みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】122話「ドア前の男・・・・。」2秒で確認 2秒で2階したへ降りる男・・・・。

投稿日:2017年5月22日

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。
将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。

宇津帆は佐藤にファブルの名前を出し、話し合いがあると太平興信所に呼び寄せる。
佐藤はマンションに入り、マンションの前では洋子がクルマで待機。
その様子を鈴木が双眼鏡で観察―――。

スポンサードリンク

あらすじ

洋子と連絡を取り合う佐藤。マンションの監視カメラは機能を停止していた事を報告。

太平興信所に向かう前に佐藤は額を指で押し、スイッチを入れる。

それを見ていた鈴木は動揺する「!!? なんだ…何してる!? 発作か・・・!?」
faburu122a.jpg
佐藤は太平興信所のドアに近づいていく。

鈴木(ドアには少し細工が――― 蝶番のネジをゆるめてある――― ドアを8ミリ開くと仕掛けが動き、2秒で現状把握、さらに2秒で退避行動できなかったら――― 爆発でドアが下から足をすくうように飛んでくる―――・・・ 上半身は熱風と破片でズタボロになる―――・・・)

鈴木(これくらいの仕掛けでファブルをヤれるとは思ってない――― せめてどこか負傷でもしてくれりゃ次に進みやすい―――)

佐藤は太平興信所のドアの取っ手に手をかけ、ゆっくりドアを開け隙間から中を伺う。

仕掛けを確認した佐藤はドアの脇の吹き抜けを飛び降り、爆破から逃れる。

爆破が起きて、マンションの住民が騒ぎだす。

佐藤の姿を発見した鈴木「!? なんで・・・ なんで2つ下の階にいるんだ?」

爆破の音を聞き、佐藤に呼びかける洋子「ねぇ――― お兄ちゃん―――!?」

平然としている佐藤「あ――― 問題ない」

感想

格下の相手の前でも手を抜かない男・・・・。

佐藤は散歩感覚で行くかと思いきや、洋子と一応連絡取り合ったりするんだな―――。罠だと丸分かりだから最低限の用意はするということか―――。プロとして相手が格下でも手を抜かないということか―――。鈴木は洋子を舐めていて銃をテーブルの上に置いたから負けたもんなぁ・・・・。

仕事前にスイッチ入れる男・・・・。

佐藤が額を指で叩きスイッチを入れる動作を見た鈴木「発作か・・・!?」って~!
faburu122a.jpg
そりゃ、これから罠があるところに行こうとする男がこんな顔して額押してたら戸惑うけど~!! これを見て鈴木が「アイツには発作の弱点があるのか!」とか変な思い込みをしなければいいけど・・・・。そんな間抜けなシーンも見てみたいが、今でも鈴木は充分間抜けなことになってる―――。

この程度は朝飯前の男・・・・。

佐藤が爆破を回避する方法―――。やっぱり佐藤は飛び降りてその場を離れたか―――。
以前も佐藤は
faburu122z.jpg
1話のマンションのベランダを掴んで降りた時やキックボクシングの元チャンプに追われて橋から飛び降りた時、小島の部屋を探った時を見てきた読者なら佐藤は咄嗟に下の階に逃げられると思った―――。けど、鈴木が驚いたってことはそんじょそこらのプロではとれない動きなのか―――。

プロでも普通ならA案の仕掛で最低でも怪我をするんだろうな―――。でも鈴木が相手にしているのは普通のプロではなかった・・・・。
ドアの隙間から罠を確認した後の佐藤の表情―――。
faburu122b.jpg
鼻で笑ってるのか~? ため息なのか~? これくらいの仕掛けは今まで見飽きた。この程度か―――っていうような顔―――。

やられる前の男達・・・・。

宇津帆と鈴木が考えたA案は負傷もさせずに終わった・・・・。
でも「守るものがあると動きに制約ができる」と言ったことはまだしていない―――。次のB案にはそういうことをしてくるのかぁ~? 洋子が車に一人いるから、鈴木が前回みたいに隙を見せなければ、銃を突きつけて攫うということは出来そうだけど―――。それでも鈴木は返り討ちにされそうな・・・・。

