みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

彼岸島

【彼岸島48日後…】235話「開かずの間」開かずの間を避けられねェ作戦に こっちは口が開きっぱなしだからちくしょう!!

投稿日:

雅の息子・蟲の王を倒すため、明達は国会議事堂の地下に吸血鬼達が掘った通路を進んでいく。吸血鬼の寝床を2つ超えれば蟲の王にたどり着くところまで来たが…

基本的にネタバレは
来るもの拒まずだからな

スポンサードリンク

あらすじ

鮫島「あと敵の寝床を二ヶ所通れば着く。今日中には蟲の王の所に行けそうだな」

明「…だといいが」

十条二尉「用心してくださいよ。ここは敵陣。何があるか わからないですから」

敵に合わずに通路を進んでいたが、前方の通路が塞がっていた。

鮫島「落石? それとも奴らが封鎖したのか?」

通路を塞ぐ岩を見る十条二尉「これは通れないな… 頻繁に奴ら 道を変えるとは聞いてたが まさか今それに遭遇するとは…」

明「どうするんだ。蟲の王の所には行けるのか」

十条二尉「そうだな。さっきの横道の方に入ろう。それで方向は問題ないが… 開かずの間に入る事になる」

自衛隊員達「開かずの間…」「マジか…」

十条二尉は『開かずの間』とは偵察隊が何度送っても一人も帰ってこなかった部屋の事と説明する。

十条二尉「そこを避けるよう迂回してルートを決めていた」

鮫島「だが通らねばならなくなったってわけか。最悪だな」

通路を引き返し、開かずの間への横道に入っていく明達。

開かずの間に着いたが、何もいないので、明達は静かに部屋を通り過ぎようとする。

恐怖で悲鳴を上げそうなネズミに対し、十条二尉は小さい声で「こらえろ! この部屋を抜けるまでの辛抱だ!」

自衛隊員の一人が、ホコリが鼻に入ったことで、鼻をすする。

ザッ

鼻をすすった自衛隊員は頭を真っ二つに斬られてしまった。

周りに居た自衛隊員達「山岡!!」「そんなっ」

声を出した隊員達も鎌のようなもので斬られていく。

「ひいいいいいい」「化け物だァァ!!」

部屋にカマキリのような腕に鎌を持った化け物が姿を表した。

化け物「ハジュッ ハジュッ」

鮫島「これが… 開かずの間の正体…」

感想

話してみたら
そんなに嫌な方言じゃねェな

ユカポンや勝次を気にかける自衛隊員達。女子供は守る対象として見るのは当然か。勝次も「うちら」とか言って調子にのってやがる!!

うちら

この勝次が
「うちら」とか言い出して
仲間意識を前面に押し出してくる
超うぜェ奴みてェに

なっちまったからちくしょう!!

勝次は箱根に住んでいたのに関西弁の「うちら」を使うのかァ? まぁ「うちら」は普通に広まっちまったから、箱根在住だった勝次が使ってもおかしくはねェが… でも彼岸島に出てきた大阪の人間は、誰も関西弁を使わなかったからちくしょう!!

ちゃんと考えて描いておるのか?
伏線の話を

でも勝次は自衛隊員にクソデブと言い返しながらも仲良くやってるじゃねェか。鮫島が言うように何度か共闘していたら分かり合えるのかァ? へ? でも自衛隊員は知り合った時、『民間人』と呼んで戦闘に関しては自分達がプロだと言わんばかりにバカにしてたじゃねェか!!

NOT民間人

敵対していた伏線はどこ行っちまったんだァ? 第一波との戦いの最中、明を狙うとかしねェし。明の戦いっぷりを観て認めたとしても、この悪態をついちまっている時も明が吸血鬼の集団をやっつけちまった直後だぞ? 勝次とユカポンに話しかけている奴は、この悪態をついている奴とは別の自衛隊員だし… 助けてもらった後なのに「絶対殺す」とまで言っちまってる奴が改心するのかァ? そもそも「民間人だ!殺せ!!」とか言っちまってたキ○ガイ集団だったじゃねェか。ここまで信用ならねェ集団と描いていたのにもう和解しちまうのか?

連隊長の無茶振り
子供の勝次

ンだよ このクソ勝次。お前を慕ってくれている左吉が、コイツらに撃たれちまったことを忘れちまったのかよ。ちょっと共闘しただけでもう男同士の絆が出来ちまったのか?

