みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

双亡亭壊すべし

【双亡亭壊すべし】46回「バケモノの子」鬼離田姉妹が別の自分を作る原因になった双亡亭を壊すべし! そして本当の笑顔を取り戻すべし!!

投稿日:2017年3月15日

双亡亭内で超常現象のプロである鬼離田姉妹の長女が取り憑かれた。
長女は次女と三女も仲間にしようと肖像画に投げ入れた。
その鬼離田姉妹を救おうと凧葉と紅は絵の中へ飛び込んだ…

 

スポンサードリンク

あらすじ

肖像画の中に吸い込まれた鬼離田姉妹の三女の琴代。

幼い頃の三姉妹の姿を見せられていた。
soubou46b.jpg
三姉妹は普段は檻の中に閉じ込められ、厳しい修行をさせられていた。

そんな三姉妹を周りの人達からは『バケモノの子』と呼ばれていた。

つらい日々に三姉妹の姉は「つらい目にあっているのは別の『自分』… 別の自分になるには一番その時の気分と『遠いカオ』をするの。たとえばホォラ…」と笑顔を見せ、妹達を励ましていた。

その言葉を聞いた妹達も無理に笑顔を作る。

琴代(笑ってるあたしは… 本当の『あたし』じゃない… そして信じた。ちゃんとしたヒトの両親はきっとどこかで生きていて、いつかきっとあたし達を迎えに来てくれるんだと…)

そんなある日、檻の鍵が開いていて三姉妹は外へと出た。

檻が置いてあった家の中を物色する三姉妹。

古い三面鏡の引き出しの中に女性の写真が入ってあるのを見つけた。

写真の裏には『1989.4.8 ちとせ』と書いてあった。

琴代(雪代の言葉「これ、お母さまじゃない?」 その言葉にあたし達は色めきだった。あたしはバケモノじゃない! あたしは嬉しかった…)

写真を見ていた三姉妹の傍に、先師(厳しい修行をさせていた者)の一人が立っていた。

先師「子供のくせに妙なモノを視たりすっから『拝み屋』に鍛えればええ金になると… どこぞの血縁からおめえらを買ったが、そん時の荷物の写真がそんなトコにあったか…」

先師「おめえらを生んだちとせという女はな、19歳で東京で『神かくし』に遭いよったんじゃ。東京の沼半井町ってトコでな。そして10日後… バケモンが棲んどる言う、有名な屋敷(双亡亭)の玄関先にぼおっと立っとんたんじゃと。そん時ゃ、もうちとせはおめえらを孕んでおったとよ」

先師「ちとせにゃ 男はおらんかったと聞いとる。じゃあ父親は誰じゃ? 母親はおめえらを産んですぐ死んだ… 『ヒト』であるコトは確かじゃった。じゃが、おめえらの父親は…? 父ちゃんはその<双亡亭>っちゅうバケモノ屋敷じゃなぁ。」

その過去を見ていた琴代「いいい嫌ああああああああああ!!」

琴代(あたしは何… 父親はバケモノ屋敷にいる…『何か』… ずっと言われ続けて来たコトバは本当だった。バケモノの子 いままでのコトは全部<双亡亭>のせい! 憎い! あたしは<双亡亭>とそこにいる<何か>が憎い… 壊してやる。その<何か>壊してやる。)

琴代(でも! あたしに…壊せるのかしら? その得体の知れない<何か>…あたしの父親を…)

何か「ばかが。おめえにおれを壊せるもんか。おめえ達はおれの子じゃからなぁ…」
soubou46a.jpg
琴代(あたしはきっと勝てない… お姉さまの言うとおりに…! 笑おう そうすれば…)

