みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】87話「下山の男・・・・。」兄さんがスペシャルな理由が明らかに―――

投稿日:2016年9月5日

山篭りをしている佐藤とクロ。
予定の2泊を終え、下山をする―――

 

スポンサードリンク

あらすじ

朝になり、川で顔を洗うクロ(兄さんが何度も言うてたように… 確かにキャンプではなかったな―――・・・・ いろいろあったけど… 昨晩はスゴかった――― 熊にはマジでビビッたな―――・・・・)

佐藤の言葉「身近にあるもので工夫する――― 山で経験する事は――― 正反対の街でも似たような応用が効くという事―――」を思い出すクロ(街じゃ確かに要る物は買えばいい 百均や通販――― ここじゃそうはいかない――― ヘビやカエル、バッタ一匹捕るにしろ・・・ 知恵をしぼった―――)

起きてきた佐藤「おはよ――― ゴメンな――― 熊にヤリ投げしたおまえのドス・・・ 探したが見つからんかった―――・・・・」

クロ「あ~ いえいえ! そんなんいいですよォ――― 兄さんひとつ聞いていいスかぁ? 兄さんの仕事の道具とかって――― もしかしたら そこらで買える物ばっかりですか・・・?」

佐藤「あ――― 銃以外はそこらで普通に売ってる――― 足らない物は必要に応じて作る――― スペシャルな物はない――― ターゲットも本気であがくからな・・・ そうすると想定外の連続や――― 計画通りにはいかない事が多い――― だから知恵と工夫をこらす習慣をこうゆう所で・・ 俺もまだまだ勉強中やけどな・・・」

佐藤「スペシャルはこの身ひとつ――― になるといいな」
fsaburu87b.jpg
佐藤「さあ下山しよか―――」 クロ「はい―――」

佐藤「下りのがキツイし危ないから気ィつけれよ―――」
下りでは滝を飛び降りたり、イノシシに追いかけられたり、蜂に襲われたり、さんざんなクロ。

約束通り、車で迎えに来た洋子「さすがアタシ――― 5分前に到着―――!」

佐藤達を発見する洋子「兄と――― 誰ッ・・・・?」クロの鼻は蜂に刺されて腫れ上がっていた。

帰宅する佐藤達。車内での会話。

洋子「どう?山籠りは?何か成果あった?」

佐藤「いや――― ふつう―――」クロ「兄さん――― 熊と闘いましたやん!」

洋子「えっ!?マジ!?熊とォ~!?」

佐藤がクロに物を手渡す「ドスなくしてしもたからコレやるよ――― ブラックホークってナイフ――― 山行く用に買ったが今回使わんかったから―――」

クロ「えっ!?マジっスか!?もらっていいんスか!!」

佐藤「昔 俺が愛用してたナイフや――― 熊の眼に刺してなくしてしまったのもそれや―――」

洋子「よかったじゃん クロちゃん――― 記念品みたいで~」

クロ「ありがとうございます!!大事にしますッ!!」

感想

佐藤が山籠りする理由が特別な物は使わず、身近で手に入りやすい物を使い知恵と工夫でプロとして対応―――できるようにするため―――
『銃以外は』って言うてたけど小島編では銃のバレルと弾丸も作ってた――― 佐藤が『身体だけがスペシャル』な存在になる日は近いか―――?
イノシシに追いかけられる佐藤とクロ。
兄さん楽しそうや―――
fsaburu87a.jpg
こんな笑顔はジャッカル富岡を見るときぐらいやったのに――― クロを気に入ったか~? それとも洋子が河合を見つけた時みたいに新しいオモチャを見つけたみたいな感覚か~?
山籠りを終えたクロはファブルに入れるのか―――? 佐藤の仕事のやり方を聞いてちょっとは成長したと思うが、ファブルに入るにはまだまだ不安―――。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル】129話「速い男・・・・。」仕事が早いプロ達・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 牧ノ川傍の林道で待ち構えていた宇津帆達。 だが、佐藤は宇津帆達を簡単に倒した。 後はヒナコが踏んだ …

洋子の要項

【ザ・ファブル】224話「複雑な男・・・・。」単純な理由・・・・。

山岡は佐藤がボスの命令で消しに来ると知り、喜ぶ。洋子はマツと一緒に京都へ二郎捜しに出る準備をしていた。オクトパスでは佐藤とミサキ、アザミが泊まることになった。 スポンサードリンク data-match …

【ザ・ファブル】180話「筋金入りの男・・・・。」筋違いの肝いりの話・・・・。

バレンタインデーの次の日――― 洋子に「話がある」と呼び出された山岡は洋子の家に訪れた。しかし洋子は山岡を「両親を殺した男」だと思い、死角からフライパンで殴ろうとしていた。 スポンサードリンク dat …

佐藤さんの兄貴分気分

【ザ・ファブル】237話「父親の男・・・・。」腰を据えるようになった男達・・・・。

山岡の件が片付き、佐藤達はボスから「組織を抜けてふつうの暮らしをしろ」と命令された。佐藤は田幸田社長に「オクトパスを辞め、旅に出る」と打ち明けた。そして一夜が明け・・・・ スポンサードリンク data …

佐藤 ヒナコの手紙

【ザ・ファブル】134話「演じる男・・・・。」二の舞を演じないように反省する男・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 宇津帆は鈴木がとどめを刺し、逃亡しようとしていた井崎も鈴木が始末。井崎が持っていた逃亡資金はクロに …