少しでも共闘すれば
戦友と書いて友と読む関係に
それが男って生き物だろ

まともな作戦が一つもない
こんなんで蟲の王とやらに
ちゃんと立ち向かえるのやら

吸血鬼達はなんで頻繁に道を変えるんだ? 開かずの間と呼ばれる、人が通れねェ場所があるのなら、そこをバリケードとして使えばいいじゃねェか。

しかし十条二尉はこの作戦を率いる司令官なのに「頻繁に道を変えるとは聞いていたが、まさか今 それに遭遇するとは…」なんてセリフを吐きやがって!! 道が変わっちまった時の対策を考えてねェのかよ!! 「用心してくださいよ。ここは敵陣。何があるか わからないですから」と偉そうに言っちまっていたのにこの体たらく…  「”頻繁”に道を変える」なんだから今起こってもおかしくねェのに!! コイツ、頻繁の意味をしらねェのか?

十条二尉

コイツが十条二尉
食糧を人に分け与えたせいで
脳に血が回らず
焼きが回った奴だ

おまけにおかげで回り道。なんたる指揮官様よ… 人はいいのに仕事が出来ねェ。超厄介な奴じゃねェか!! こんな曇のねェ瞳で見つめられちまったら、責める事が出来ねェ!!

ヒソヒソ喋っている状況なのに…

ヒソヒソ

セリフの最後にはエクスクラメーションマーク!! ヒソヒソしているのか声を荒げているのかわからねェ!!

ハ 頭は回らねェのに
舌は器用に回る奴だな

到着した『開かずの間』でソロリソロリをしていても案の定、化け物出現!! ひいいいいい 化け物にいきなり10人近くやられちまったぞ! コイツは音で獲物を感知するタイプみてェだが… 偵察型吸血鬼に約10人やられちまって、今回でまた約10人。やべェ! 残りは30人ぐらいしかいねェじゃねェか!! このカマキリみてェな化け物の犠牲者が今回だけで終わるとは思えねェ! この化け物を倒したとしても、蟲の王の能力の紹介がてらにさらに犠牲者が出そうだが… このままでは十条二尉以外は全員やられちまうんじゃねェのか? こんなんでは明と出会わなかったら蟲の王にすら辿り着きもしなかったんじゃねェのか?

雑魚は任せた

ちくしょう
恥の上塗りが半端ねェ

カマキリの化け物との戦いも明頼りになっちまうのか? 本当にこんな作戦が命をかけた作戦なのかァ? 策無しで穴だらけのほぼ特攻作戦じゃねェか!!

指揮官様ァ!!
我々に
民間人とは違うってところを
見せてくだされ
指揮官様!!

スポンサードリンク スポンサードリンク

-彼岸島
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

吸血鬼だったのか

【彼岸島48日後…】376話「何者」逃げやがった! ホストの翔吾は上手いこと逃げやがった! アイツ、実は要領いいんじゃねェのか?

歌舞伎町のボス・舌喰いを倒した。舌喰いが開発した抗ウィルス薬は、雅の息子の一人で『宮本篤』を名乗るやつが持っているということだった。舌喰いは、その宮本篤の居場所は知らないという。舌喰いにとどめを刺した …

偏見がすげェな

【彼岸島48日後…】269話「ミサイル」かつてはリア充カップルどもがミサイル発射してた街 お台場が 今やミサイル防衛の要塞…

蟲の王の片割れである拷問野郎は、血の楽園に逃げ込んだという。血の楽園の場所を探している明達は、吸血鬼の集落を襲撃し、そこに捕まっていた人間から「血の楽園はお台場だ。あの辺り一帯が難攻不落の要塞と化して …

方言 超訳

【彼岸島48日後…】”超訳”彼岸島「この漫画を方言にしてみよう」「YM編集部様… それになんの意味が…」

【彼岸島48日後…】の200回記念で、今までの話から抜粋した超訳がコミックDAYSに掲載しやがった! 超訳といっても日本語を英語に翻訳したものじゃねェ… 方言に翻訳した彼岸島だ! スポンサードリンク …

雅を殺す抗ウィルス薬を手に入れる

【彼岸島48日後…】357話「逆」今まではパフォーマンス! これで雅を倒せれば、血の楽園を作るよりコスパ最強じゃねェか!

ひいいいいい! 嫁も彼岸島を読んでいるっていうのに、この変態行為をページ数をかけて長々と描く! なんて男だ松本光司… 天狗突きを見た嫁に怪しい店に取材してきたって疑われて詰め寄られても ひるまねェのかよ… これもひとつの愛の形だというのか!

明

【彼岸島48日後…】183話「木片」あったよ!木片で脱出する事変が!! でかした!

巣鴨の寺にいる邪鬼・クソ喰い爺に捕まってしまった明。 邪鬼は寺の外に出て、鮫島達も捕まえようと追いかけ出し始めた。 鮫島達は筏に乗り、必死にオールを漕ぐが… スポンサードリンク スポンサードリンク