自分の気持ちとは反対に笑いだす琴代。

ツタ状のモノが伸びてきて、琴代は双亡亭の何かに身体を乗っ取られようとしている。

「うれしい時や おかしい時だけ ヒトは笑うもんだ…」

「笑いたくもねえのに笑ってるヒマがあったらさ…来てくんねーかな。あんたの『力』が要るんだよ」

凧葉「そん代わり、マジで笑える笑い話 教えてやるから!」

紅が琴代に取り付こうとしているツタ状のモノを切り払った。

感想

三姉妹が常に笑っていたのはこういう過去があったからか… 頭のおかしい人達だと思ってた… 檻に閉じ込められて、さらに自分達で別の自分になって心も閉じ込めたようになっていたのか。「私達の両親はちゃんとしたヒトの両親で、いつかきっと迎えに来てくれる」と耐えていた所に母親がバケモノじゃないという明るい希望が見えた後、父親がバケモノだったという現実を突きつけられたらなぁ… これは壊れてしまうよ… で、その琴代を凧葉はあっさり助けたなぁ。凧葉は双亡亭に入ってドンドン逞しくなっていってる。
鬼離田姉妹
琴代はまだ『まなこ』が無い状態だけど、姉から目を返してもらえるのかなぁ。瞳を返してもらうには姉も正気に戻すしかないのか? こういう過去を見せられると琴代と雪代だけでなく、姉も正気に戻って三人揃って、『別の自分』ではなくて『本当の自分』が笑えるようになってほしいなぁ。でもとりあえずは次女の雪代を救うのが先か。
双亡亭の<何か>この絵は凄い迫力!
鬼離田姉妹が双亡亭に関係があった。父親はあの絵描きだったりするのか? 鬼離田姉妹が霊能力を持っていたのは双亡亭の<何か>の子供だったから? 双亡亭に入った時には鬼離田姉妹は双亡亭のことを何も言わなかったが… 心の奥底に閉じ込めていたからかな? そしてその心の奥底のトラウマを双亡亭が見せたということか。

この琴代の過去を見せた双亡亭は、なんらかのリアクションは無いのか? 自分の娘なんだけど… 双亡亭にはそういう感情は無いのか。他にも双亡亭の何かの子供がいるのかなぁ…

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-双亡亭壊すべし
-,


  1. 匿名 より:

    そもそもどこからが双亡亭の見せる悪夢なのか分からないので難しいところですね。
    次女助けても長女があれだと結局だめなので長女も助けるのかな?
    そうなると一旦乗っ取られてもまた戻せるってことですね。希望が見えてきた…?

  2. おみそ より:

    >そもそもどこからが双亡亭の見せる悪夢なのか分からないので難しいところですね。
    >次女助けても長女があれだと結局だめなので長女も助けるのかな?
    >そうなると一旦乗っ取られてもまた戻せるってことですね。希望が見えてきた…?
    鬼離田姉妹がこのままヤラれてしまうと可哀想過ぎるので何とかなってほしいですね

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【双亡亭壊すべし】9話「説明会」まさに説明回 新たなキャラも登場

前回、青一の家に取り憑いていた悪霊を、青一のドリルを使って退治した。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ data-matched-conten …

緑郎

【双亡亭壊すべし】第2話 色々絡み合ってきた!

第1話を振り返るべし ボロアパートに住む、絵本作家になりたい美大を卒業したての凧葉務。 その隣に引っ越してきた少年・緑朗と知り合うが双亡亭に父親を食べられて発狂。 総理大臣の斯波が双亡亭にミサイル攻撃 …

【双亡亭壊すべし】11話「小学校にて②」緑郎、覚醒?暴走?

双亡亭を壊すべく、青一と緑郎。腹ごしらえをし、小学校で睡眠をとる。 次の朝、登校してきた生徒に発見された。   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num …

【双亡亭壊すべし】34回「あの人」双亡亭どころか地球外に広がった! スケールでかすぎ!! この漫画の舞台は双亡亭に留めておかないべし

国会議事堂内の『溶ける絵の控室』で歴代の総理達に会った青一と緑郎。 青一が45年前に行方不明になって双亡亭を壊す力を手に入れたことを語りだした。 青一の家族が飛行機に乗っていたら見知らぬ場所に着いた。 …

【双亡亭壊すべし】20回「タコハの肖像画」トラウマ克服すべし!は出来ないのか?

双亡亭を壊すべく中に入った凧葉と紅、超常現象のプロ達。 中で自分自身が描かれている肖像画を見つけた者が絵に吸い込まれ取り憑かれてしまう。 特殊災害対策室の森田、科学者グループのナンシーが絵から出てきて …