みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル The second contact

【ザ・ファブル The second contact】43話「ジョギングの男・・・・。」準備運動の男・・・・。

投稿日:

海老原が倒れ、しばし戦線離脱。海老原はもしもの時のために、組長代行の名前を書いた封筒を事前にアザミに渡してあった。クロは封筒を持って本部長立ち会いのもと封を開けるべく、駅前で本部長と落ち合った。
一方、クロが組長代行と有力視していた鷹一真造は、朝の日課のジョギングをしていた。その日課を利用して、駐車場の車の中で待ち受けるルーマーの男が、ジョギングしている男に銃口を向けた・・・・

スポンサードリンク

あらすじ

駐車場

パーカーを被ったままジョギングしている鷹一真造。

その男に、ルーマーの男は狙いを定める。

ジョギングしている男は街灯の影に入って止まっていた。

ルーマーの男「何してる?」

ジョギングしていた男は拳銃を構えて、ルーマーの男に向かって発砲してきた。

ルーマーの男は撃ち返すが、街灯が盾になっていて当たらない。

ルーマーの男は3発、ジョギングしていた男は2発撃ったが、どちらも当たっていない。

そこに一般人の車が駐車場に入ってきたので、ルーマーの男は撃ち合いを止めて車で出ていった。

ジョギングしていた男はフードを上げ、ジョギングを再開しだした。

そのジョギングしていた男は、鷹一真造ではなく佐藤明だった。

車内

クロが運転し、助手席には鷹一真造が座っていた。

封筒に書かれていた組長代行の名前は鷹一真造だった。クロが迎えに来たのだった。

鷹一は半年前、海老原から「もしもの時はお前の前に佐藤と名乗る男が現れる」と言われていたのだった。そして今朝、ジョギングする準備をしている時に佐藤が現れたという。

海老原が用意していた封筒の中にさらに小さい封筒があり、それは鷹一に渡すものだということで鷹一がクロから受け取る。

さっそく中身を見た鷹一の表情は険しくなり・・・・

感想

前回は溜めで今回動いたなぁ~。ドランククィーンに腹蹴られた天涯孤独さんはどうなったかわからんが・・・・

いつも通りの男・・・・。

封筒の中には鷹一真造の名前が書いてあり、クロが車で迎えに行った―――。

組長代行は鷹一真造で決まりか―――。で、鷹一はジョギングに行こうとしてたのかよ~! 紅白組と揉めてて、組長が爆発に巻き込まれて、なのに定刻に一人でジョギングて―――。こんな時でも平常心を保つためということで普段どおりに日課を行うというのは分かるが―――いつも通りの時間にいつものコース走るって、チンピラの鉄砲玉でも狙いやすい的やん―――! 天使に見える佐藤が来なかったら、今頃鷹一は死神に会ってるところやった・・・・。

クロはまた佐藤に会えなかったか~? 鷹一がまだジョギングに出る前だったという感じで話していたから、出会っていないなぁ~。すでに佐藤が入れ替わってジョギングに出た後に来た、という感じだな~。鷹一は天使に会ったが、クロは神様に見える男に会えず・・・・。

挨拶代わりの男・・・・?

ルーマーの男はジョギングしていた鷹一真造を狙っていたが・・・・

撃ち合い

このルーマーの男に気付いたということは――― ルーマーの男が気配で気付かなかったということは――― この男しかいない―――!

引くぐらいの変態

引くぐらいに変態的に強い男、佐藤明―――!

撃ち合いになったが―――ルーマーのほうはストック付けて狙撃しやすいようにしている―――。一方、佐藤はそのまま拳銃で撃ってる―――。って、拳銃でこの距離で当てられるのか―――?

拳銃 射程距離

佐藤と言えどこの距離ではさすがに当てるのは難しかったか~? もし当てるとすると肩か―――? 負傷させて戦線離脱させる―――。でも相手は組織だからコイツを負傷させても次の奴が来るし―――・・・・。真黒組には腕のある奴がいると知らせることで、簡単に手を出せなくなるというのが狙いか―――? 海老原の回復には2週間かかる―――ということで時間稼ぎ―――。そして相手から当てられにくくする距離ということで、この距離か―――? 佐藤は本当は当てられるけどわざと外した―――? 狙いを外すことで狙い通りに動かした―――?

