みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

喧嘩稼業

【喧嘩稼業】別巻「コミックDAYSで単行本購入、この条件で読む読者はいるか?」「その条件で、読ませていただきます」

投稿日:2018年5月9日

喧嘩稼業の別巻がようやく来た!というか忘れていた… メールで「プレゼント付与完了のお知らせ」が来るまで気づかなかった… コミックDAYSのプレミアム会員になって単行本の10巻を買った後はいつ届くのか?と毎日マイページをチェックしていたというのに…

状態は刻一刻と変化している
俺の興味を引く
ベストポジションは
すでに移っている

そしていつのまにかチェックするのも忘れていた… マイページを開いても雑誌のほうを観るだけで、下にスクロールして「購入した作品」を見るのも忘れていた… 気を抜いていた… 泊手の大家・松見坂興毅が俺を見れば、頭上に吊るされた岩は見えなかっただろう…

スポンサードリンク

嵐のような喝采が続いている

別巻の内容は―――

・名護夕間の修行時代
・インドネシアでの剣道家との勝負
・アメリカ軍人と”素手”対”銃剣”の勝負

今まで名前は出てきたが、知らない人だから透明人間的に扱ってきた名護夕間の半生が書かれている。それが面白い!

嵐のような喝采が続いている

描き下ろしの挿絵もある!
別巻 中身
これでスポーツ推薦で勉強もしないで大学に行ったヤツも途中で眠くならずに読めますよ! それに行間もけっこうスカスカだから…いや、広くて読みやすい!!

嵐のような喝采が続いている

途中で臨時ニュースが流れるシーンがあるが… ヤンマガで喧嘩稼業中にシームレスで臨時ニュースに移行したのを見た者ならヒヤッとするから気をつけろ!!

嵐のような喝采が続いている

改丁版だから―――「…俺…馬鹿だから加筆改丁される前の実物の別巻がなくて… あの…今すぐ改丁された部分を知りたいんすけどどうすればいいすかねぇ?」と思ったが、前よりも良くなったんだろうから改丁される前を知らなくてもいいじゃない。改丁最高ぅっっ!!!

嵐のような喝采が続いている

名護夕間のことを描かれているが『梶原柳剛流の梶原大門』と『板垣組の組長』も顔を出す。この時から繋がりがあったのか。梶原修人が板垣組を選んだのは工藤優作と腕試しをするためだったが…天運で決まっていたのか!? この舞台。運命のめぐり合わせ。興奮している。熱くなっている。感情が昂ぶりすぎだ…

嵐のような喝采が続いている

櫻井が田島に向かって「御殿手(うどぅんでぃ)はどうなった?」と聞いていたが、「うどんて」ってなんだよ。うどん屋の事か? 身体作りにはトレーニングだけでなく食事も大事だからな。それとも??日本語の比喩的表現? 透明人間的に扱っておこうと頭の奥に閉まっておいた『御殿手』のことも書かれている。御殿手とは琉球王家の門外不出で一子相伝の拳の事。名護夕間は次男だから継げなかった。兄の名護夕武が継いだんだろうが… 現在の御殿手はどうなった?

嵐のような喝采が続いている

名護と梶原と板垣組、それに御殿手も出てくるが、この別巻を読まなかったとしても喧嘩稼業の本編には影響はない。別巻は読者サービスだが、別巻を読めなかった読者に対しても優しい。さらにコミックDAYSの売上にも貢献していて講談社にも優しい。『喧嘩』とタイトルに付いていながらこんな優しい事があっていいのか?「木多先生の漫画は、読者から搾り取って殺すためのものではなく、企業の成長を促すものです」

嵐のような喝采が続いている

俺は木多先生の才能が怖い。漫画を描いても一流。小説を書いても一流。何をやっても一流すぎる。神は木多先生を贔屓しすぎなのではないだろうか。

嵐のような喝采が続いている

しかし筆の早さは…

読者や編集部から
嵐のような催促が続いている

1日。
2日。
3日。

描かない。1日1日が長く感じる。

5日。
6日。
7日。

描かない。1日ごとに担当者の緊張感が増す。

8日。
9日。
10日。

描かない。木多先生は焦っていない。自分は集中できたら描けると思っている。

読者や編集部から
嵐のような催促が続いている

わかってねーな
試合と違って「よーいドン!」で
始まるわけじゃねーの
わかる?

日本武道教育を復活させようと動く男、政治家の葉森源内。ようやく引き出した条件が

・素手の名護夕間が、銃剣を持ったバートランド・ドイル中尉と戦う

さらに暗黙のルールが。

・日本人は殺されても文句をいわない
・米人に怪我をさせてはいけない

むちゃくちゃじゃねーか! それを受けた葉森は無能じゃねーか!! 試合条件を決める時から喧嘩はもう始まっているんだよ!

しかも勝手に名護が女遊びが激しいやつだと思い込み、呉服屋の主人に名護への手土産をあげてしまう…先を読めないのか? 葉森は武道家ではあったが喧嘩は弱いようだな。

厳しい条件を飲んだ葉森だったが、勿論自分では受けない… そして日本代表として名護に頼む時は土下座をする葉森。土下座は行為だけであって葉森のプライドを差し出したのみ。金も出してはいない。自分の身は出さず、金も出さず… さすが政治家。自分の身を守ることには一流というわけか! ははっコイツ、実は強者だな!! 喧嘩強いな!

