みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】199話「飛ぶ男・・・・。」道筋は飛ばさない男達・・・・。

投稿日:

洋子とマツ、ミサキが山岡達に囚われたが、佐藤の活躍とアザミの裏切りによって、山岡が一発の銃弾が入った銃を持って倉庫から逃げ出した。
車で逃げた山岡を、佐藤とアザミが山岡を捕まえようと車で追いかける。
一方、倉庫に残された洋子、マツ、ユーカリ、ミサキ、スズムシは・・・・

スポンサードリンク

あらすじ

山岡のアジト

倉庫内では洋子とユーカリとマツとスズムシがソファで座り、ミサキは一人プレハブ内にいた。

ユーカリ「いつ戻るんだよ アザミと佐藤は―――・・・・」

洋子「さあね――― あの二人なら山岡を動けなくして連れて帰るくらい すぐでしょ~」

ユーカリ「そんな簡単に行くかよ―――」

洋子「どっちにしろ 今は待つしかないわ~」

ユーカリ「アザミが佐藤を殺っちまうかもよォ~ そういうふうには―――考えないのか?」

洋子「ないわ――― アザミは少なくとも山岡側じゃない」

洋子は自分のコートからナイフを出す「アザミは私の上着をチェックした時にコレが入ってるのを見逃したの――― それとも見落としたと思う―――?」
ユーカリ
ユーカリ「そりゃないなぁ~」

洋子「でしょう――― だったら私はその意味をサインと取る――― 敵ではない―――って!」

その会話中、スズムシはずっと顔を手で覆って泣いていた。

ユーカリ「ウルセーぞ スズムシ―――」

スズムシ「俺・・・もう~ 情けなくて・・・ あげくに都合のいいほうにばっかり つこうとして――― あげくに もう自分がなくて~ 自分は何者かとか・・・・」

ユーカリ「ウットーシー!!」

山岡を追っている佐藤とアザミ

逃げる車内の山岡「弾はあと一発か~ 対してあっちは二人―――・・・・ こっちはさらに傷2ヶ所―――困ったもんだな」
山岡

運転する佐藤に助手席のアザミが「どうすんだ コレ―――!? ガス欠するまで待つのか?」

佐藤「それじゃ朝になるな―――」

佐藤は山岡の車の横に並び並走。

佐藤は、車の窓を開けて山岡に向かって銃を撃つ。車のAピラーの屋根の付け根、窓枠で排莢をし、続けてもう一発撃つ。
佐藤
山岡の車の助手席側のガラスが割れた。

山岡は車を飛ばし、前に出る。追う佐藤。

山岡の車は港へと向かっていく。

アザミ「マズイぞ!!」

山岡の車はスピードを落とさず海へと向かっていく。

山岡の車が、港の岸壁の車止めに当たって跳ね上がる。

佐藤の車は原則し、横滑りして止まる。

跳ね上がった山岡の車は横方向に回転し、車が横を向くと、車内の山岡は佐藤の車に銃を向けていた。

感想

突飛ではなかった男・・・・。

アザミがナイフを見逃したのは、もちろん洋子へのサインだろう―――。
アザミは洋子のコートをチェックした後、室内に入ったし、人質になったからコートは必要ないのに、わざわざコートを洋子に返している――――
アザミ
洋子の「・・・・」は「ナイフを見逃したのに私に返した!?」っていう反応か―――。
その後の佐藤とアザミが手合わせする前に、アザミの「ヨウコ――― おまえはとにかく動くな―――」
アザミ 洋子
これはアザミから「分かっているだろ?」っていう意味も込められていたのか―――。コートを返した行動は辺だったが、アザミの真意を知った後だとちゃんと道筋が通ってたんだなぁ―――。
そしてこの言葉に洋子が従ったのは”敵ではない”と判っていたからか―――。その後に銃で山岡を撃ったけど~。

記憶が飛ぶ男・・・・?

ユーカリは組織の者として―――山岡の命令ではなく、組織の心得「ボスの言う事は絶対」に従うことに決めたか―――。それに佐藤にはアバラだけでなく、心も折られたみたいだし~。でも「(山岡を捕まえるのが)簡単にいくかよ」は山岡に師事してもらった者として簡単に行ってほしくないという想いもあるんだろう―――。

