みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル The second contact

【ザ・ファブル The second contact】19話「出てゆく女・・・・。」不覚を取った男達・・・・。

投稿日:

紅白組から抜けたい川萩は、真黒組に匿ってもらっていた。川萩は街を出ることになり元カノの静に別れの言葉を言いに太西公園に会いに行った。そこに待ち構えていた紅白組の組員に2人まとめて拘束されそうになっていたが、通りがかった佐藤が助けて連れ去られはしなかった。そして怪我をした川萩は再び倉庫に戻ってきた・・・・。

スポンサードリンク

あらすじ

佐藤とミサキの部屋

佐藤は電話で倉庫にいる洋子から事情を聞いていた。

倉庫には海老原が来ていて、川萩が太西公園で何が起こったかを話していた。

洋子「どうして やっちゃったのよ―――・・・・ 紅白組の組員よ―――ソイツら~ 正体はバレてないけど―――・・・・ めんどくさい事になってるみたいよ――― しばらく外出は控える事ね~」

佐藤はスピーカーモードでミサキと一緒に聞いていた。

佐藤「わかった――― 何か展開があれば 連絡してくれ―――」

電話を切る佐藤。

ミサキが「佐藤がバカにされて悔しい」と言った事で今回の事が起こってしまったんだと謝る。

佐藤「いや別に――― ミーたんのせいじゃない――― ミーたんの言ってくれた言葉は嬉しかったし――― その言葉に応えようとしたら つい極端になってしまった――― まあ――― そこのバランスが 俺にはまだ難しい―――」

倉庫

海老原は川萩から経緯を聞き終わった。

川萩は倉庫で預かることになった。

アザミ「テントがもうひとつ いるな―――」

洋子

洋子「アタシ 明日出て行くよ――― タコちゃんとこ行くの―――」

海老原「ヨウコはそのほうがいい ここも きな臭くなってきてる――― 佐藤にもしばらくは ここに近づくなと言っといてくれ―――」

海老原はアザミ達にも、コレは組の問題ということで関わりを断る。

松代のいつものバルコニー

松代は、佐藤にやられた組員達から事情を聞いていた。

松代「覚えてない? 二人そろって?」

二人は、相手の男の顔も覚えていないと説明していた。

松代「ちょっと―――カッコ悪すぎやろ ん? まあ・・・・ ええやろ――― とりあえず今日は二人とも帰れ―――」

「あの・・・・ こちらの客人は・・・・・・・・?」組員は松代に質問する

どなた? ルーマー?

松代の隣には今までの話を座って無言で聞いていた男がいた。

感想

“ふつう”の枠から
出てゆく夫婦・・・・。

佐藤は、洋子からの報告をスピーカーモードでミサキと一緒に聞いていた―――。

こういう話はミサキにもオープンにしたんやなぁ―――。まぁミサキも気をつけないといけない案件かも知れないし―――。佐藤は不覚取ったなぁ~。「プロとして―――」より「夫として―――」”ふつう”に行動したのに、行動した場面はプロとして動かなければいけない場面だった・・・・。嗅覚鈍ってきている―――?

ミサキは「ふつうの暮らししか知らない」と言っていたが―――親の借金の肩代わりでバイト掛け持ちしている若い女の子―――元アイドルの女の子も”ふつう”ではないと思うが―――・・・・。”ふつう”じゃない二人が”ふつう”を目指す―――。

佐藤のファッション

まずはその”ふつう”じゃない柄のTシャツ着るなよぉ~! プロな面が薄れた代わりにシュールギャグを習得したのか―――?

太っ腹が出ている女・・・・?

川萩がまた倉庫に住むことになり、洋子は倉庫を出て田高田社長の所に行くと言い出した―――。

洋子

ファブルの絵は引っかかりなく読める絵はしてると思う―――(さらに俺は佐藤・アザミ並の画力しかないから、人の、ましてやプロの絵の事を言える口ではない・・・・)。でもこの洋子―――顔、丸ない~? 下から見上げた構図だとしても・・・・ 酒の飲みすぎで顔がむくんでいるのを表現してるのか~? タコちゃんのとこ行く前に、輪郭がタコ焼きみたいになってもうてる―――。

