みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

双亡亭壊すべし

【双亡亭壊すべし】22回「タコハの恐怖」過去のトラウマを乗り越えるべし!

投稿日:2016年8月31日

双亡亭内に入った凧葉、紅と超常現象のプロ達。
自分自身が描かれた肖像画に次々と吸い込まれ、過去のトラウマを見せられて取り憑かれていく。
そして凧葉も吸い込まれ厳しかった父親の姿を見せられたが、凧葉は過去のトラウマを乗り越えていたため取り憑かれなかった。

 

スポンサードリンク

あらすじ

肖像画に吸い込まれた凧葉

父親から厳しくされた過去を見せられても凧葉は小学生の時は『オレはオヤジが怖かった』と認めていて乗り越えていた。

凧葉の周囲が変化し、凧葉が中学生の時に住んでいた部屋に変わる。

凧葉の中学生の時に、父親は学習塾の経営がうまくいかず閉鎖していた。

父親は荒れて幻覚を見るようになっていた。

何もない部屋の隅を見る父親の目を覗きこむ凧葉。

その目は『何も見ていない。何も見えていない。暗黒の虚無があった。』。

それを思い出した凧葉は恐怖に飲み込まれそうになる。

凧葉の体がキューブ状になるような切れ目ができ、その隙間からツル状のものが入り込もうとする。
soubou22a.jpg
凧葉(こいつら入って来る!?オレの心の中へ カラダの中へ)

気合で乗り越える凧葉「オヤジがコワかったコトは… オレはもうわかってん…だよ」
soubou22b.jpg
カラダの切れ目は無くなり、入ってきたツルはバラバラに。

凧葉「わかったぞ… この家のやり方が…」

絵の外に出された凧葉「助かったのか…オレ… そうだ紅を捜さねえと…」

どこかから伸びてきた『黒い手』に掴まれて廊下の奥に引き込まれていく凧葉「なんだよ… この黒い手は…」
soubou22c.jpg

肖像画に吸い込まれた紅

紅は小さい頃、家が家事になった時の場面を見せられていた。

紅(あの夜、母さんは<刀巫覡>の仕事でいなくて父さんも遅くて…)

小さい頃の紅が燃える家に走っていくのを見る紅(私がちゃんと火の始末をしなきゃいけなかったんだ。2歳になったばかりの緑郎をしっかり見てなきゃいけなかったんだ。それなのに…私は…)

小さい頃の紅が燃え盛る家の中のベビーベッドで寝ている緑郎を見つける「緑郎~ 緑…郎…!」

体に切れ目が出来る紅「ろくろォォォ!!」
soubou22d.jpg

感想

凧葉が気付いた「この家のやり方」って言うのは、投光機が壊れる前に鬼離田姉妹が「私にはさっき視えましたわ。あら、驚かないでくださいませね。実はね… <双亡亭>はね…」と言いかけたコトと同じ答えなのか?
凧葉を連れ去った黒い手は味方なのか?敵なのか? 味方だとしたら鬼離田姉妹が『お糸童子』以外の鬼神を出したのか? それとも絵の話をしようと言っていた絵描き?
紅が緑郎を過剰に心配するのはこの火事の過去があるからか? そうなると今も過保護で乗り越えてなさそう(緑郎もまだ小学生だし)だから、紅はこのまま取り付かれちゃうのかなぁ… そうなると取り憑かれたのを祓う人がいなくなりそうで… 紅が取り憑かれても、本物の緑郎が現れて「今の緑郎は無事なのに気づいて元に戻る」とかあるかな?

スポンサードリンク スポンサードリンク

-双亡亭壊すべし
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

帰黒

【双亡亭壊すべし】67回「新しい事実」双亡亭の新たな事実を舐めるように読むべし

双亡亭内で残花班と戦闘になった青一は人を攻撃出来ずに防戦一方だった。 そこへ黃ノ下残花が現れ青一を助けるが、残花班を追い払ったところで倒れてしまう。 一方、紅は双亡亭内で出会った帰黒と緑郎と合流すべく …

【双亡亭壊すべし】42回「双亡亭で会いましょう」イツカカナラズ<自分の意思>デ…青一は人生を歩けるようになるべし!

国会議事堂内の溶ける絵の控室。 そこで45年前のアノヒトとの出会い、侵略者との戦いを緑郎と歴代の総理に見せた青一。   スポンサードリンク スポンサードリンク

双亡亭壊すべし 緑郎

【双亡亭壊すべし】第3話 緑朗と青一が共鳴!そして四人が揃った!

第3話「出会い」 スポンサードリンク スポンサードリンク

【双亡亭壊すべし】40回「つながる世界」侵略者が<門>を通るのを阻止するべし!

溶ける画の控室で青一が45年間体験してきたことを観る緑郎と歴代の総理達。 青一達はアノヒトから力を得て、侵略者と戦っていた。 戦いは45年続き、侵略者を追い詰めることに成功した青一達。 追い詰められた …

【双亡亭壊すべし】58回「フロルの空」阻害される理由になった能力を使い、キレイな空を見るべし

双亡亭内で取り憑かれた人達に囲まれた凧葉達。 双亡亭の外にまで運ばれた液体窒素をアポーツで引き寄せようとするフロル。 しかし大量の液体窒素を引き寄せるとフロルの身体が持たないのかも知れないのであった… …