みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

彼岸島

【彼岸島48日後…】272話「雨の日」もう何一つ信じない… 豹丸様という名前でもヒョウ柄を期待しない…

投稿日:

血の楽園に潜入しようとしていた明達。潜入するための血の樽を奪いに来た姉弟と知り合った。姉弟も血の楽園に入りたがっていたので、目的が一致した明は一緒に血の楽園に行こうと誘い出すが…

簡単にネタバレ
信じるわけないでしょ
痛いほどわかってる
人間が一番信用できないのよ

スポンサードリンク

あらすじ

姉弟の弟のほうは明の誘いに乗ろうとしていたが、姉のほうは信用出来ないと言い出した。弟と口喧嘩を始めた姉は、部屋を飛び出していってしまった。

弟の聡によると、姉は食料を分けてもらおうと人間のすみかに行ったが、襲われて帰ってきたという。それからは姉弟しか信用しなくなってしまっているのだった。

明達は姉を待っている間、弟も含めて食事を始めた。

明達は弟の聡とは打ち解け、血の楽園に入る目的を明かした。

聡「でも血の楽園に入ったら気をつけてくださいね。 あそこには雅の息子って呼ばれるアマルガムのボスがいますから」

くわえ箸

聡は吸血鬼の中に潜入していた際、血の楽園のボスが『豹丸様』と呼ばれている雅の息子の一人だと聞き出していた。

そして豹丸様が高速道路を通ると聞き、姉と見に行ったという。

高速道路上には、血の楽園に入れてもらえるように豹丸様に頼み込もうとしている吸血鬼達でいっぱいだった。

そこへ豹丸様が現れた。

豹丸様は上半身が人間、下半身が獣の、半人半獣の姿をしていた。

豹丸様

感想

寝言言ってやがる
どんな平和な夢見てるのやら

明達を信用しない姉「特にその でかいハゲは信用できないわ」

でかいハゲはともかく、変な腕をしちまってる子供のことは気にならねェのか? 鮫島が信用できねェのは壁に押さえつけられちまったからか? あんな過去があると、乱暴されちまったら信用できねェのもしょうがねェ。勝次の腕を見ても気にしねェのは、盲目の弟を変な目で見てほしくないから、腕が少しおかしい子供がいても気にしねェ。そんな奴もいるだろうということか。コレが多様性を受け入れてるっていう事なのかァ?

信用しない姉に弟も説得するが、耳を貸さない。そして部屋を飛び出していってしまった。

姉貴

ちくしょう
この一連の流れに
「女心と秋の空」の
ピッタリ具合が半端ねェ

姉弟しか信じねェ
だから一緒には行かねェ

信用している弟が反対する

弟の意見を信じずに
「じゃあアンタが一人で行けばいい」

目が見えねェ弟を
信用できねェ人間と一緒にしたまま
放り出して飛び出していく

ンだよこのクソ姉貴!ワケわからねェ!! 姉弟しか信用できないと言いながら、弟の言葉を信じねェで、信用できない人間達のところに、盲目の弟を残したまま出て行きやがった!! 一貫性がなんにもねェ!! なんだかんだ言いながら、自分の言い分が通らなければ八つ当たりして逃亡!! やべェ!コイツ、超めんどくせェぞ! 口喧嘩をしちまったら、どんだけ論理的に言っても聞かずに、コッチが折れるまで負けを認めねェタイプだ!! でもこの行動を見て「これだから女ってやつは」とかいうことを言っちまうと、マスコミに言いふらされちまって世界中からフルボッコにされちまうパターンじゃねェか! こんなの絶対罠なんだから。これに文句を言っちまうと社会的に抹殺されちまって、五輪終…いや、ご臨終になっちまう!!

ちくしょう
そんな事があったら
そら 兄弟愛に共感するようになるよな?

姉が姉弟以外の人間を信用しないのは、食料を貰おうと人間達の住処に行くと、食料を貰えなかったばかりか、乱暴されてしまったからだった。

お涙頂戴

姉貴は戻ってくる間に足首に引っかかっているパンツぐらい履けよ!とかツッコミどころはあるものの、内容は悲惨な過去話を聞いちまった後なのに… 明は「君だけでも我々と同行する気はあるのか?」
やべェ!なんたる冷血漢!! しかも「同行する気は”ない”のか?」ではなく「”ある”のか?」と、さりげなく「ある」ほうを提示して「同行するのが当然だよな」って感じで誘導しやがる! 兄貴が雅の下僕になっちまった悲しみを忘れちまったのかよ! 篤を自分の手でヤラなければいけなくなっちまった悲しみは忘れちまったのか? 兄弟愛は忘れちまったのか? 一人っ子の勝次でさえ、姉弟一緒がいいもんなと言っているのに!!