そして終わったら―――そのままジョギング~。本当に散歩やん~。撃ち合いをしていても―――一般人が、一般社会が近づくと―――スッとふつうの人のように振る舞う―――っていう殺し屋同士の暗黙の了解は面白いなぁ~。コントのようにも見える~。で、監視カメラがそこらに、さらには誰もが持っている撮影機器・スマホもあると、こういう昔ながらのやり方はやりにくくなっているんだろうなぁ―――。

備えていた男・・・・。

海老原は鷹一に「俺にもしもの事があった時――― 佐藤と名乗る男が現れる――― その男の―――言う通りにしろ」と事前に言っておいていた―――。

佐藤には事前に話があったのか―――? 真黒組にはファブルという後ろ盾が無くなって、いざという時のための保険として―――?

封筒をアザミ達に渡した時は佐藤兄妹が旅立っていた合間―――。鷹一が海老原に「もしもの時は佐藤と名乗る男が現れる」と言われたのは半年ほど前―――で、佐藤兄妹はまだ旅の最中の事―――。帰ってくるのがいつかは知らないが、それまでは自分の力で耐えなければならないという自身へ気持ちを引き締める意味もあったのか~? もしもの事が起こったのは佐藤兄妹が戻ってきた時だったのが不幸中の幸いか―――。

実際に鷹一の前に佐藤を名乗る男が現れた―――。男は「佐藤だ―――です・・・・」と、敬語が上手く使えない男・・・・。

佐藤だ―――です

最後に「です・DEATH」と付け加えるのは殺し屋らしいなぁ~。最後には死に追いやるという強い意志が滲み出している―――。でも―――合言葉が「佐藤」で良かったのか―――? 佐藤って一番多い名字なのに・・・・。でも考えてみれば、「佐藤」という名字で生きてきて「佐藤」とだけ名乗る奴はいるだろうか―――? 佐藤という人が初対面で名乗るなら、今まで名乗ってきた過程で佐藤被りを避けるために「○○の佐藤です」とか所属先も添えて名乗っただろう―――もし知り合いだったら「佐藤」被りを避けるためにそのまま呼びは無いだろうから、何かしらのあだ名だったりする―――。そう、今まで「佐藤」という名前で生きてきた人が「佐藤」とだけ名乗ることは無い―――海老原は先の先を読んで「佐藤」だけで名乗る奴は存在しないと、この合言葉にしていたか・・・・。

常人に鼻で笑われても

合言葉が「佐藤」って(笑) 佐藤って一番多い名字なのに(笑) その考え甘いよ、さとうだけに(笑)と笑ってしまった俺は常人・・・・。

佐藤を巻き込んだことで、海老原はもうそこまで追い詰められているということ―――。鷹一が受け取った小さい封筒は、海老原が死亡か長期離脱した時の封筒に入っていたもの―――。鷹一にもファブルとルーマーの存在を教えて、こっちには元ファブルが4人いると切り札を教えて―――そしてクロが運転する車はこの後、倉庫へと向かうのか―――? 佐藤はミサキのもとに戻ると思うから、クロは倉庫に向かいそう―――。クロがいるところには佐藤は現れないと分かると予測しやすい―――。

これまで3,4週やって1週休載という掲載の仕方をしているヤンマガ連載陣の中では『ザ・ファブル』は珍しく毎週掲載されていたが、今週の作者の巻末コメントによると「近々4週掲載して1週休載のペースになる」とのこと―――。残念だが、身体を壊されては元も子もない―――。稼業といいながら1年以上掲載しない漫画もあるし―――。『7人のシェイクスピア』が一旦休みとなって気づけば『ゴリラーマン40』が始まって―――7から40に変わって、しれっと帰ってきた人もいる―――。7のほうを読みたいのに・・・・40のほうも前作を読んでなくても面白いけど―――。『ザ・ファブル』は数字を順序通りに2に変えて続きを描かれ、そしてちゃんとこのペースを守れて、作者の健康も守れれば、作者も読者もWINWINや~。これは常人でもわかること―――。