葉森「責任転嫁…
政治家にとっては当たり前だよな」

残心か…
やったことないからな…
できるかどうかわかりませんよ

名護とドイル中尉の対決を観る梶原大門。戦いの中の名護夕間の意図を理解する梶原大門は強者か。

その試合でしっかり残心する名護夕間。相手が「負けました」というまで残心を解かない名護夕間。

陰陽トーナメントで朦朧状態とはいえ、残心しなかった梶原修人。朦朧状態ならなおさら身体に染み付いている動きを自然としてしまうんではないか? 梶原柳剛流には残心はなかったのか?

梶原修人「ああ…畜生…
梶原柳剛流に残心さえあればな」

健忘症の男の師匠は
かなり教え上手だな
あの忘れっぽい頭で
アンダーグラウンドを
生き残るなんて考えられん
指導者がケタ違いに優秀なのだろう…

櫻井裕章がシラットを使えるのは「近代シラット」の体系作りを名護夕間が手伝ったからか。

名護夕間は身長が2メートル近い軍人に「銃剣で受けなければ死んでいた」と思わせる正拳突きを打てるとか化け物じゃねーか! そのほかにも一撃で野牛の頭蓋骨を砕いたり… 弟子の山本陸は熊を倒したがウソでもなさそうだな。
そういえば名護夕間の最後の弟子である櫻井裕章も、牛を手刀の一撃で倒している。アンダーグラウンドでは櫻井が手刀で相手の腕と頭の骨を砕いたりもしている。櫻井の鋼の肉塊も、名護夕間のように鍛え上げた身体だからできる芸当だろう。そして陰陽トーナメントでは試合前に入江文学の動きを観察していた。
櫻井裕章
櫻井は頭上の岩の警戒も怠らない。健忘症になっても…いや健忘症だからこそ無駄なことを考えずに師匠である名護夕間の教えに忠実に動いているのか。

櫻井裕章は名護御殿手13代宗家の櫻井武吉を父に持つ。櫻井も御殿手を受け継ぐ資格があるのか? でも櫻井に子供はもう… 文さんのせいで一子相伝の拳が途切れてしまう… 富田流も一子相伝なのに自分の子供も作らず、よそ様の流派も潰すなんて… あん?腹違いの兄弟の田島彬が御殿手を受け継げばいいのか?

櫻井武吉「少子化問題を考えて
腹違いを作っておいた
ラッキーだったな」

愛人作りの扱いに
もっとも長けた男
人は彼を
“隠し子コレクター 櫻井武吉”
と呼ぶ

武道は野蛮なものではなく、
日本の精神文化に根付いているものです

「自分がやっているのは”武道”ではなく”武術”だ」と言った名護夕間。しかしその武術を使って米兵からパンパンを助けた。インドネシアでシラットを復活させるために、剣道家の木佐貫元との喧嘩でその武術が役に立った。その武術で戦後、折られそうになった日本の魂を立ち上がらせた。

名護夕間はドイル中尉の銃剣を破壊。
アメリカが信頼している銃を破壊。
アメリカに負けた日本の拳でアメリカの信頼している銃を破壊。
身体を傷つけずに魂を破壊。
そして和解。

名護夕間「自分の手は武道ではなく武術。”マーシャルアーツ”とも違います。自分を守り。家族を守り。仲間を守り。弱者を守る。それがなければ自分の存在価値はない」

武道か 武術か
生きる道か 生きる術か

魂を失っていない武術は必ず繋がる。
正しい精神の武術で舞う。
人を助ける武術は芽を出し。
正しい術(すべ)を使って生き続ければやがてそれは生きた道になる。
正しい武術は必ず武道へと繋がる。
繋がる。

武術は武道へと繋がる。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-喧嘩稼業
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

喧嘩稼業9巻

【喧嘩稼業】9巻 ヤンマガ掲載を休んでもらった甲斐がありました 9巻を開いてご感想したい事があります

喧嘩稼業9巻 表紙は里見賢治。 なんで?!? どうして!!!? 第3試合の続きのはずなのに里見が表紙? スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ da …

喧嘩稼業コミックス 櫻井裕章

【喧嘩稼業】第8巻 ぼ・ぼ・僕 し・知ってる き・木多さんがほ・ほ・本当は優しい事 き・木多さん た・た・単行本と…の……単行本のために か・書き下ろしを書いていた…

喧嘩稼業8巻。 田島「あなたが兄さんだったんですね」 収録されているのは 『十兵衛がリードパンチを出す』回から『第3試合で文学がイヤーカップを当てる』回まで。 さらに佐川兄弟のエピソードも掲載(このエ …

金隆山

【喧嘩稼業】77話 夢斗の師匠はかなり教え上手だな 指導者がケタ違いに優秀なのだろう… あ~あ…俺も夢斗の師匠みたいな人に出会いたかったぜ

陰陽トーナメント1回戦第4試合 川口夢斗 対 金隆山 試合開始直前!   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched …

第4試合 川口夢斗 対 金隆山

考察【喧嘩稼業】1回戦第4試合「この試合の勝者の理由」 設定!!『確かめよう!! 相撲取りって筋肉凄いらしいけどそれに見合うだけ本当に強いのかよ!!!』『手をついたら止めるじゃん!!!』『お前が行くのだ!! 防御不能の蹴りを使うゴリラの落とし子よ!!!』

陰陽トーナメント1回戦第4試合 川口夢斗 対 金隆山康隆 勝敗が決した。 まだ試合結果を知らなくてネタバレを見たくない人は見ないで下さい。 スポンサードリンク data-matched-content …

【喧嘩稼業】65話 僕はこんなにも「事実上の決勝戦」を有効に使った事例を知らない

陰陽トーナメント1回戦第3試合 入江文学 対 櫻井裕章 文学の先制攻撃で櫻井の右耳鼓膜破裂!   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ …