みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル The second contact

【ザ・ファブル The second contact】13話「あっという間の男・・・・。」この流れで断った男・・・・。

投稿日:

クロは紅白組の川萩と揉めていたが、洋子が助けに入り解決。その揉め事で紅白組の松代が難癖をつけてきたが海老原は証拠映像を突きつけて黙らせた。しかし松代はこのまま引き下がろうとはしていなく、海老原もそれを分かっていた。だが海老原はファブルとは縁を切っていた。
佐藤は洋子から頼んでいた仕事の報告書を受け取っていた。

スポンサードリンク

あらすじ

倉庫

夜になり、二日酔いの洋子は今頃起きてきた。アザミ、ユーカリ、クロはソファで寝ている。その3人を横目に水を飲んでいると、テントから川萩が出てきた。

寝言

洋子(あれ―――・・・・ この男―――・・・・)

川萩「あっ・・・・ こんばんわ・・・・」

洋子「はい・・・・ こんばんわ」

川萩「この間はどうも―――・・・・ ちょっと・・・トイレに・・・・」

トイレに向かう川萩。

洋子「え゛っ? 何ィ・・・・? どうなってんの?」

佐藤とミサキの部屋

佐藤は洋子からの報告書を読んでいた。

そこへミサキが起きてきた「まだ―――起きてたの?」

佐藤「うん――― ヨウコに頼んでた調べものを―――・・・・」

佐藤はミサキに報告書の内容を明かす。それは洋子と組んだ仕事で消した24人の身内が現在どうなっているかという内容だった。

ミサキ「そのリスト どうするの? 何するつもり―――?」

佐藤「俺が消した事で何かが変わってしまって――― もし困ってる人がいるとしたら何かしたいと思ってる――― 些細な事しか できないかも知れない・・・・ でも俺にできる事があるなら・・・・」

佐藤「ミーたんと一緒になってから こうゆう考えになった――― ミーたんとこれからも一緒に暮らしたいから そう思うように―――」

その言葉に感動するミサキ。

真黒組 組長室

海老原は先代の浜田組長との車の中での会話を思い出していた。

海老原「組長――― 紅白組の松代が大手の盃を受ける噂があるんですけど・・・・」

海老原は今のうちに紅白組を潰そうと提案したが、浜田組長は真黒組にとってのファブルのような組織が向こうにもあるという。

浜田組長「ウチにはファブル―――あっちにはルーマー――― どっちもお互い黒い影をなんとなくわかってるから戦争になってない――― 真黒組と紅白組はそういう微妙なバランスで睨み合ってきてる――― だから常に強気でないとアカンぞ―――!!」

ルーマー

この会話を思い出した海老原は、先代から受け継いだ銃・ルガーを取り出す「松代のジジイ――― ウチがファブルと縁を切った噂――― どっかから嗅ぎつけたな―――・・・・」

感想

眠りについた殺し屋・・・・?

二日酔いの洋子が夜遅くに起きてくると、男3人はソファで寝ていた―――。

寝ファブル

男達はずっとソファなのか―――? クロは洋子に部屋を貸しているから仕方ないがアザミとユーカリはこのままでいいのか―――? 寝返り出来ないとしんどいぞ~。テントで寝かせてもらっている川萩は実は好待遇なのか―――。イビキや寝言もシャットダウンできるし―――。

洋子は呆れた男たち―――という顔で見ているが、それを言えた立場じゃないぞぉ~。

泥酔洋子

どこでも寝られるというのは便利だけど―――ちゃんと疲れがとれる場所で寝るというのも大事やぞ~。いわしの缶詰もちょっと開けた状態で放置して腐らせているし・・・・。体が資本な仕事していたのに・・・・。ファブルの体調管理の指導はどうなっているんだ~? 山岡が訓練して連れてきた元自衛官をボスはあっさり始末していた―――山岡の訓練でもほとんどが死んでいるというから、兵隊は使い捨てか―――?