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル The second contact
-,


  1. 匿名 より:

    本命譲らずだったね
    結局は4人を抗争に巻き込む形になるか
    爆発は元プロの助けを求める狼煙だったんだな

  2. 匿名 より:

    作者も身体に気をつけて

  3. 匿名 より:

    アキラは事前から現場リーダーの動向監視してたのか

    殺さずにルーマの行動を阻害するだけ
    相手との先の読み合いですな

  4. ファブルネタバレ好き より:

    誰かが予想した通り、ジョギング男はアキラだったのか─────
    目が離せない展開になってきた~\(^-^)/

    組長代理は無いと思っていたタカイチかー
    もしファブルが絡んでいたら本部に応援要請をする、と話していたルーマーリーダー。
    アキラに会ってファブル絡みを確信しただろうなー どうなるのか?

    定期的に休載するのは仕方ないけど残念っ

  5. 匿名 より:

    アキラとヨーコの掌に埋めこまれていた
    ファブルの超々小型盗聴器はどうなってるのかな?
    自分は、取り方わからないからそのままなんだと思ってるけど。
    となると組織から外したとはいえ、かわいい二人を助けるために
    そのうちにボスの参戦がありそうだ…!?

    • 匿名 より:

      合理的に考えたら、ボス参戦は無さそう。読者へのサービスで、チョイ役登場あるかも。連載終了までには。

  6. 匿名 より:

    最初はあれだけ殺し屋を毛嫌いしていた海老原だけど、アキラ・ヨウコはもはや身内同然の扱いだし、アザミとユーカリは外部の人間としては一番信頼してるー
    松代はルーマーのことを金で雇った駒としか見てない…でもそれが普通だよなー

  7. 匿名 より:

    海老原の身になんかあったら自ずと参戦 海老原は巻き込みたくはねんだろーが 言うに及ばずそうなるか

    要はルーマの行く先々で邪魔する形だね

    • 匿名 より:

      そうそう。

      ルーマーが行く先々に、アッくんが現れて、イライラさせる。

    • 匿名 より:

      ルーマーにしたら、おちょくられてるみたいで、腹立つんやろなー。

      アキラはそういう芸当はプロとして得意そう。知恵と工夫で、殺さず解決してしまうだけに。

  8. 匿名 より:

    海老原からの手紙を見た高市晋三もとい鷹一真造の表情が険しくなったのは、殺しに関する指令だったからと予想。

    お前(鷹一)が紅白組組長の松代を殺るんや

    ということ。

  9. 匿名 より:

    鷹一、この物語でよくある海関係の名前じゃないのに、キーパーソンになってきてるやん。。。

  10. みーたん より:

    海老原さんがアキラに動くように依頼したのは、殺し屋としての外注なのか、レンタルおっちゃんでなのかでかなり料金に差がつくわね

    • 匿名 より:

      何も言及されてないから、わからないっすね。いつのまに?って感じ。
      海老原からの、最近そういうの多い。
      海老原→アザミ
      海老原→鷹一

      後で回想するパターン。作者おつかれなのかも。まぁ、殺し屋稼業はやめてるので、殺さないとは思うけど。

      読者の我々も、普通ってのを噛み締めて毎日生きなきゃなとは、思わされる。

  11. れいもん より:

    アキラは特に頼まれてたんじゃなくて、
    ことの成り行きを読むと、自然にそう行動するって、ことでは?
    組長とはなんか不思議な関係、、、

    タコちゃん今何してるん

  12. 匿名 より:

    とりあえず代行は守らなきゃいけないな あの四人組に限らずクロや高橋その他構成員で守らないと

    代行は陣頭指揮を取らなきゃなんないと思うが元来のイケイケ心を制御しないとね
    勝手に単独突破しないよう周りは気をつけないと
    少数ならではの知恵と工夫で乗り切ろう

    • 匿名 より:

      鷹一が、さっさと松代を殺らないと、抗争が終わらないと判断したんじゃない?