宇津帆達が相手にしている佐藤は、監視カメラをチェック、2秒かからずに罠を確認して呆れる表情を見せる余裕、そして素早く階下に飛び降りれる身のこなし―――。宇津帆達が勝てる見込みが見えない・・・・。佐藤に負傷すらさせずに負けるのでは・・・・。

今回のA案の被害者はヒナコが飼っていたサカナのみ・・・・。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


  1. ひな より:

    おみそさんへ、
    普通に呼び鈴押さずにドアノブ。
    罠と分かってるから鍵は掛かってない。
    前提ですかね?!
    あの、ため息。
    どれだけのパターンを想定してるのでしょう。
    アキラは・・・
    しかし、爆破・・・
    次の日は新聞沙汰ですよネ。

  2. おみそ より:

    >ひなさん
    >
    >しかし、爆破・・・
    >次の日は新聞沙汰ですよネ。
    確実に新聞沙汰ですね。
    宇津帆は全てを投げ捨てる覚悟で挑んでいるから新聞沙汰になっても気にしないだろうけど、それにしては計画がお粗末なような・・・・。宇津帆は武器は用意していたけど、それを活かす作戦は用意してなかったみたいですね。
    A案は「せめて負傷してくれれば」ということから宇津帆達もジャブ程度という認識だろうけど・・・・。佐藤の超人的なトコロを見たいから宇津帆達には頑張って欲しいです。

  3. うーん より:

    赤外線-ラジコン-手榴弾、ではなく、ワイヤー-手榴弾
    なら二秒。普通はこう考えるんでは?

  4. 匿名 より:

    ウツボがすべてを投げ出してファブルを倒すつもりなのはわかってるけど
    自分が住んでたマンションでこんな事してたら警察に追われると思うんだがw

  5. 匿名 より:

    鈴木は双眼鏡で観察していたにも拘わらず、
    佐藤が飛び降りるシーンは見ていなかったんですかね?
    死角になるような位置とも思えないですし

  6. おみそ より:

    >ウツボがすべてを投げ出してファブルを倒すつもりなのはわかってるけど
    >自分が住んでたマンションでこんな事してたら警察に追われると思うんだがw
    宇津帆はファブルから逃げれたのなら警察からも逃げれると思っているんでしょう。売○組織をやっていた時は警察とは上手いことやっていたんだろうけど、爆破事件となると警察も本腰を入れて捜査すると思うんですけどねえ。鈴木みたいに整形するつもりなんですかね?
    >鈴木は双眼鏡で観察していたにも拘わらず、 佐藤が飛び降りるシーンは見ていなかったんですかね? 死角になるような位置とも思えないですし
    太平興信所の入り口は建物の奥まったトコロにあるみたいで、鈴木からは角度的に死角だったみたいです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル】116話「坊やと男たち・・・・。」ユニークだと思っていた坊やはスペシャルな坊やだった・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 洋子に返り討ちにされた鈴木。洋子と佐藤がファブルだと知ったうえで開放された。 鈴木は太平興信所に帰 …

【ザ・ファブル】78話「テントの男・・・・。」山篭り1日目の夜、結構平和なんです---。

クロを引き連れ、山篭りをしている佐藤。 一日目の夜、暗くなってきて寝ようとするクロが何かの物音を耳にする…   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num …

【ザ・ファブル】76話「腹ごしらえの男・・・・。」クロちゃんついてこれてる---

佐藤とクロの山篭り開始。   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-content-columns-num=” …

佐藤兄妹 クロ

【ザ・ファブル】160話「トントンする男・・・・。」スイッチを押す男・・・・。

クーデターを企む砂川。 雇われた二郎は真黒組組長に毒を盛った。 その毒はアルコールと混ざると毒性が増し、効果を発揮する。 愛人宅で酒を飲んでいる組長は様子がおかしくなり・・・・ スポンサードリンク d …

洋子

【ザ・ファブル】144話「ハンモックの男・・・・。」半目で寝る女・・・・。

年末の太平市。 真黒組の砂川がクーデターを起こそうとしていた。 砂川は武器商人に依頼、武器商人はファブルの山岡から二郎を紹介され、雇うことに。 真黒組の組長と若頭は組に伝わる銃を手入れのために分解する …