アザミが洋子のナイフを見逃すはずは無いと同意するユーカリ「そりゃないなぁ~」
ユーカリ
俺はユーカリほどの記憶力は無いが―――ユーカリが佐藤の銃をチェックし忘れた事は覚えている~。それなのにこの大きい態度~。記憶という花言葉からユーカリと名付けられたのに記憶が飛んだのか~?と皮肉を飛ばしたい~。気配を消しまくっている佐藤が弱気な石原くんになりきり、この日本で銃を持っている人物だとは思わなかったんだろう―――。暗殺者としての最高傑作だった佐藤がウワテだったということにしよう―――。組織の心得「赤子でも疑え」が出来てなかったが―――・・・・。もしユーカリが石原の銃を発見していたら、洋子が来る前に決着してたんだろうか~? でもあの「佐藤の携帯を鳴らしたら既にココにいた―――!!」っていうカッコイイ登場が見られたから良しとしよう―――。

アザミが洋子に「敵ではない」とサインを送っていた事に納得したユーカリ―――でも、自分には知らされていなかったことで腹が立ったのか~? スズムシに八つ当たり~。

トベる?男達・・・・。

マツはユーカリと殴り合った仲だから―――いや、マツが一方的に殴られただけだったが・・・・殴りかかったのはマツからだった―――
マツ ユーカリ
気まずい感じになってるが、このまま山岡が捕まったらマツは自由になれるだろう―――。アザミは無駄に殺さないだろうし、ユーカリもアザミがヤラないならと見逃しそう―――。アバラも折れてるし面倒だろう―――。

泣き続けるスズムシは―――格闘技をやっていて自慢のだった力が、簡単にあしらわれ―――何も無くなった状態―――。スズムシというアダ名らしく鳴いている~。スズムシはここで改心するかしないかの分水嶺だな―――。でも今までヤッてきたことに対して罪が償えていないような気もするが―――・・・・。スズムシがやってきたことは人の道から外れすぎたと思うが―――。

今ソファに座っている4人のうち3人―――洋子・ユーカリ・マツは自分というものを持っていて、その信念を守るためなら自分の命が危険だとしても動いた3人―――。対してスズムシは自分の信念は捨て、自分の命を第一に動いてフラフラしていた―――。寓話だとマツは開放される道筋が見える―――。スズムシは―――? 自ら被害者に謝罪しに行くならなんとか許されそうだが―――まだ道筋は見えない―――。

当分動けない女・・・・。

そしてミサキは―――?
佐藤兄妹の正体を知って―――ソファでの4人の会話を聞いて―――どう思う―――? 佐藤は力は持っていたがミサキにも勿論のこと、危害を加えない者には向けなかった―――。佐藤はミサキを守るために正体がバレ―――山岡から「プレハブから出てこい」と言われ、都合が悪い状況でもブレなかった―――。これが佐藤は悪い者ではないというサインと取るかどうか―――分かれ道―――。

かっ飛ばした男達・・・・。

町中だとカメラとか他の車のドライブレコーダーとかあるから仕掛けないと思ったが、佐藤から仕掛けたな―――。オモチャだとはいえ―――車のガラスを割れる威力だけど―――佐藤から発砲するとは―――。まぁこのまま飛ばし続けると警察が出てくると都合が悪くなるからなるべく早く止めるほうがいいだろう―――。
佐藤
この排莢の仕方、カッコイイな―――。

そして吹っ飛んだ山岡の車―――! 山岡の操作ミスとは思えない―――。勿論これは狙った動きだろう―――。こんな無茶苦茶なスピンターンを実行出来るのも恐怖心が無いからか―――。
そして山岡の最後の銃弾が飛ぶ先はドコ―――?
一発で二人まとめてヤる―――?
二人が直線状に並んだ部分に一発撃っても―――銃弾が貫通、しかも二人とも急所に当たるとは思えない―――。

佐藤を狙う―――?
ボスのお気に入りを消してボスにやり返した!としたい―――?

アザミを狙う―――?
育ててやったのに裏切った事への仕返しか―――? シナリオを邪魔した事もあるだろう―――。

それとも佐藤の車のガソリンタンク―――?
狙って当てたとしても、拳銃の弾一発で爆発させられるんだろうか―――? それにこっちがガソリンタンクを狙える状態で相手が止まるとは限らない―――。

それなら最後の弾で自分のタマ(命)を狙う―――?
逃走し始めた前話では山岡は逃げる気満々だった―――

が、今話の山岡の独り言は―――
山岡
追ってくる二人に対抗しようと策を考えているようにも見えるが、自分の最期のシナリオに向けてどうもって行こうかと考えているようにも見ようとすれば見える――・・・・。
山岡が今まで生きてきた道筋を飛ばさない男なら―――「自分という人生が、何によって誰に記憶されたか」を考え―――そして、死をドラマティックにしたがっていて―――それになら自分の命を失ってもいいと考え―――ボスから最高傑作と呼ばれる佐藤の強さに興味を持ち、嫉妬するほどだった―――。佐藤が最高傑作だと確認・確信した今―――山岡は佐藤に撃たれて最期を迎えたい―――? 佐藤に撃たれるために銃を向けた―――? でもそうなると宇津帆の最期と被るなぁ・・・・。何か別のドラマティックな決着があると期待しよう―――。

銃口を向けられた佐藤は―――この状況でも不殺を貫く―――? ボスの命令の範囲から飛び出て撃ち返す―――? 何はともあれ―――次回の200話は読み飛ばすことは出来ない―――!