      海老原組長自体が最初から紅白組とのドンパチの最前線に出てたわけで。
      小規模な組長だけに、小回りがきくのか。はたまた人材不足か。

      カワハギを無罪放免した時にも、感じたが、海老原流のヤクザや人形のスタイルへのこだわりがみえる。

      鷹一なら、海老原のように動けるとふんで、代行に指名したのでは。当面、頭脳は海老原、高動力が鷹一といったふうに。鷹一が懲役になり、貴志田太郎が幹部におさまった頃には、鮫剣との闘いで刑務所入ったら幹部に復帰してて。
      といった海老原の思わく。

  13. 匿名匿 より:

    アキラがジョギングするテンポなんかも微妙にズラしてルーマーの照準を合わせヅラくしていたとか…?
    そんで弾よ───!また手作りしてたんか───い!?
    大手傘下の紅白組が潰れてしまうと、その本丸大手ハンがこう、、さらに、、ってなったりせんのかなぁ…

  14. 匿名 より:

    俺、松代 
    なんだか最近イライラするッ

  15. 匿名 より:

    洋子のケリは アザミにそれほど効くはずもなく…酌にさわった洋子は
    すかさず股間に第2弾をヒットさせる──!

  16. クロタン より:

    兄さんの登場、久しぶりだけど、ちょびっと。
    天使の兄さん、かわいい

  17. 匿名 より:

    洋子って普通にタチ悪いつかめんどい

    • 匿名 より:

      でも、凄く綺麗な身体してたよ。
      自称女の尻を描かせたら日本一、の作者先生は、あれでちょっと疲れちゃったのかなぁ。お大事に。

  18. 匿名 より:

    ナイトホークのタマタマどうしてるとかもう気にしない事にしよう きっと夜なべしてと作っとんのだろう おもちゃのタマであんな距離でも届くんだとか
    それも気にしないでおこう

    • 匿名 より:

      笑 キニシナイ

    • 匿名 より:

      タマタマの中で、新しい生命が夜な夜な次々に作られて、しまいには製作が自動化され、ついには飛距離も伸びてしまったんです。

      詳しくは、絶対に殺さないマニュアルII を待とう。

    • 匿名 より:

      タマタマで、夜鍋www

      吹いたーーー

  19. 匿名 より:

    兄さん登場のシーン…
    無言で最小限の動きで与えるインパクト。
    「お散歩」感がすごく効果的に演出されていて、
    惚れ惚れしてしまうっ

    あの場でリーダーを仕留めなかったのは読者的には歯痒く感じるが、
    明はもう殺し屋ではないからな。

    どなたかが言ってたように最終的に決着つけるのは組関係の人間にするための新キャラ登場な訳ね。
    そこにレンタルおっちゃんたちがどうレンタルされるのか、されないのか?
    ますます展開が見逃せない!

    作者様お身体お大事に!!!
    これでいいんだろう。

    • 匿名 より:

      アキラが動き出して、
      読者も「もう大丈夫だー」と安心。
      作者も「これで、ちょっと休めるー」と安心。

      これまでハラハラしたぶん、今後は落ち着いて待てるかも。

      倉庫での戦いを楽しみに待つ。

  20. 匿名 より:

    ルーマーの男もアホやな
    有事に鷹一が通常通りの行動する→罠
    と、気が利く奴なら考えるのが普通やろ
    しかも、後ろにファブルがついてると確信してる状態で

    • 匿名 より:

      不器用で昔気質なマンジ君。敵だけにお約束のように抜けている。読者にアホやなと思わせたら、作者の勝ち。
      敵ながらあっぱれと思わせても作者の勝ち。

    • 匿名 より:

      まあ言うてアキラが行かんかったら普通にジョギング行って殺されとったけどな

  21. 匿名 より:

    海老原も前の抗争で一肌あげて頭に昇進したらしいから、今回本命タカイチがそうなるんかな イケイケだげじゃなく組内からの人望もある人材になって欲しい 名誉ある死に方なんかじゃなく最後まで代行勤めて生き残って欲しい

  22. ファブルネタバレ好き より:

    ファブル・・
    その名を口にしただけで あの世に送還される──── そんな寓話のような暗闇の組織ファブル───

    それに比べて どーよ?
    ルーマーって  どーよ?
    指輪麻酔針やら 新聞ネタの首折りロダンやら 公園遠距離射撃やら─── 中途半端?

