みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

彼岸島

【彼岸島48日後…】284話「隠れ場所」臭ェ… 腐れ縁……

投稿日:

血の楽園の手前にある無法地帯で明達はアマルガムのバサバサ様に襲われた。明と鮫島以外は血の楽園への関所を通過することに成功。無法地帯に残った明と鮫島はバサバサ様を相手にするが…

ちくしょう 震えが止まらねェ
ビビって萎縮しちまう
なんてネタバレ感だ!!

スポンサードリンク

あらすじ

バサバサ様は明の強さを見抜き、明に攻撃を集中する。

明が防戦一方になっている隙に、鮫島は松明の足になっていた棒をバサバサ様の頭に突き刺した。

怒ったバサバサ様は鮫島を追いかけだす「ソコノ… クサレハゲ……」

クサレハゲ

鮫島はなんとか紙一重で攻撃を躱す。

鮫島「くっ こんなの毎回かわせねェよ!!」

明「一時撤退しよう!! 来い!!」

明と鮫島は関所とは反対側に逃げ出した。それを追いかけるバサバサ様。

逃げる先には吸血鬼達がいた「ヒイイイ バサバサ様が戻ってきた!!」

吸血鬼達をかき分けて走り抜ける明と鮫島「どけどけっ ザコ共ォォ」

バサバサ様は吸血鬼達を食いながらまだ追いかけてくる「ジャマヲスルナ… マテ… クサレ ハゲ…」

吸血鬼が障害物になり、明達とバサバサ様の間は距離が空いた。

明「よし この辺りを暗くしよう 火を消すんだ!!」

鮫島は通路にあったかがり火を消し、台にしてあった棒を持つ「ついでに武器も」

そして明と鮫島が隠れた部屋は吸血鬼達のトイレだった。

鮫島は出ようとしたが明は止める「いやここがいい この強烈な臭いで奴の嗅覚を無効化できる 隠れるにはもってこいの場所だ」

鮫島も納得し、トイレに隠れることに。

バサバサ様の足音が近づいてきた。

明「鮫島 アイツが通り過ぎたら 俺を奴の頭上に投げてくれ たたっ斬る」

鮫島「任せとけ明 お前と仲間でよかったぜ」

バサバサ様は明の言う通り、嗅覚が効かなくなったのか、明達が隠れているトイレを通り過ぎた。

そして打ち合わせ通り、鮫島がバサバサ様の頭上目掛けて明を投げる。

気配に気づいたバサバサ様が振り返ったが、その瞬間、明が仕込み刀で顔面を斬りつけた。

感想

雑念がないってレベルじゃねェぞ!

鮫島の不意打ちで逆上したバサバサ様は鮫島を執拗に攻撃しだす。

クサレハゲ

キレたら無茶苦茶に腕を振り回す!
泣いたらパワーアップしちまう○○君
みてェだからちくしょう!!

吸血鬼を食べていたら「あっちに人間がいる」と聞いて吸血鬼そっちのけで追いかけ、明が強いと見ると明ばっかり攻撃して鮫島から不意打ちを食らい、今度は不意打ちをしてきた鮫島を執拗に追いかけだす。鮫島が「アマルガムだから、ちゃんと知能があるのか!!」って、上から目線で言っちまっていたが…バサバサ様は物事一つずつしか考えられねェのかよ!! 超知能低いじゃねェか!

へ? でも前回の明に集中していたバサバサ様の攻撃を見たクサレハゲは…

前回のクサレハゲ

そして今回のキレてパワーアップしたバサバサ様の攻撃を見たクサレハゲは…

今回のクサレハゲ

ヤベェ! このハゲハゲ様も1つの事しか言ってねェ!!

やめんか
争いは同じレベルの者同士でしか発生しないんじゃ

バサバサ様「すまない
 ただちょっと栄養がほしくて」
吸血鬼「補給食だなんて… そんなそんっ」

来た道を戻ってきた明達。その先には吸血鬼達がまだいた。明達はかき分けて通り抜けるが、大きい身体のバサバサ様はそうはいかない。

バサバサ様

「ジャマヲ スルナ…」と言いながら吸血鬼を喰ってやがる! コイツは一つのことしか考えられなかったんじゃねェのかァ?

ハ これも一つの
彼岸島流 パン食い競走ってやつだな

やっていることを「パン食い競走」と考えれば、一つの事しか考えられなくても走ることも食べることも出来ちまう!! なるほど考えちょる。

存在感がないんだ!!
コイツ 怒りで
お前を殺す事しか
言っていない!!

逃げる明達はかがり火を消して隠れた。

鮫島の迷彩服はカモフラージュになるんじゃねェのかよ! 迷彩服を着ている鮫島はバサバサ様に見つからずに不意打ち攻撃できちまったし、エロ金剛にも不意打ち出来たし、雅にも見つからなかったじゃねェか!!

スッ

そういえば、バサバサ様から隠れる前にかがり火を消した。雅の時は夜で周りが暗かった…って光! ハゲは光を反射するから光のある所では見つかっちまうのか! 明という光がなければ光れねェ鮫島らしいじゃねェか!