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


  1. しゃなな より:

    横っ飛びで車ごと海にダイブしながらの
    銃口はきっちり的にロックオンしてるっ!
    もおお~~超カッコいいです山岡さーーん(ハート百個)
    最近ストーリーが少し緩慢になってたりとか、
    設定がちょっとなんかアレッ?とか、思ったりする事もありますが
    最後の1コマで気持ちを鷲掴みされました
    さすがザファブルです
    なにわともあれ次回もすごい楽しみです
    (ドンドコドンドコ←期待に高鳴る鼓動)

  2. 札束 より:

    最新話1ページ目は、倉庫前の描写。歩道の横はかなり危険な深い溝。東京23区内にはかなりレアなもの。柵も無いのは危険だし、街路灯も少なさそうなので夜は超危険。大阪では平気なのか?

    ほんの10分かそこら前に殺しあってた者達が大人しく座って話し合っている、多少微笑ましい場面。テーブルの上にあるのは、缶コーヒーらしき大きさのものと、ユーカリの前にあるのは何だろう?ビールは主に瓶が多かったはずだが、何かジュースの類だろうか?

    「そりゃないな〜〜〜〜」のセリフが気楽で面白く微笑ましい。今週「政治家」という言葉が出たが、作者自身はなにを考えているだろうか?ナニトモの大きなテーマ、「薬で強姦」を、首相官邸がもみ消した、笑えない「ペッ」的な事件について

  3. ファブルネタバレ好き より:

    次回が200話なんだな───

    キリの良い回で区切り、かと思ったけど、さすがに次回だけで山岡拘束(処分?)とボスのヨーコ両親殺害疑惑の解明、ミサキちゃん懐柔、マツとスズムシやユーカリ、アザミの大団円、ミサキちゃん痴漢への鉄槌───まで描くのは無理。
    201話か202話までは必要かな?

    しかしどうするミサキちゃんは───

  4. 名無し より:

    敵対勢力になっていくんだろうな山岡
    砂川と海老原の確執も顕在化して、やがてボスも消しにかかるんだろう
    アザミもヨウコも消され、最後は仕事とは別に明は一人対決していくんだわ

  5. s より:

    佐藤以外のキャストのアドリブは許さない

    なので死刑判決を受けたのはアザミ?

  6. ファブルネタバレ好き より:

    アキラ
    (ボス、生きたまま拘束出来ず申し訳ありません───
    山岡は海の藻屑と──)

    ボス
    (そうか── まあ 山岡が自ら演出したラストシーンだ、仕方ない── で、最後のセリフはなんだった?── )

    アキラ
    (オ、俺は泳げないんだーっ て言いながら── ブクブクと── )

  7. てっぽう より:

    ボスと対等と言われる山岡が
    よもやあそこから外すとは思えない
    あれはアザミを狙ってるんだと思う
    佐藤に対しては興味だけでも
    アザミは完全な裏切りだし
    裏切り者は許さなと思う

  8. 匿名 より:

    「弾があと一発・・」という伏線が、ただの一発でない事を感じさせる。
    何かしらに命中し、次号は意外な展開が予想される。
    山岡は拘束されボスと対峙しないと面白くはないな。

  9. つだばん より:

    まったく関係ない話ですが…
    ヤンマガ購入しようと コンビニに入ると
    一人の若者 ガタイの良いオデブ輩が…
    ジ◯ンプ立ち読み──しかも ヤンマガの上に置いて(他の雑誌を置き台にする感じ!!怒 皆さん見たことえりますよね?)
    ヤンマガ購入したかった わたしはたまらず その輩に注意しましたよ、
    おい~おまえ─その立ち読みの仕方やめろって──
    輩は ハッとした顔して その雑誌持ってそそくさと レジに向かいましたとさ──

    出版業界 シーキビな状況ですって──?こんな面白い漫画書いてくれる 南ハン 私は
    応援したんです──
    って…… 余談が 過ぎて ゴメンナサイ──

    明、アザミの 圧倒的有利で山岡を
    拘束しても 面白くないですよねぇ──?
    南ハンは プロや───誰もが予想しない展開を描いてくれる───!
    って
    私の予想は
    山岡自ら 自害──────