こんな所で
先生ェの表現力の高さに
あずかるとはな

姉が帰ってくるのを待っている間、食事を始める明達。

くわえ箸

このハゲ、くわえ箸! マナーがなってねェ… いくら殺伐としちまった世界になっちまっても、小さい頃から身につけたマナーというのはなかなか抜けねェはず。このハゲ、どういう教育をされたんだ?って…思いだしたら鮫島(弟も含め)は、父親からDVを受けちまっている暗ェ過去が… 親からマナーを教えてもらってねェということをサラッと描く。先生ェの人間描写の上手さよ。

聡は、姉と一緒に雅の息子を見に行った時のことを語る。

容赦ねェ

聡が「目が見えてないんでほとんど姉貴の解説頼りでしたけど」と言ったのに、直後の質問で「どこで見たんだよ お前」って、見えねェって言ったばかりじゃねェか!! いくら本人が気にしてねェとはいえ、ちょっとは気を使うとかしねェのかよ!! 鮫島自身も片目を失っちまって、目が見えねェ不便さは共感できる所があると思うんだが… 辛ェな… 虐待されちまった子供は、親になると虐待しちまうという悲しい連鎖があるというが… この気遣いが出来ねェ、共感を持たねェ鮫島を見ちまうと… 事あるごとに両親に兄と比べられちまって苦しんでいた明が、姉弟の絆に共感してねェのもやはり… 社会のホラーな部分も描写する、真のホラー漫画よ。

コイツが豹丸様
見ての通り
柄にもない奴だ

姉弟が見た雅の息子は『豹丸様』と呼ばれていて、半獣半人の姿をしていた。

豹丸様

コイツが豹丸様
見ての通り
下半身が虎の奴だ

豹丸様、超でけェ! 彼岸島に出てくる化け物としてはカッコイイデザインじゃねェか! そしてさすが『豹丸様』と呼ばれるだけあってヒョウ柄! へ? 下半身は虎柄じゃねェか! よく見れば顔は隈取!! 顔は隈取、肩周りが豹柄、腰周りは人間、下半身は虎柄。ヒョウの要素が少ねェ!! ひいいいいいいい! 虎柄の面積のほうが多いじゃねェか!! これなら虎丸様じゃねェのかよ! 名前が虎丸様だったら、血の楽園に潜入する時に「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とか上手ェ事言えたじゃねェか! コイツを豹丸様って名付けた奴の目は節穴かァ? 周りの吸血鬼達も「アイツ、豹というより虎じゃねェか!」と疑問を持たねェのか?

豹丸

もしかして周りの吸血鬼達には気を使われていて、豹丸様は自分の体は虎柄のほうが多いと気付いていねェんでは… 「王様の耳はロバの耳」ならぬ「豹丸様の柄は虎の柄」と言えねェのでは…

豹丸様!
周りの吸血鬼達は
気に入られたいから
態度が豹変していると
気づいてくだされ
豹丸様ァ!!

スポンサードリンク スポンサードリンク

-彼岸島
-,


  1. 匿名 より:

    ゆかぽんのグフッがじわじわくる

  2. 匿名 より:

    血の楽園に入るなら弟だけで十分だからな、乱暴される役割が終わった姉は用済みだな

  3. 匿名 より:

    虎はドォンドォン足音をたてないんじゃないですか、先生ェ?

  4. 匿名 より:

    先生ェ、それは豹丸じゃなくて虎丸なんですが、、、

  5. 匿名 より:

    上様www

  6. 匿名 より:

    弟は目が見えないなら、姉貴は見てる方を指差す必要ないと思うんだが・・・

  7. 雅の息子の息子 より:

    豹丸…こいつもまたいじめられっ子設定かな?www

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キョロちゃん

【彼岸島48日後…】149話「テリトリー」松本光司様ァ!! この漫画がやべェ領域に入ってる事に気づいてくだされ松本光司様!!

要塞化した東京に侵入するために地下から入った明達。 地下鉄の駅で”雅の息子”と呼ばれるアマルガムと遭遇。 明と雅の息子の激しい戦闘が始まった! スポンサードリンク スポンサード …

ネズミ 要塞化した東京の壁

【彼岸島48日後…】129話「サイレン」あったよ!壁を壊すための邪鬼が!! でかした!

金剛を倒し、明、鮫島、勝次、ネズミは精二の案内で東京を目指していた。 東京の傍まで来ると東京外環道を使って壁が作られていた。 スポンサードリンク スポンサードリンク

彼岸島 明

【彼岸島 48日後…】60話「金槌」

あったよ!彼岸島 48日後… 第60話「金槌」の感想が! でかした! このページはネタバレだからちくしょう!!! スポンサードリンク スポンサードリンク

灰

【彼岸島48日後…】263話「灰」あったよ! 一気に片付ける方法が!!

明達は雅の息子の一人・蟲の王を倒すため、自衛隊と組んで国会議事堂の地下に乗り込んだ。追い詰められた蟲の王は地上に逃げたが、明は追いつき、蟲の王の首を撥ねた! なんだよこのネタバレだらけの汚ねェ記事… …

エテ公

【彼岸島48日後…】128話「東京の壁」すげェ!! なんだコイツ 人見知りでマスク被ってるけど超危険を察知するぞ!!

金剛を倒し、鮫島の弟の精二を助けた明達。 雅がいる要塞化した東京に入るため、精二の案内で東京へ向けて歩き出した。 スポンサードリンク スポンサードリンク