ユーカリとアザミは寝言を言っていた―――。

寝言

その洋子も以前―――

寝言の洋子

ファブルはよく寝言を言うんだろうか―――? 言えない秘密も沢山あり、抑圧された生活だろうから―――溜まったストレスを発散しようと寝言を言ってしまうのかもしれない―――。ユーカリはそんなファブルの仕事から開放されて、新たな仕事の依頼で心機一転―――!

修羅場
やめとけユーカリ

ダメージ受けとるやんけ―――! アザミに言ってる事と寝言が全然違う―――!! やはり今までの修羅場以上だったか・・・・。このセリフを言った状況からパンツを交換するとか凄いな・・・・。も、もしかして・・・佐藤に股間を蹴られてユーカリ姉さんになってしまったんでは・・・・。

佐藤のほうは寝言を言わなさそうだな―――ストレスなさそうだもんな―――と思ったら―――・・・・

佐藤が洋子に頼んでいた仕事は、洋子と組んで消した24人の身内が現在どうなっているかの調査だった―――。

佐藤が消した相手は、ファブルに依頼できるような裏社会の人間が簡単には手を出せない地位にいた人物がターゲットだっただろう―――。依頼者もファブルに依頼できるぐらいだから裏社会でそれ相応の地位にいた―――その人物が消したい人間―――。
そのターゲットが悪人なら―――配偶者がいても、悪事によってオイシイ思いもしているだろうから―――子どもが居てもそこそこ大きくなっているならその筋に入っているか、縁を切っているか―――。ターゲットが悪人だけだったなら、世間から見て「そこまで救わなくてもいいような人」のような気がする―――。
ターゲットが悪人ではなく、俺の悪事を探る人物を消してくれと依頼された時―――弁護士や警察、検察がターゲットだった場合―――。その場合は不幸になった家族はいると思うが、ファブルはそんなターゲットでも依頼を受けたんだろうか―――? そういう組織に手を出すと厄介なことになるし―――ヒナコの時に佐藤とスズキが持っていた共通認識、裏社会と表社会に明確な線引きを持っているようだから―――手を出していないような気がする―――。
佐藤が手助けするのは、親の悪事を知らなかったまだ小さい子供か、ヒナコのような現場に居合わせて巻き込まれた人になるのか―――? 世間から見て「そこまで救わなくてもいいような人」を佐藤から見ると―――使い捨てにされていた人、育て親から能力を見せなければ価値が無い人扱いされた人から見ると―――同じ思いをさせたくなくて、どんな人でも救いたい、ちょっとでも良い環境に居させてやりたいと思うのかもしれない―――。

佐藤だけでなくアザミやユーカリもプロとして認められる事に拘っていたのは、仕事を認められて「自分は使い捨てじゃなくて必要とされている人間」と確認できるからじゃないだろうか―――。レンタルおっちゃんをして「ありがとう」という言葉を貰いたいというのもそれが根本にあるような―――。佐藤がリストの人に気付かれずに手助けをして「ありがとう」の言葉を貰わなくても、報酬・見返りを貰わなくても、遠くからリストの人が幸せそうな表情を見るだけで満足できれば―――殺し屋の生活からだけでなく心もその呪縛から開放されて、本当の意味で殺し屋を辞めたと言えるのではないか―――。

秘密の悪い噂・・・・。

真黒組にファブルと呼ばれる組織がいたように、紅白組にもルーマーと呼ばれる組織がいた―――。

ルーマー

『ルーマー(rumor)』―――噂、デマ。特に悪い噂を流す人のこと―――。

ファブルは寓話、悪いことをしていたらファブルがくるぞと、仕置人みたいな感じで呼ばれている―――。ルーマーは噂でしか聞かない組織という意味でルーマーなのか、悪い噂がある所にはあの組織が、という意味でルーマーなのか―――。

