みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル The second contact

【ザ・ファブル The second contact】第6話「新婚ボケの男・・・・。」鬱憤を掃除出来なかった女・・・・。

投稿日:

大阪に帰ってきた佐藤兄妹。佐藤はすでにミサキとの新婚生活をおくっている。別行動をとっていた洋子は、遅れて大阪に帰ってきて、アザミとユーカリとクロが住んでいる倉庫にひとまず泊まることになった。そして洋子は業務連絡のために佐藤を倉庫に呼び出した。

スポンサードリンク

あらすじ

倉庫

アザミとユーカリが歯を磨いている。

そこへ洋子が起きてきた「おはよ―――」

グッドモーニング

洋子は無言で置いてあった箒とチリトリを手に取り、軽く振り回す。

その様子を不思議に思ったアザミ「掃除でもするのか―――?」

佐藤が倉庫に入ってきた。

ユーカリ「おっ アキラ―――」

アザミ「お――― 来たか―――」

佐藤「久しぶり―――」

佐藤は、佐藤に背を向けて床を箒で掃いている洋子にも声をかける「ヨウ―――・・・・・」

洋子は振り返りざまに箒を佐藤に振り回すが、佐藤は紙一重で避ける。

続けてチリトリを投げつけるが、佐藤は難なくキャッチする。

洋子「ちっ」

佐藤「お帰りヨウコ―――」

洋子「ムカツク~!! 新婚ボケしてるんじゃ なかったの~!?」

佐藤「新婚ボケ―――?」

佐藤兄妹の旅の途中、佐藤は先に帰り、洋子はキャンピングカーに残って佐藤に頼まれた仕事をこなしていたという。

兄弟喧嘩

洋子「ちょっとムカツクから 戻ったら一発入れてやろうとしたのに!」

洋子は話しながらも箒で攻撃しているが、佐藤はチリトリで軽くはじいている。

洋子「なんで当たらないのよ! 新婚のクセにィ~!!」

佐藤「単に おまえが 弱いから―――・・・」

煽られた洋子はユーカリにも加勢しろと命令する。

ユーカリはアザミも誘うが、アザミは「佐藤はムリだ」と断る。

ファブル 腕時計

ユーカリ「よし――― 妹のために 一発入れるの 手伝ってやるよ―――!!」

佐藤を挟み、洋子とユーカリは攻撃するが佐藤は攻撃を捌き、洋子とユーカリの股間に一発入れる。

洋子とユーカリは股間を押さえながら倒れ込む。

佐藤「ゴメン・・・ おそらく新婚ボケのせいで加減が―――・・・」

アザミ「よかった――― 参加しなくて!」

佐藤はインコ・カシラを見つけて挨拶する「ただいま カシラ―――」

洋子とユーカリはまだ痛がって立てないでいる。

アザミ「佐藤――― お帰り―――!」

感想

寝ぼけた人達・・・・。

アザミとユーカリは歯を磨いていて、洋子は今起きてきた―――。

グッドモーニング

なんやこの顔―――! 緩みっぱなし―――!! 洋子は第1部の頃からこんな感じだったが―――・・・・ 佐藤の新婚ボケより、こいつらの平和ボケのほうが心配や~。

クロは居ないな~。海老原に連れて行かれたか―――。洋子が今起きたということは、海老原は洋子から紅白組との喧嘩の話を聞いていない―――。洋子から話を聞かなかったのは、洋子を紅白組との揉め事に巻き込みたくないからか―――? 佐藤兄妹には恩がある―――。それに先代の浜田組長は佐藤兄妹が平和に普通に暮らしている姿を初夢で見たと言っていたことも残っているだろう―――。何かあっても―――何があっても佐藤兄妹は巻き込まない―――。ヤクザとして―――というより人として―――。

クロはまた会えずにすれ違いか―――・・・・。ここまで引っ張るのなら、ここぞという時に再会するのか~?

