みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

双亡亭壊すべし

【双亡亭壊すべし】23回「絵の中の紅」自分自身をゆるすべし

投稿日:2016年9月7日

双亡亭内に入った凧葉、紅と超常現象のプロ達。
自分自身が描かれた肖像画に次々と吸い込まれ、過去のトラウマを見せられて取り憑かれていく。
そして紅も絵の中で過去のトラウマを見せられていた…

 

スポンサードリンク

あらすじ

絵の中で<刀巫覡>の修行時代を思い出す紅。

厳しい修行に耐える紅(これは『罰』なのだ。あの日…私は弟の緑郎をあんな目に遭わせたのだから…)

紅が修行前の小学1年生の時に場面が変わる。

紅の父は建築士で帰りが遅く、母は特別な霊の<祓い事>のために夜に出かけることが多かった。

なので紅が家事を手伝うこともしていて、その日はアイロン掛けをしていた。

アイロン掛けをしている最中、紅は自分の誕生日が近いので誕生日プレゼントが押入れの中に隠してあるのが気になっていた。

紅は我慢できずに押入れを開け、ワンピースを見つける。

ワンピースを気に入った紅は、鏡の前で試着して嬉しくて時間を忘れていた。

しばらくして焦げ臭いにおいに気付く紅。

すでにアイロン台から火は燃え広がっていた。

天体観測が趣味の隣のおじさんが紅を外に連れ出し、助け出す。

赤ちゃんの緑郎がまだ家の中にいることを思い出す紅。

大人たちの制止を振り切り、緑郎が寝ている部屋に辿り着く紅(あたしがアイロンを放っていおいたから。あたしがキレイなワンピースを着てたから。あたしんせいや!あたしんせいでこげなコトんなった!あたしんせいで緑郎が!)

凧葉の時のように紅の体に切れ目ができ、ツル状のものが切れ目から体の中に侵入しようとする。

どこからか聞こえる声「ああ。おまえのせいだな…紅。でもな… 緑郎は生きてるだろうが」

それを聞いた紅は体の切れ目が無くなり、ツル状のものも千切れる。

紅の前に緑郎が現れ、火事のときに負った背中の火傷えを見せ紅を責める「お姉ちゃんはボクより…お洋服の方が大事だったんだね… ボクにこんな火傷を負わせても… ボクはオマエなんてもう要らないよ」

責められた紅の体に再び切れ目が現れる「イヤ… 緑郎… 行かんで…」

どこからか聞こえる声「緑郎は行かないぜ… だから紅…おまえがやるのァ… ただ、自分自身をゆるしてやるコトだ…紅」

紅が声をほうを振り返ると、声の主は凧葉だった「タ…タコハ…さん」

感想

凧葉が謎の黒い手に引っ張られた先は紅の絵の中だったのか? 幻ではなさそうだし。あの黒い手は味方なのか? 紅のところに凧葉を運んだら紅を救っちゃったし。 双亡亭に取り憑かれないためには「トラウマを乗り越えている」「自分自身をゆるしてやるコト」。黒い手が双亡亭のものだとしたら…双亡亭の正体はカウンセリング施設だったのか!?
緑郎は赤ちゃんの時から鼻が丸いんだなぁ。
緑郎002.jpg
見事な団子っ鼻。
双亡亭が紅を責めるため緑郎を出してきたけど、
幻の緑郎よりも
緑郎001.jpg
現実で「コロすぞ」と言った緑郎の方が怖え!
soubou11a.jpg
緑郎はすでに双亡亭を超えたのか!
あと…紅の家の隣のおじさんの趣味が天体観測とワザワザいうのは意味があるんだろうか…

スポンサードリンク スポンサードリンク

-双亡亭壊すべし
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【双亡亭壊すべし】29回「総理達の悪夢」スケールがデカクなってきたー

国会議事堂内の”溶ける絵の控室”で斯波総理達から話を聞く緑郎と青一。 その部屋には双亡亭から送られてきた肖像画が飾られていた。   スポンサードリンク スポンサードリ …

【双亡亭壊すべし】40回「つながる世界」侵略者が<門>を通るのを阻止するべし!

溶ける画の控室で青一が45年間体験してきたことを観る緑郎と歴代の総理達。 青一達はアノヒトから力を得て、侵略者と戦っていた。 戦いは45年続き、侵略者を追い詰めることに成功した青一達。 追い詰められた …

【双亡亭壊すべし】7話「青一の家」話が動き出してきた!

前回、双亡亭に向かう途中、青一が住んでいた家の前に辿り着いた… スポンサードリンク スポンサードリンク

【双亡亭壊すべし】33回「白い海」双亡亭は霊現象かどうかは白黒ついた!

双亡亭内の肖像画に取り込まれると”何か”に取り憑かれる。 科学者グループのマックスとカークが取り憑かれて、アウグスト博士に襲いかかった。 そこへ凧葉が黒い手の力を借りて、カーク …

no image

【双亡亭壊すべし】27回「総理たち」青一は「どうやってその力を手に入れたか」を早く言うべし!

国会議事堂内にある『溶ける絵の控室』。 そこへ案内された青一と緑郎。 そこにある絵は双亡亭にある絵と同じものだった。   スポンサードリンク スポンサードリンク