ボスが隣の太西市にルーマーがバックに付いている紅白組がいるのに、太平市で山岡が暴れる事を黙認していたのはいったい・・・・まぁこれは、ルーマーが出てきたら尻尾を掴めるかもとボスが計算に入れていたということにしよう―――。海老原が第1部で「浜田組長を毒殺したのはルーマーか?」とならなかったのは・・・・まぁ連載が続けば新たに「昔からいた組織が出てくる」のもしょうがない―――。長期連載の辻褄合わせという強敵にはファブルでも勝てない・・・・。

バックにルーマーというファブルに対抗できるほどの組織が付いているなら紅白組は大手と組まないでも―――と思うが、殺しや謀略だけで勢力を広げるには限界がある―――。バックにルーマーがいるとは言えないが、あの大手の組がいると言えれば―――浜田組長の言い回しを使えば、表に見せられる核兵器を持てれば―――勢力拡大しやすいし、なんで小さい組が勢力拡大出来るんだ?と内外から不思議がられなくて済む―――。時を見計らってタイミングが来れば、大手の邪魔なヤツをルーマーに頼んで消してもらって乗っ取るということもできる―――。真黒組の縄張りを採れれば、そのタイミングも近寄ってくるだろう―――。松代はこの抗争を引くことはないだろうな―――。

松代は「ウチのルーマーみたいな組織が向こうにもいる」と知っているなら、怪しい女性・洋子の事も警戒するかも―――。洋子にルーマーのヤツを仕向ける―――? 最初に仕向けるのがチンピラだとしても、なかなか洋子の正体を捕まえられないとそのうちルーマーが出てくることになるだろう―――。そのルーマーの男と洋子がロミオとジュリエット的な関係になって・・・・という定番な展開は無いだろうな~。

海老原はそんな組織が紅白組に付いていると知っていて、ファブルと縁を切ったのに「ウチだって元は紅白組の縄張りを狙ってたんや―――」と言えるのか―――。

海老原

この感じは今も狙っている感じ―――。策あるのか―――? 紅白組はルーマーだけでなく、大手の組も付いている―――真黒組が降り掛かった火の粉を払っているだけなら大手の組も何も言わないだろうけど―――紅白組の縄張りを採ろうと動き出したら黙っていないだろう―――。本当に勝てる道筋は見えているのか―――? 手持ちはルガーのような古い武器しかなさそうだが・・・・。

今の世の中はカメラがアチコチにある―――。クロとの揉め事で松代はそれを再確認したばかり―――。ルーマー側は現代に対応したヤツらが出てくるのか―――? ファブル側は真黒組が攻撃されても放置で、ルーマーの手がかりを掴めればいいぐらいのスタンスか―――? ボスは佐藤達の手にチップを埋め込んで監視していたとバラしたが、アザミとユーカリの手に埋め込まれたチップはどうしたんだろう―――? ユーカリがチップを取り除いたと確信できる出来事はあった―――。組織が自分を監視しているチップが残っている状態でレンタルおっちゃんのこの依頼を受けただろうか―――?

レンタルユーカリ
やめとけユーカリ

ユーカリがこれを聞かれても良いというのなら―――ユーカリはセンスが違う人と出会って新しい自分に出会ってしまったということになる―――・・・・。第2部になってユーカリはいいトコ無し―――。ウ○コを踏んだり、佐藤に股間を蹴られたり、初レンタルがこの依頼・・・・。初レンタルの話はアザミがいずれ洋子にも喋るだろうし、田高田社長の耳にも入ったりして・・・・。ユーカリに悪い噂を消す機会はくるのか―――?