ボケツを掘った女・・・・。

洋子は佐藤に箒で殴りかかった―――。その理由は佐藤が新婚生活を楽しんでいる間、洋子は仕事を頼まれてまだキャンピングカー生活をおくっていたからだった―――。

兄弟喧嘩

洋子はゴミを掃き出す物・箒で攻撃しながら―――愚痴を吐き出す―――。佐藤はゴミを受け止める物・チリトリで攻撃を受け止めながら―――洋子の愚痴を受け止める―――。洋子の攻撃と同じで、愚痴のほうも佐藤には届いていないようにみえるが―――・・・・。洋子が佐藤が来る前に箒をブンブン振り回していたのは強度や具合を確認してたんだな~。佐藤の強さの確認はちょっと確かめたらすぐに止めたら良かったんだが・・・・。

洋子が別行動をしていた理由は、佐藤に頼まれた仕事を引き継いでいたからか―――。洋子しか、女性しか出来なかった仕事だったから―――? 女性を食い物にしているグループとかがいて、そこに潜入させた―――とか~? 洋子は戻ってきたということは仕事を終えてきたということだから―――旅先で会った連中とのトラブルは大阪に引きずってこない―――? 残党が太平市・大西市に来る―――とはならなさそうだな~。第2部での当面の相手は紅白組になりそうやな~。

一発も入れられない洋子はユーカリに加勢を頼んだ―――。

ファブル 腕時計

佐藤は、洋子から新婚祝で貰った腕時計の文字盤のカバーが傷つかないように回転収納―――洋子に仕事を押し付けたことを悪びれていないが、そこは気を使ってる―――。祝は受け取り―――愚痴は受け取らない―――。

佐藤は洋子とユーカリの二人がかりの攻撃も防ぎ、二人の股間に一撃を入れた―――!

容赦ない―――! 急所に一撃―――! そして男女平等―――!! 2人の攻撃が始まって3コマ目で決着―――! これは2人を6秒以内に倒しているなぁ~。

アザミ「佐藤――― お帰り―――!」

アザミの見立てでは、佐藤に新婚ボケは無かったか―――。兄妹喧嘩が終わってからの―――だからこその「お帰り―――」。ボスから最高傑作と言われた、あの強い佐藤明が―――弱りもせずに戻ってきた―――!

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル The second contact
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

洋子

【ザ・ファブル The second contact】29話「尾けられし者・・・・。」いろいろあってキツイ女・・・・。

紅白組が真黒組のシマを乗っ取ろうと動き出し始めた。紅白組は、ファブルに匹敵する組織『ルーマー』の者を呼び寄せ、裏の裏から仕掛けようとしていた。 スポンサードリンク スポンサードリンク

出逢い

【ザ・ファブル The second contact】第3話「直伝の女・・・・。」惚れた・腫れたの涙の出逢い・・・・。

佐藤は大阪に帰ってきていてミサキと新婚生活をおくっていた。佐藤とまだ会えないクロは、舎弟に佐藤を探させていた。舎弟との電話の隙を突かれて紅白組の川萩に不意打ちされ、袋叩きにあっていた。そこに洋子が通り …

確信太郎

【ザ・ファブル The second contact】45話「わかりやすい男・・・・。」確信した男・・・・。

真黒組を乗っ取ろうと動き出した紅白組。紅白組の松代組長と契約しているルーマーと呼ばれる組織が裏でうごき、海老原は重症を負った。海老原が組長代理として指名された鷹一真造は、ファブルの話を聞き、直接確かめ …

また会える

【ザ・ファブル The second contact】86話(最終話)「経験する男・・・・。」別れの経験から生まれた思考―――その思考から生まれる行動・・・・。

太西公園の戦いに決着がつき、それぞれ帰れる場所に帰っていった―――。しかしルーマーの男はケジメをつけるために松代と会い、命を採られる・・・・。松代は消されるのを恐れ、自首をした―――。真黒組を裏切って …

悪趣味

【ザ・ファブル The second contact】81話「モニター越しの男・・・・。」蓋を開けてみないとわからない想定外の事・・・・。

夜の太西公園で始まった元ファブルとルーマーの戦いは、佐藤がルーマーの男を殴り倒して決着がついた。そして一時的に姿を見失った洋子が、その間にあった出来事を語りだした・・・・。 スポンサードリンク スポン …