みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

双亡亭壊すべし

【双亡亭壊すべし】7話「青一の家」話が動き出してきた!

投稿日:2016年5月12日

前回、双亡亭に向かう途中、青一が住んでいた家の前に辿り着いた…

スポンサードリンク

あらすじ

双亡亭壊すべし

双亡亭への爆撃から3日、重機で解体失敗(重機で壊れた看板がかかった門も人知れず再生)から2日経った。

斯波総理の屋敷への爆撃、それによる株価暴落でマスコミからの圧力が。

斯波総理がぶち上げたのは「報酬金額は248億円!我が国は<双亡亭>を破壊した者にこれだけ支払おう!!」
soubou7a.jpg

紅と凧葉も双亡亭を壊すべしに

宿木が『特殊災害対策室』の双亡亭破壊のための特別工作班に、刀巫覡を使う紅も参加してほしいと頼んでくる。

紅は『緑郎を保護すること』を条件に承知する。

凧葉にも双亡亭についてきて欲しいと頼まれ、無理矢理連れて行かれる。

紅とは話し合ったのに、なぜ凧葉は問答無用で?!カワイソー

青一の家に入るべし

凧葉の表札があるボロボロになった家の前。

青一「ムカシ… スンデタ。」
soubou7c.jpg
ドリルで門壊すな!
緑郎「しょうがないよね… なつかしいんだろね…」
って懐かしいからドリルで壊して入ってもしょうがないのかよ!
通りかかった女子高生「その家に入っちゃダメ… そこ、幽霊屋敷だよ… 45年前から

女子高生「『呪われた家』って有名んなったんだって… ホントにヤバイ… なんかさんtね ものすごい… ワルい気配があるんだから…」

緑郎(青一くんは幽霊? でも、青一くんのカラダはあったかかった。)

青一を追って中に入っていく緑郎。

45年前を思い出す青一「ママ…」 壁には1972年7月のカレンダーが。

45年前の写真を見る青一に黒い影がまとわりつく。

青一「サッキ… カラ… ボクノ… ウチデ… ナニ…シテル…」

感想

紅は父親が双亡亭に食べられたことは気にしないのかな?
3年前に両親が離婚して別れた時も険悪な感じはしてなかったのに…
この紅はかわいい
soubou7b.jpg

悲しきモンスター青一

青一の家に取り憑いた何かと青一が対決か。
紅との対決でドリルで霊力を吸ってたりしたから霊的な相手でもドリルで倒せるんだろうな。
家に取り憑いてるヤツは双亡亭から派生したモノ?1話の飛行機内で戦っていた化け物も関係あるんだろうか?
ボロボロになった部屋で家族を思い出してる青一は哀しいなぁ… 45年前の回想ではフツーの男の子だったのに… 双亡亭を壊せば45年前に戻れたりとかするのかなぁ。

報酬金額248億円

報酬金額の248億円で一山当てようとする素人や紅みたいなプロまで色々集まりそうだな。次々ヤラれちゃうんだろうけど。
賞金目当てで双亡亭に入った人達が、緑郎の父親みたいに双亡亭に食べられて変な風になったら敵が増えそうだけど。青一の家にいるのは双亡亭に食べられて変になったヤツなのか?こういうヤツらが日本に散らばって悪さをしているなら斯波総理が双亡亭を壊すべしってなるのも納得出来る。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-双亡亭壊すべし
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

双亡亭壊すべし

サンデーの新連載【双亡亭壊すべし】が1話から熱くて面白れええええええええ

「うしおととら」「からくりサーカス」「月光条例」の作者・藤田和日郎の新連載、震撼のスペクタクル・モダン・ホラー「双亡亭壊すべし」(そうぼうていこわすべし)。 週刊少年サンデー掲載。 スポンサードリンク …

【双亡亭壊すべし】39回「穴の奥」侵略者を逃さず壊すべし!

45年前、青一達は侵略者の星に引き寄せられたが、”白い水”のアノヒトの力でアノヒトの星に避難していた。 しかし、アノヒトは”黒い水”の侵略者に身体を奪わ …

no image

【双亡亭壊すべし】36回「怒りの形」怒りのドリルで侵略者をこわすべし!!

国会議事堂内の『溶ける絵の控室』で歴代の総理達に会った青一と緑郎。 青一が45年前に行方不明になって双亡亭を壊す力を手に入れたことを語りだした。 青一の家族が飛行機に乗っていたら見知らぬ星に着いた。 …

黄ノ下残花

【双亡亭壊すべし】64回「残花戦闘」怒りの形であるドリルを人助けに使うべし!

双亡亭内で残花班と戦う青一。 しかし青一は人を攻撃出来ないでいた。 追い詰められた青一。 そこへ残花班の隊長の黄ノ下残花が助けに入った。 スポンサードリンク data-matched-content- …

【双亡亭壊すべし】30回「イット イズ ノット ア サイキック フェノメナ」それは心霊現象ではありません

国会議事堂内の”溶ける絵の控室”で斯波総理の話を聞く、緑郎と青一。 歴代の総理達に双亡亭から肖像画が送られてきていた。そして双亡亭の”何か”が総理大臣に …