みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

双亡亭壊すべし

【双亡亭壊すべし】38回「逆襲の形」ハッカみたいなニオイの水で発覚した45年前の様子を観るべし!

投稿日:2017年1月18日

45年前、青一達は侵略者の星に引き寄せられたが、アノヒトの力でアノヒトの星に避難していた。
しかし、アノヒトは侵略者に身体を奪われて続けていた。
感情がないアノヒトは身体を奪われるままだったが、青一達がアノヒトと身体を同化して反撃を開始した!

 

スポンサードリンク

あらすじ

青一は腕のドリルから水を飛ばした。

その水は緑郎や歴代の総理の顔に当たった。

緑郎(青一くんが今の青一くんになる、45年間の夢を僕達は見た。水は少しだけハッカみたいなニオイがした。)

45年前、アノヒトと同化して戦う青一達の様子を見る緑郎。

風速300キロを超える暴風が吹き荒れる黒い空。
そしてその空の色を映したような真っ黒な海が荒れていた。
それは<侵略者の星>
青一くん達の星の海のような体を持つ<あの人>とよく似た体を持った星
直径300メートルの岩状の<器>は<あの人>の液体の体をこの星の栄養として持ち帰るためのポンプ付きタンクだ。
そして<器>の横に従うのは共食いする小型の怪物をミサイルとしてカラダに棲まわせた体長400メートルの怪獣
深海魚のおぞましいトコロだけでたらめにこね上げたようなヤツを
青一くん達は<ウツボ>と呼んでいた

soubou38a.jpg
その<ウツボ>と戦う青一達。

ヤツらと戦い始めてから45年…
青一くんは僕の知ってる姿になっていた
今や水の体を持つ<あのヒト>と青一くん達は
一心同体のパートナーとなった。
パートナー達のイメージ通りに<あのヒト>は形を変えてヤツらと戦うんだ。
<侵略者達>は、もう敵わなかった
青一くん達の会話は、どんなに遠くにいても心と心で話せる「テレパシー」のようなものになっていた
<侵略者>を倒すための、<テレパシー>の会話や体質の変化で、
青一くん達は頭も体も成長がストップしちゃったんだ
今日は長い戦いが終わる日。
圧倒的な数の敵は青一くん達の必死の戦いで次々と撃破されて、もう今の戦力を出すだけで精一杯だったんだ。
この<黒い星>の海水どもの「声」が聞こえる…
「…この星はもう核の対流が無くなった… それによって発生していた磁場が太陽からの有害な粒子を防がなくなった…」
「あの星から生命体を奪って、同胞の代わりにしようとしたが、たかが我々の栄養のくせにあいつら反撃をして来た!」「そのせいで我々はもう存続が危ぶまれる程、少数に減ってしまった…」
<侵略者>達を追いつめた先で僕達は・・・ よく知っているものを見たんだ!!

そのよく知っているものとは地球だった…

感想

前々回「怒りの形」
前回「反撃の形」
今回「逆襲の形」
おい、ちょっと! 形、形で進まねえ!!
丁寧に進めるのはイイけどもうちょっとテンポを早めてほしいなぁ。丁寧に描写したからこそ、青一以外の人達が反撃しだしたところはカタルシスがあって良かったけど。
反撃してるときに青一の弟のまことが「パパ…ママ…ノブンマデ」って言ってる… 青一達の両親はヤラれてしまったのか… 侵略者をやっつけて青一の家族が元通りに!とはならないのか…

<侵略者>

「侵略者はアノヒトとよく似た身体を持つ」。双亡亭にいるヤツもアノヒトのように記憶を読んだり身体に取り憑いたりできる。元々は同じ種族だったりするのかな? 野心を持ったのが温厚なアノヒトと別れて侵略者になったのか? 違うのは窒素に弱いというところか。

侵略者は追い詰められて地球に逃げてきた。そして双亡亭に取り憑いたってこと? 45年間戦ったって言ってるから侵略者が逃げようとしたのは現在ってことだから、双亡亭に来たとしたなら侵略者が来たのは最近なのか? それ以前から双亡亭では怪奇な現象が起こっていたが?

泥怒が海外旅行から帰ってきてオカシクなって双亡亭を建設したのは45年前よりもっと前だから、泥怒は侵略者と関係無いのかなぁ? それとも侵略者の先遣隊みたいなのに取り憑かれて、窒素に弱い侵略者が侵略するための更衣室として双亡亭を建設していたのかな? 青一達を引き寄せたのは侵略者だから、侵略者が以前から地球に目をつけていたというのは有り得る。
soubou38a.jpg
この<ウツボ>は侵略者が他の星で手下にしたとかかな? そういう手下がいて地球にも送り込んでいた?

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-双亡亭壊すべし
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【双亡亭壊すべし】46回「バケモノの子」鬼離田姉妹が別の自分を作る原因になった双亡亭を壊すべし! そして本当の笑顔を取り戻すべし!!

双亡亭内で超常現象のプロである鬼離田姉妹の長女が取り憑かれた。 長女は次女と三女も仲間にしようと肖像画に投げ入れた。 その鬼離田姉妹を救おうと凧葉と紅は絵の中へ飛び込んだ…   スポンサード …

【双亡亭壊すべし】41回「帰還」」ストーリーも第1話に帰還! 双亡亭壊すべし!!!

溶ける絵の控室で緑郎や歴代の総理達に45年前のことを話す青一。 白い水のアノヒトに救われた青一達は、黒い水の侵略者と戦いを始めた。 その戦いは45年続き、追い詰められた侵略者は双亡亭へ逃げ込もうとして …

凧葉青一

【双亡亭壊すべし】68回「5月15日」坂巻由太郎、その時の事を思い出すべし

双亡亭内で黃ノ下残花と出会った青一。 青一は白い水を使い、自分が化け物ではなく過去にアノヒトから能力をもらったことを説明した。 そして残花も自分の過去を語りだす… スポンサードリンク data-mat …

【双亡亭壊すべし】30回「イット イズ ノット ア サイキック フェノメナ」それは心霊現象ではありません

国会議事堂内の”溶ける絵の控室”で斯波総理の話を聞く、緑郎と青一。 歴代の総理達に双亡亭から肖像画が送られてきていた。そして双亡亭の”何か”が総理大臣に …

no image

【双亡亭壊すべし】24回「紅、過去との戦い」双亡亭を壊すために心は壊さないべし!

双亡亭に入った凧葉と紅、超常現象のプロ達。 中に入った人達は双亡亭の肖像画に吸い込まれ過去のトラウマを観せられ、双亡亭に取り憑かれてしまう。 しかし、凧葉はトラウマを乗り越えていて取り憑かれずに絵の外 …