みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

僕たちがやりました

【僕たちがやりました】このまま終わるのか?

投稿日:2016年2月15日

高校生が平凡な日常から一転!ある事件を切欠に逃亡生活に!
シリアスなシーンだけでなくコミカルなシーンもある青春漫画。

スポンサードリンク

あらすじ

ネタバレ注意

1話から42話までの大雑把なあらすじ

高校生のトビオは友達のマル、伊佐美とOBで金持ちのパイセン(20歳)とつるんで平凡な日常を過ごしていた。
ある日、マルが通っている高校の向かいの矢波高校(ヤバ高校という名前どおり、不良がいっぱい)の不良にボコられる。
仕返しにパイセンは矢波高校に小型のお手製爆弾を仕掛ける。
爆弾を爆発させて矢波高校の生徒を驚かして笑っていると、いきなり大爆発が起こって死傷者が出てしまう。
未成年で高校生のトビオ、マル、伊佐美はまだしも20歳のパイセンは捕まるとヤバイということで、パイセンはトビオ達に口止め料としてそれぞれに300万円を渡し、それぞれが警察や矢波高校の生徒に追われる逃亡生活に。
追い詰められ、もう終わりかというところで、爆弾を仕掛けたと名乗る真犯人が出頭。
トビオ達の逃亡生活は終了する。

42話まで読んだ感想

とにかくマルがクズすぎるw 友達の逃亡資金を奪って豪遊しといてトビオと伊佐美に責められたら
「もういいじゃん。助かったんだし!! 俺を責めたってお金は返ってこないんだよ?」と言い放つ! パイセンからの追加ボーナス100万円が出て最後に仲直りみたいになったけどトビオも伊佐美もマルのこと許せるのか?しこりが残りそうだけど。
パイセンはアホであんななりだけど金持ってるだけじゃなく友達思いだし(そもそもの事件の発端もマルの仇討ちだし)、心もおおらかで今までのことは水に流そうと言って追加ボーナス出したり(自分で稼いだ金じゃないけど)、いい先輩だなー。
ぼくたちがやりました パイセン

今後の予想

このまま大団円で連載も終わるのか?爆破事件のどんでん返しでまた波乱があるのか?それとも新たな事件が?マルから逃走資金を持ち逃げした金髪外国人はこのまま放置なのか?

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-僕たちがやりました
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【僕たちがやりました】87話(最終話)「ただそれでもいつかもし」これで終わり?

矢波高爆破事件から10年後。 トビオはパイセンと再会し、前向きに生きていこうと決心した…     スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=” …

【僕たちがやりました】66話「掌の上で生きる」この後、パイセンはトビオ達と集結して自首?

とうとう父親に会えたパイセン。しかし父親からは愛されていなかった。生きる価値が無くなったと言うパイセンに「じゃあ死ぬか?」と父親に言われ、ナイフを持った腹違いの弟・玲夢と戦うことになったパイセン。 & …

【僕たちがやりました】74話「GRAND FINALE」僕たちがやりましたって言ったのに…

自首をするためにデモの集会を行っている野外音楽堂のステージに登ったトビオ達。     スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ d …

トビオ

【僕たちがやりました】47話「それが大人になるってこと」 

前回、刑事からこれから一生引き摺ると言われ、「幸せが気持ち悪い」となったトビオ。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched- …

no image

【僕たちがやりました】82話「蓋」償いをせずに楽になりたかっただけと言ったヤツらの末路はどうなる・・・?

矢波高爆破事件から10年後。 刑務所から出所したパイセンがトビオ達に連絡をとり、集まった。 近況を言い合うトビオ、マル、伊佐美。 それを聞いたパイセンは「お前らの幸せが見れただけで嬉しい」と涙を流す。 …