洋子は田高田社長と一緒に住むと言っても、タコちゃんは洋子の事を娘同然に見ているとは言え―――いや、娘として見ているからこそ「男一人の所に転がり込むな」と止めないかな~? 行くトコが無いと言えば、暫くは泊めてくれそうだけど―――。あと、心配なのは―――この二人が一緒に住んだら酒の量はどうなるんだ―――? 今までだとどっちかが帰ることになるから「今日はココまで」と線が引けたが、このまま寝ていい場所だとなると酔いつぶれるまでいきそうな・・・・。洋子は泊めてくれる恩返しとして栄養のある食事を作ってあげてほしいな―――。タコちゃんは色々苦労があって痩せてしまったんだから―――。この状態で毎日飲み潰れてたら―――洋子が初めて”殺し”をしてしまうことになる―――。

洋子は自分のことを「男運はある」と言っていたのに頼れる男は田高田社長しかいないのか・・・・。洋子は第1部で裏社会の人間以外は田高田社長とナンパ男の河合とバーバッファローのマスターとしか関わっていない・・・・。第1部の最初は休暇中にイケメンの彼氏作るとか言ってたのに、伴侶を見つけたのは佐藤のほうだった・・・・。

不満が出てゆく男・・・・。

紅白組の組員は、街を出ようとしている川萩を見つけたのに逃してしまった・・・・。しかも相手の男の顔は覚えていなかった―――。その事を松代に報告した―――。

高辺は始末されないのか―――? 2度の失敗なのに―――。謎の女(洋子)と接触したことがあるから確認させるために残してる―――?
それにしても都合いいなぁ~。高辺じゃないほうには、高辺が邪魔で佐藤の顔を見られていなかっただろうが―――高辺にはしっかり顔見られていたのに―――。暗かったからマスクの「あっKUN」も見られてなかった―――?

事の成り行きを松代の横で無言で聞いていた男がいた―――。

どなた? ルーマー?

松代の側近らしい組員が「こちらの客人は?」―――松代の「パッ」の合図で意図を読み取って動く男でも、知らない男の登場―――。コイツがルーマーの一人か―――!?
コイツがルーマーだとしたら、松代はその存在を常に傍に付けている組員にも知らせていない―――。紅白組は今は大手の組の傘下にいるが、それをひっくり返すための切り札は直属の部下にも隠していたということか―――。その用心深い松代が切り札を出してきたということは本腰を入れてきたということ―――。

この男も松代の「パッ」で動くのか―――? 最後のページの煽り文でこの客人の事を「美白の客人」と書いてある―――。太平市にいる元ファブル達はアウトドア派―――。元ファブル達に対するアンチテーゼ的な敵になるのか―――? 時代遅れじゃない敵―――?

そもそもコイツはルーマーなんだろうか―――? 勿体つけといてただの客人だったりして?って、下に「次号、太平市、大激震!!《第20話/ルーマーの男・・・・。》に続きます!!!」って・・・・おい!! 毎回最後のページに「次は「○○の○・・・・。」に続きます」って感じで次の話のサブタイトルが書かれてるけど、今回は伏せとこうや~! 話の流れ的にルーマーだと分かるけどぉ~。単行本だと―――第1巻は第1話が長かったこともあって7話収録だった―――(話はちょっと逸れるが―――第1巻の作者のコメントからするに、作中でジャッカル富岡をコメンテーターにしたのは社会風刺的な意味もあるのか―――?)―――第2巻は16話か長くても18話ぐらいまで載るだろう―――。今回19話だから次の20話も同じ巻(多分、第3巻)に載るだろう―――。単行本派にはすぐに次の話を読めてコイツの正体を知れるんだろうな―――。週刊で読んでる本誌派にはクリフハンガーが―――主人公が崖から落ちてしまうのか!?っていう引っ張りがほしいのに―――!

いや、でも今回のサブタイトル「出てゆく女・・・・。」では、先週の予告で「川萩と静が一緒に街を出ていくのか?」と思わせて―――今回の扉絵がミサキだったということで「ミサキが騒動収まるまで一旦出ていくのか?」と思わせて―――実際は洋子が倉庫から出てゆく女だった―――。そうすると―――もしかしてコイツは―――ルーマーではなく・・・いや、この登場の仕方!絶対ルーマーやん!!! いつもは最後のページの下の煽り文はボンヤリと見るだけで、次のサブタイトルを読まないようにして―――ちょっとでもネタバレしないようにしてたのに―――! 不覚とったぁ~!