  10. 匿名 より:

    こんにちは。いつも楽しく拝読させて頂いております。
    さて、あの状況から発砲しても、明にもアザミにも弾は命中しませんね。
    山岡は自刃するタマとも思えませんのが、残り一発をどうドラマティックに使うか、南センセイの腕のみせどころです。
    次週予告に”ファブル同士の追走劇は唐突におわりを告げるっ!!”と書かれていますので(言われなくてもこれ以上Zが走れる訳ないが)どうなるのでしょう。

  11. しゃなな より:

    岸によじ登ってきたずぶ濡れの山岡さんが「ああ楽しかった♪もう満喫できたので今回これでおしまいね」とか明るい感じで終わってくれたらいいのだけれども。
    そして倉庫で皆さん和気あいあいし、
    ミサキさん(最近彼女の鈍さがちょいうっと惜しいぜい)には「ドッキリ」で説明する方向で。
    佐藤兄妹の平和的日常が終わって欲しくないですし( ;∀;)

  12. 匿名 より:

    次回の予告ではアザミとアキラがもう倉庫に戻っているので山岡は死んだか逃げたのでしょう(最後の一発で山岡は自害したんじゃないかな)。恐らく最初の1-2ページで山岡最期のシーンも終わりではないかと。

    それよりアキラが倉庫に戻ってからミサキちゃんに何と言い訳するか気になります。本音か嘘かー。ミサキの鈍さだと嘘でも通用しそうですが、今後ミサキの気持ちがどう動くかも気になります。

    • がつまん より:

      >次回の予告ではアザミとアキラがもう倉庫に戻っているので山岡は死んだか逃げたのでしょう.

      これってどこに載ってますか?
      いつものプチ予告にはないようなんですが。

  13. ファブルネタバレ好き より:

    と言うことは、今後の流れは

    アザミがヨーコに両親殺害ボス無関係を説明

    アキラがミサキちゃんに弁解

    マグロ組が砂川を断罪

    ヨーコが痴漢をお仕置き

    の流れかな?

  14. 匿名 より:

    山岡は最後の1発を発射しないとみる。
    山岡レベルなら、充分狙い定めたターゲットに難なくあてる事は可能だろうが「いつでも殺せるぞ!」というメッセージにする予感
    逃げるきる事が出来たら今後のストーリーが更に発展するんだが。

  15. 匿名 より:

    最後の1発、自分なら兄さんの車の燃料タンクを撃つかな?

  16. 悪球打ち より:

    ハンモックを被っての射撃と、衝突回転しているクルマからの射撃

    狙いやすいのはどっち?
    そっちが気になる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル】125話「這う女・・・・。」這ってしか歩けない女は罠を張っていた・・・・。

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 宇津帆達がファブルへの復讐を決行する。 宇津帆達が考えたA案をかわした佐藤。 鈴木を追って山へ入っ …

田高田社長 佐藤明 佐藤洋子 ミサキ

【ザ・ファブル】138話「男たちのXmasバトル♪」腕力勝負じゃない腕相撲バトル♪

洋子の家でクリスマス会を開催。 素性を隠したい佐藤。 社長を酔い潰したい洋子。 ミサキと佐藤とくっつけたい社長。 何も知らないミサキ。 4人の楽しいクリスマス会が始まる。 スポンサードリンク data …

明

【ザ・ファブル】148話「兄vs.妹、其の三・・・・。」厳しさ?or優しさ?、そのパンチ・・・・。

年末の太平市。 砂川が画策していたクーデターを実行しようとしていた。 佐藤に「俺のほうが100倍強い」と言われて納得できない洋子は佐藤に手合わせを申し込む。 佐藤の圧勝で終わったが、それを見ていたクロ …

アザミ ユーカリ

【ザ・ファブル】204話「天涯孤独の男・・・・。」○○に弱い男達・・・・。

姿を消した山岡に備えるため、アザミはオクトパスで入社を目指す事に。 海老原は浜田組長暗殺の真相を知り、暗殺に関わっていたマツから細かい事情を聞こうと胸元からルガーを取り出した。 スポンサードリンク d …

海老原

【ザ・ファブル】202話「知りすぎた女・・・・。」知らなさすぎた真相・・・・。

暴走する山岡を捕らえるために佐藤とアザミが追ったが、逃げられてしまった。 今後は山岡の襲撃に備えて、佐藤はミサキと、アザミは田高田社長と、洋子はユーカリと、それぞれコンビを組んで警戒するように作戦を立 …