者同士で話し合ってこれで手打ちにするっていう落とし所を作ってもらわないと終わらない気がするなぁ―――。それとも洋子が撮った写真で何とかするんだろうか―――?

ミーたんは大西公園は広くて助けを呼んでも誰にも届かないかもしれないと警戒している―――。第1部で痴漢にあって、佐藤からは「隙が多いからだ」と言われ、その後すぐに夜道で見も知らぬ男(山岡)に挨拶されて警戒せずに挨拶仕返した女とは思えないほど成長している―――。今回のサブタイトルの「直伝の女・・・・。」とは―――オデコトントンを覚えた洋子ではなく、ミーたんのほうだったのか―――。それに佐藤がいるから大丈夫!と思わずに気を緩めていない―――。

ミサキはまだ佐藤達が殺し屋だとは未だに実感が湧いてなかった―――。

アッくん ミーたん

普通なら―――普段強さを隠している男でも、さすがに喧嘩になったら強さを隠さないだろう―――。その喧嘩でも強さを隠すのは、さらに上のレベルで戦うプロである証拠―――。佐藤は鼻を殴らせることで涙を出したが、アザミは涙をコントロールできる―――。ユーカリもカモフラージュするために靴にウ○コを・・・? どうだろか・・・。プロはそこまでやるのか―――?

臭い仲の2人・・・・。

倉庫にクロとともにやってきた洋子―――。アザミ達と再会する―――。

倉庫

洋子は佐藤から遅れて帰ってきた理由は明かさなかった―――。そして「”久しぶり”のシャワー」。久しぶりっていうことは普通なら短くても2日ぶりぐらい―――。シャワーを浴びることが出来ない生活してたのか~? でもスマホのバッテリーは切らしてないしなぁ~。佐藤と別行動で夜行バスとかで大阪に帰ってきたんだろうか―――? 焼き肉を奢ってもらおうとしていたから、洋子だけ幼虫を食べる生活を続けていたのか―――? 洋子はそんなことをする性格でもないし、理由もない―――。それに―――洋子が酒を飲めない生活を続けられるとは思えない―――!

洋子とユーカリがお互いを弟・妹呼ばわりしてマウントの取り合い―――そのやり取りを見てアザミは笑うんだなぁ―――。佐藤だったらここでも笑わないだろうが―――。

ユーカリはクロの顔の腫れに気がついていない―――。久しぶりに洋子に会えて気が散っていた~? もしそんなに散漫なら―――集中力が必要なビリヤードが苦手ということもあった―――まさかマジで不注意でウ○コを踏んだんでは・・・・。

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル The second contact
-,


  1. 匿名 より:

    兄直伝w
    やっぱり洋子は変顔がいいなw
    またバッファロー行かねえかな―――

    • トムトム より:

      今後の展開が楽しみです。前回にアザミとユーカリの会話に組織の話も出てきたから、また新たなファブルが現れるかも❗

  2. ファブルネタバレ好き より:

    危ない公園の話が出た───
    つまりあの娘は見かけ倒しの強面の新ボディーガード共々、半グレストーカーに襲われる運命?──
    そこで覆面アッくんが登場とか───

    あぁ 今度はクロ、アザミ、ユーカリも連れて もう一度山籠り修行して欲しいな───
    修行中、成長した大きな熊に襲われるが、それは前回と同じ熊───アキラがいるのに気づいてスタコラ退散───とか。

  3. 匿名 より:

    ヨーコ、実わ記憶辿って両親の墓参りで遅参

    ソーコの件、鼻血オチなんて往年のコントかよ

  4. 匿名 より:

    洋子姉さんの着替えの奥にあった機械は盗聴の受信器か?それとも化粧落とし?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

なんつって―――

【ザ・ファブル The second contact】16話「自己責任の男・・・・。」貸しを無しにする男・・・・。

クロと揉め事を起こさせるように命令されていた紅白組の川萩は、真黒組に身柄を確保された。が、海老原は紅白組の松代からの保護するために身柄を抑えただけだった。川萩の傷が癒え、町を出る朝になった―――。 ス …

川萩

【ザ・ファブル The second contact】65話「ムズがゆい男・・・・。」勘づいた男・・・・。

太西公園で佐藤とアザミがルーマー達とやり合う中、ルーマーのB班は倉庫に向かった。しかしB班の片方は鈴木だったので、もう一人を取り押さえただけで倉庫の騒動は起こらずに終わってしまった。 スポンサードリン …

潜入洋子

【ザ・ファブル The second contact】21話「潜り込む女・・・・。」潜り込ませた本当の気持ち・・・・。

紅白組が真黒組と火種を作ろうと動き出した。真黒組の海老原は最初の難癖を退けたが、紅白組の松代はルーマーと呼ばれる裏組織と連絡を取った。それを知らない佐藤達。洋子はオクトパスの田高田社長の所に転がり込み …

川萩

【ザ・ファブル The second contact】28話「好きにする男・・・・。」自分のコースを見つけた男・・・・。

紅白組が真黒組を乗っ取ろうと動き出していた。紅白組はルーマーという、ファブルに匹敵する組織を動かして裏社会のさらに裏から攻めようとしていた。 スポンサードリンク スポンサードリンク

真黒組

【ザ・ファブル The second contact】41話「ラジカセの男・・・・。」トップが違えば 組織も変わる・・・・。

海老原がルーマーとのやりとりで重傷を負い、一時戦線離脱。海老原は先の先を読んでいて、万が一の時のために組長代理を務める人物の名前が書かれた封筒をアザミに渡していた。封筒は二つあり、白の封筒には海老原が …