不覚です!

兄さん―――! 俺にも脳震盪で記憶消去を―――!!

カッコ悪すぎ
スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル The second contact
-,


  1. 匿名 より:

    マンジ君久しぶりやんか

    一般人、プロに関わらず、作者の作風に通じる部分としては、その人間が信頼出来る人出来ない人という事にわりと重きを置いとるような感じやね

    とことんやり合った結果分かち合える信頼性とか

  2. 通りすがりのファブル好き より:

    洋子の顔の件、私もなんか今回ちょっとブサイクかな?とは感じました。
    アングル(下から見上げてる)とか酒の飲み過ぎによるむくみでパンパンとかの他に、
    ノーメイク(すっぴん)を表してるのかもですね。

    それにしても、タコ社長のとこに転がり込むとは、もしや…
    「私、男運あるよー」と言って、
    タコちゃんを意味ありげに見てただけに、なかなか気になります。
    洋子は少しファザコンなとこありますしね。

  3. ファブルネタバレ好き より:

    もう少しレンタルおっちゃんを引っ張ると思っていたが早速のルーマー登場か───
    客人はルーマーのボスなのか戦闘員なのか?

    外出自粛のクギを刺されたアッくんはあの娘のボディーガードを断るのか?

  4. 匿名 より:

    ファブルが終わって以来───お気に入り登録してたここにもすっかり足を運ばなくなってた───

    2nd contactが始まってから暫くは穏やかなモンだったが────ここ数週間アプリで無料話を読んでたがどうも物足りなくなってきた───

    妻に金を握られてる以上同じ漫画に2度は金を掛けられん───コミックスを買うということは───どこかで手打ちせんといかん───

    そこで思い出したのがここや───無料話で先が気になる歯がゆい思いをしながら「みそいれにしやす」で最新話を文字で楽しみ───コミックスを購入する!

    我ながら隙の無い作戦や───完璧やな❤️

  5. ファブルネタバレ好き より:

    カワハギくんもスズムシくんと同じ運命を辿るのか──────

  6. 匿名 より:

    大変やな
    知恵と工夫で難局を乗り越えろ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アザミ

【ザ・ファブル The second contact】15話「満塁の男たち・・・・。」満杯の『そそそそ』粗相・・・・。

イワシ缶を開封、その後放置したことによって、中身が腐ってしまった。川萩がそろそろ町を離れるということで簡単なお別れ会をすることに。そのお別れ会で腐ったイワシ缶も出してしまったので、アザミ・クロ・川萩の …

松代 ぱっ

【ザ・ファブル The second contact】23話「考える男・・・・。」一緒に歩けない男・・・・。

真黒組はファブルと手を切った。それを知った紅白組が、真黒組を取り込むチャンスだと揉め事を起こしだした。海老原はそれを収めたが、紅白組はルーマーと呼ばれる組織を動かし始めて・・・・ スポンサードリンク …

キリッ

【ザ・ファブル The second contact】14話「いわし缶の男たち・・・・。」クサい縁の男たちの我慢比べのお別れ会・・・・。

倉庫で共同生活しているクロ・アザミ・ユーカリ。そこへ旅から帰ってきた洋子が転がり込み、クロに絡んでいた紅白組の川萩も一時的に身を預かることになった。洋子は倉庫の冷蔵庫の中に一度開けたイワシの缶詰を見つ …

ルーマー

【ザ・ファブル The second contact】13話「あっという間の男・・・・。」この流れで断った男・・・・。

クロは紅白組の川萩と揉めていたが、洋子が助けに入り解決。その揉め事で紅白組の松代が難癖をつけてきたが海老原は証拠映像を突きつけて黙らせた。しかし松代はこのまま引き下がろうとはしていなく、海老原もそれを …

松代の部下

【ザ・ファブル The second contact】17話「疫病神の男・・・・。」静かにケツをわれなかった男・・・・。

紅白組の川萩は、組長の松代から受けた命令を失敗して消されそうになっていた。が、海老原がその気配を察知して川萩の身柄を貰い受けた。川萩は数日、クロ達と一緒に生活し身を隠していた。そしてとうとう町を出る日 …