    それらを鑑みると マグロ海老原の手榴弾自爆はヤクザとしては半端ないケジメ────?

  23. 匿名 より:

    まだいくつかの回想シーンは必要なところっすな 先の事まで考える、とは己が死んだ後の事も考えとくゆう事か

    ファブルっては、やっぱ一旦地下に潜って痕跡を完全に断って今の時代に合わせた手法を準備する為の移行期間なんじゃねの で、マグロなどの既顧客らとの間に空白期間が出来ている

    かつての古い殺し屋組織、ファブルとは縁を切ったんや

    やはり回想シーンでいくつかの空白を埋めなければいけないね

  24. 匿名 より:

    海老原36だっけ?
    タカイチ33で
    小島っていくつだったんだろ
    クロって30前後くらいか
    高橋23、4、5歳くらいか
    砂川、君何歳やねん?

  25. 匿名 より:

    タカイチに託したもう1つの封筒には

    ファブルのボスへのコンタクトの方法が記されていた

    もし組員に実害が及んだ場合は組を代して連絡を取れ、と なんつって

    先代らは非通知上等のボスにどうやって連絡してたんだろうか

    因みに、ゴルゴ13の場合は新聞のどっかの欄に当方コンタクト希望の趣旨の記事を載せる方法らしい

    • 匿名 より:

      ゴルゴ13は複数ルートある。
      それこそ、有名なやつから、一回こっきりのやつまで。

    • 匿名 より:

      な、なんつって?

    • 匿名 より:

      昔のやり方に限界を感じたファブルボスは、前よりもさらに表に出たがらない。連絡をとったところで、元ファブルの4人は組織を抜けているので、ボスの指揮下にはない。それよりも、元ファブルたちとどう協力関係になるか。

      手紙の内容予想
      ①お前が松代を殺れ(とれ)
      ②貴志田は裏切り者

      たぶん①かな

  26. ひらめ より:

    実は真黒組の中に内通者がいて、ファブルと手を切ったことを紅白に教えてた。それが岸田で、海老原は彼を怪しいと睨み内通者を炙り出したかった。そして自分にもしものことがあったとき鷹一を狙うとふんで佐藤を護衛につけたとか。

    • 匿名 より:

      また、回想シーンが必要なやつですね。
      そもそもファブルの件は組長と若頭だけの事項やから。
      例外が砂川。
      貴志田が砂川から聞いていたとしたら。。。

  27. 匿名 より:

    次回が「初めて来た男」っことから想像すると鷹一は倉庫に向かうよう紙に書いてあって、倉庫着いたら洋子とアザミがスパーやってるところって感じかな?

  28. 匿名 より:

    2巻の74ページ海老原組長元気?ってモロ伏線だった感じだね❗

    • 匿名 より:

      アキラがカシラ返してもらいに行って、サングラス運転手の高橋に聞いたやつ?

      そーなの?

  29. 匿名 より:

    タカイチに変装指示じゃねベタに

  30. 匿名 より:

    定期ジョギングとか彼はストイックなのか 格闘的なものもやるのか 4人と肌が合うのかどうか 

    33で落ち着きはある 浮ついたところはないように見えるが

    写真でチラッと登場しただけのキシダが即裏切り者て〜
    会計係とか、組で役職与えてはどうかね

  31. 匿名 より:

    疑心が確信にそして確証へ
    たかが組員であんな狙撃のウデあるヤツおらへん

    ん?待てよ、アイツはこちらに明確な殺意を向けてたか?というとそうとも言い切れん アイツはこちらの殺意を事前に察知して防御しただけ…

    殺意はなく ただ
    邪魔をしている、俺達の動きを察知して目的を阻害する事があいつらの目的… 

    勘が良ければその行動原理に気付くはず

  32. 匿名 より:

    俺に向かって発砲したからヤル気満々やんって考えるのがアホの考えで、ヤル気満々なのはあんたらの方だろ

    そこに至るかな

  33. 匿名 より:

    なんだ!? この弾?
    オモチャじゃねーか!?