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル The second contact
-,


  1. ファブルネタバレ好き より:

    元ファブル4名 VS 組織ルーマー・・

    やったー\(^^)/
    こういう展開だと燃えてきますねー
    ルーマーのラスボス登場まで戦い続けるのでしょうね────

    単行本で言うと2巻から風雲急を告げるって感じですかな────

    • ファブルネタバレ好き より:

      アッくん達のように、ファブル組織の路線変更で解雇された他の元ファブル達───

      その内何名かの強者がルーマーに再雇用されてそうだな───

  2. 匿名 より:

    まじかーファブルは本当に縁切ったのかー

    どうなるんだろ、、、もう殺しはしないけど相手は殺し屋だとしたら
    似たようなレベルだったら厳しいんじゃないか――――――――

  3. Yukkanen より:

    初めまして。
    いつも楽しく拝読させていただいております!

    ユーカリ・・今の所笑えることばかりですが、
    組織を抜けて一番燻っているのは彼なのかな、と思うところがあります。
    組織にいた頃はアザミと共に生き残った山岡の精鋭部隊だったのに、
    組織を抜けてからはウンコは踏むわ変な依頼は来るわで、この先ルーマーからの誘いがあったら乗ってしまうのでは・・?!と思ったりします。
    あとアキラのリストにあった二十四人の中にルーマーが絡んでいたとしたら、また複雑な話になりますよね・・。先が気になります!

  4. 匿名 より:

    ファブル、ヨウコ、ユーカリ、アザミがいたら怖いもんないだろ
    それにしても…
    ユーカリ、愛されてるな

  5. 匿名 より:

    今回のミサキは可愛さが戻ってきたような

    国内にもう1つ、得体の知れない殺し屋組織の存在

    正に禁断のアレですな

  6. 匿名 より:

    洋子って、加齢臭がしそうなオッサンに惚れてるね?
    あの呑兵衛の二人の今後が気になる。

  7. 匿名 より:

    動向を逐一知りつつ山岡を放置してたボスに対して海老原が抱く今一つ拭いきれない不信感

    組織のやり方を変える移行期に入った段階で一旦契約破棄を提案したボス

    暫く距離を置く結論に至る

    今は空白期間なのかなと推測

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ファブル 第2部

【ザ・ファブル The second contact】第1話「ありがとうの男・・・・。」いや~ 君ノセるねぇ~ 1話のつもりが50ページも載せてしまって~

1年の休暇として太平市で”ふつう”の生活を始めた佐藤兄妹。物心ついた時から殺し屋として育てられた佐藤明は、普通の人として生活していく中で色々な人と触れ合いながら成長。佐藤は「も …

お話しよっ

【ザ・ファブル The second contact】37話「クソみたいな男・・・・。」殺し合いからの騙し合い・・・・。

紅白組が真黒組を乗っ取ろうと、ルーマーという組織を暗躍させて活動中。洋子は痺れる毒針を刺されてしまい、松代に捕まってしまった。目は覚めているものの、体の動きは鈍ってしまっていて松代に詰め寄られてしまう …

川萩

【ザ・ファブル The second contact】28話「好きにする男・・・・。」自分のコースを見つけた男・・・・。

紅白組が真黒組を乗っ取ろうと動き出していた。紅白組はルーマーという、ファブルに匹敵する組織を動かして裏社会のさらに裏から攻めようとしていた。 スポンサードリンク スポンサードリンク

本部長

【ザ・ファブル The second contact】44話「初めて来た男・・・・。」きかないほうがいい話・・・・。

組長代行は鷹一真造に決まり、クロが車で迎えに行った。一方、ルーマーは鷹一を狙っていたが、佐藤が変装して入れ替わり、軽い銃撃戦の末、追い払った。倉庫では、松代に襲われてストレスが溜まっている洋子がアザミ …

黒岩潮

【ザ・ファブル The second contact】第8話「屋根裏の男・・・・。」ひとまず条件を飲む男・・・・。

大阪に帰ってきた佐藤兄妹。遅れて帰ってきた洋子は、佐藤に頼まれた仕事の結果を報告。クロは紅白組の連中に絡まれて揉め事になってしまった。海老原はクロを連れて紅白組の組長に呼び出された埠頭へ。紅白組の運転 …