雅を倒すと言っちまったくせに
最近のクサレハゲは敵にビビリすぎで
光るところが全然ねェからちくしょう!!

クサイ所のクサレハゲ

ちくしょう
避難場所がトイレしかねェ奴が
ビビって萎縮しちまっていると
友達がいねェ奴 感が半端ねェ!!

ちゃんと結末を考えておるのか?
このクソ漫画の話を

明達はバサバサ様から隠れることで視覚では感知出来ないようにし、静かにすることで聴覚でも感知できなくなった。そしてトイレに隠れることによって嗅覚でも感知出来ないようにして完全に隠れることに成功した。

この彼岸島、汚物でニオイを消すの、多くねェか? 斧神と一緒にクマのフンでニオイ消し。エテ公から逃げるために人糞でニオイ消し。東都ドームでの武闘会でトイレに隠れてニオイ消し。そして今回もトイレで… ンだよ このクソ漫画! この彼岸島はセリフでも「クソ」がよく出てくるが、物体そのものもよく出すぎじゃねェかァ!? くっ こんなの毎回は見たくねェよ!! この漫画、クソの出番も漫画の連載も便秘知らずで止まらねェ!

こんな世界一 汚ねェ漫画でも
続いてるってのは 嬉しいなァ

彼岸島は長期連載になっちまってるが、先生ェには健康に気をつけてほしいなァ。あの作者には彼岸島よりも細かく絵を描くガッツがあったが、もうガッツは見れねェとはなァ… 作者にとっても読者にとっても辛ェ終わり方になっちまったなァ…

それは ストーリー漫画の単行本と言うには
あまりにも長すぎた
大きく ぶ厚く 重く
そして 大袈裟すぎた
それは 正に 鑑戒だっ

矛盾する想いがある
結末は見たいが 終わってほしくない

『ベルセルク』の作者・三浦建太郎先生のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

翼があっても自由じゃない
それがバサバサ様って生き物だろ

鮫島に上空に身体を投げてもらい、明はバサバサ様の頭上から斬りかかった!

がああああ

このバサバサ様の頭に刺さっちまっている棒のせいで
明の妖気を感じて振り返った鬼太郎
みてェに見えるからちくしょう!!

また明の上空からの「があああ」斬りかよ! 拷問野郎にも蟲の王にも失敗してたじゃねェか!!…って今回は成功した! アマルガムの蟲の王はともかく、拷問野郎にも通用しなかったのにバサバサ様には有効なのかァ? そういえば鮫島の不意打ち攻撃も頭上からの攻撃だったぞ? このアマルガム、頭上からの攻撃は弱ェのか? 無法地帯の吸血鬼には強ェのに。上からの攻撃に弱く、豹丸様がいる血の楽園への貢物には手を出さねェし、関所を壊す様子もねェ。

コイツがバサバサ様
上には弱く下には強い
見ての通り
「上の者には頭が上がらない」
の言葉がピッタリの奴だ

スポンサードリンク スポンサードリンク

-彼岸島
-,


  1.   より:

    やめんか、体にオソマを塗りたくってキムンカムイとウコチャヌプコロた大先生にはかなわないんじゃ

  2. 匿名 より:

    雑念がないんだって台詞が彼岸島らしいよくわからん言葉使いだよなあ

  3. 雅の息子息子 より:

    明さんとガッツの共演見たかったなぁ…
    先生もとりあえず彼岸島の最終回描いとかないと
    ベルセルクの二の舞になるよ~
    クソの回がラストになる地獄の展開もあり得るなw

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

彼岸島 鮫島

【彼岸島 48日後…】64話「鮫島」

あったよ!彼岸島 48日後… 第64話「鮫島」の感想が! でかした! なんだ このページ。超ネタバレあるけど フン 健康で何よりだ スポンサードリンク スポンサードリンク

【彼岸島48日後…】103話「賛同者」ここにきて話を進めないなんて… 先生ェはもう完全に大悪魔だ…

要塞化した東京にはいる方法を知っている鮫島の弟・精二を助けるため、亡者にされちまった吉川の仇を討つため、金剛のアジトを目指す明達。 道中の関所で、金剛がアマルガムに目覚めたときを知っている吸血鬼に会う …

投げやり勝次(小4)

【彼岸島48日後…】305話「戦力」この漫画、仕込み刀は外しても 狙いも読者の予想も外さねェ!

血の楽園の特別区の門番、アマルガムの凸様と凹様のコンビに苦しめられている明。明は2体のコンビネーションにスキを突かれ、合体技に持ち込まれてしまった。そのまま明は凸様の頭と凹様の口に挟まれてやられてしま …

姑獲鳥

【彼岸島48日後…】206話「入場」このサブタイトルに嘘偽りないからちくしょう!

勝次が景品にされてしまった武闘会に明が変装して参戦。 姑獲鳥も参戦していて、とうとう決勝で明と当たることになった。 スポンサードリンク スポンサードリンク

吸血鬼

【彼岸島48日後…】222話「I.R.T」このフロアのすべてのアイドルは俺の物!! 億万長者の気分だぜ!!

姑獲鳥を倒し、雅を探す明達。噂では国会議事堂に吸血鬼が集まっていると聞くが… スポンサードリンク スポンサードリンク