    ・・・どこで売ってんだ!?

  34. 匿名 より:

    話全然変わるけど、今日、(容姿ではなく)話し方が、バッファローでのヨウコみたいな女性と話した。

    心臓がギューってなって、思わずファブルの河合君を思い出したわ。これかーって。
    ファブル読んでて良かったーって。

    ああいうこと自然にできる女って凄いなぁ。LINEやから、救急車は呼ばれんかってある意味、助かったーーー

  35. 匿名 より:

    危なかったな

  36. 匿名 より:

    俺、松代やけど なんかどうも腑に落ちん事が多い 組内に内通者おるんか?まさかな…
    それとは別に、ルーマの仕事っぷりにも全然納得せえへんし 今にも潰れそうなマグロごときに何をモタついとんねん
    やっぱイライラする

    私、洋子○歳 なんだか最近とってもイライラするの♡

    俺、マンジだがイライラしてる
    タカイチを的にしているのを予想して先回りしていた…クジラの中に内通者?まさかな
    1つの確かな事、あいつの行動全て、あれはプロの所作だった 間違いない
    そしておもちゃのタマ…例の存在の確証を得るには、やはり…あの倉庫の中か―

    俺、ユーカリ なんかウズウズする

  37. 匿名 より:

    大穴クロ推してたけど
    タカイチを支えて若頭補佐でも目指してくれ

  38. 匿名 より:

    自分が相手側ならば次にどう予想してどう動くか
    相手よりも先を行こうとするならばルーマもこんな考えにたどり着くのでは

    機先の取り合いやり合いはボーンアルティメイタムぽくって面白いね
    撃ち合いだけが戦いじゃない

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

平和な暮らし

【ザ・ファブル The second contact】第2話「一期一会の男・・・・。」大義名分がある男・・・・。

佐藤明は太平市に帰ってきていた。ミサキと新婚生活をおくっていて、仕事はレンタルおっちゃん(1時間1000円)をしていた。クロはそれを知らず、舎弟から佐藤明を街で見たと聞き、アザミとユーカリを問い詰める …

ぶるる洋子

【ザ・ファブル The second contact】40話「ニヤニヤする男・・・・。」ハジけた夜の後始末・・・・。

真黒組を潰したい紅白組の松代は、裏の組織・ルーマーをけしかけてきた。洋子は毒を仕込まれてピンチになるが、なんとか切り抜けた。海老原は、待ち構えていたルーマーの男に遭遇するが、備えていた手榴弾でその場を …

足元を見る

【ザ・ファブル The second contact】第7話「動き出す男・・・・。」足元を見る男・・・・。

大阪に帰ってきた佐藤兄妹。佐藤はミサキと新婚生活をおくり、レンタルおっちゃんの仕事を始めていた。佐藤から遅れて帰ってきた洋子は、紅白組の連中に絡まれていたクロを助けそのままクロ・アザミ・ユーカリが住む …

川萩

【ザ・ファブル The second contact】28話「好きにする男・・・・。」自分のコースを見つけた男・・・・。

紅白組が真黒組を乗っ取ろうと動き出していた。紅白組はルーマーという、ファブルに匹敵する組織を動かして裏社会のさらに裏から攻めようとしていた。 スポンサードリンク スポンサードリンク

お話しよっ

【ザ・ファブル The second contact】37話「クソみたいな男・・・・。」殺し合いからの騙し合い・・・・。

紅白組が真黒組を乗っ取ろうと、ルーマーという組織を暗躍させて活動中。洋子は痺れる毒針を刺されてしまい、松代に捕まってしまった。目は覚めているものの、体の動きは鈍ってしまっていて松代に詰め寄られてしまう …