みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル The second contact

【ザ・ファブル The second contact】第5話「コメンテーターの男・・・・。」困ってもーたー男・・・・。

投稿日:

佐藤兄妹が大阪に戻ってきた。佐藤はミサキと新婚生活を始めた。クロが紅白組の下っ端と絡まれている所に洋子が偶然通りがかり返り討ちに。洋子はそのままクロ。アザミ・ユーカリが住んでいる倉庫に泊まることになった。一方、クロにやられた紅白組の下っ端は上の者に呼び出されて―――・・・・。

スポンサードリンク

あらすじ

どこかのペントハウスのバルコニー

クロにやられた川萩と高辺は呼び出されていた。

呼び出した男「その傷―――・・・・ 大丈夫なんかい~」

川萩「大丈夫です!」

呼び出した男「なぁ~ なんで大丈夫なんや―――? 真黒組と揉めたくて ちょっかい出せって話しやったやろ?」

お肉のおっさん

男は横にいる側近に合図を送る。

側近の男は、無言で肉を焼いていたトングで川萩の顔面を叩き出す。

川萩は頭と鼻から流血している。

川萩

呼び出した男「んん~・・・・ まぁ~ 最低限の火種にはなるか・・・・ さあ―――海老原くんが どう出るか~」

男は弱体化した真黒組を取り込もうとしていた。

倉庫

高橋の運転で倉庫まで来た海老原は、倉庫の中に入っていく「クロ―――!! クロ―――!!」

普段クロが寝ているプレハブの2階の部屋を海老原が覗くと、中では洋子が寝ていた。

1階のソファで寝転がっているアザミ「クロはあっちだよ―――」

クロは1階に張っているテントの中で寝ていた。

海老原はクロを外の車に呼び出し、紅白組との喧嘩の話を始める。

海老原「そのチンピラが おまえにドツかれて 大怪我したってゴネてきたぞ~ 片目失明らしいぞ―――」

海老原 クロ

クロ「はぁ!? んなワケないですよ! ヨウコ姉さんがたまたま通りかかって助けられたんですよ――― 姉さんに聞いてもらったら わかります―――」

海老原「・・・・・・」

佐藤夫婦の部屋

佐藤「行ってきます―――」

ミサキ「ヨウコちゃんに ヨロシクねぇ~」

佐藤はミサキにキスをして玄関に向かったが、テレビから「本日のコメンテーターはジャッカル富岡さんです」「どうも~」の声を聞き、佐藤は戻ってくる「かすかにテレビの声が・・・・ ジャッカルか―――・・・」

ジャッカル富岡 コメンテーター

ミサキ「そう! コメンテーターだってぇ・・・・・」

佐藤「観てから行こう―――」

感想

その道のプロとその道の素人・・・・。

紅白組の川萩は、真黒組と揉め事を起こせと命令されていた―――。

お肉のおっさん

やっぱりチャンスだよなぁ~ 勢力広げたい奴等にとって真黒組の弱体化は―――。そして川萩は真黒組と揉めたくて絡ませたのか―――。クロと偶然出会ったのではなかったか―――。川萩が偶然やられた事を利用して―――ではなく、紅白組のヤツから絡んでいったとなると多少の事では出した手を引っ込める事はなさそうやな―――・・・・。

川萩はクロとの喧嘩の傷は大丈夫ですと答えた―――。

ヤクザとして―――実際の怪我は小さく、診断書は大げさに―――という基本がなってない―――! それに真黒組と揉めたいって言うてるやん―――! クロに殴られたという事実があって、怪我が大したことないなら大助かりやん―――! 川萩はカンが悪いなぁ~。「ちょっかい出せ」って命令されるぐらいだからかなりの下っ端か―――? カンが悪いおかげで・・・・

男の部下は、川萩の顔をトングで殴って怪我を負わせた―――。

川萩

肉焼くトングで叩いたら次に肉焼くのに使えへんやん―――!なんてことすんねん―――!まだまだお肉食べたいのに―――!!とか考えないのが大物か―――。ってオッサンも皿置いて煙草吸い出してるやん―――。密かに内心「あのトング嫌やな~ もしかしてアイツ、人の顔をドツいたトングで肉触るんやろか? バッチイなぁ~ 止めたらヘタレと思われるやろか? でもあのトングで触ったお肉は食べたくないなぁ~ このまま皿を持っていたら、無言の部下がわんこそば方式で無言で肉を入れてくるのでは・・・・」と思ったか―――? その素振りを出さず、弱さを見せず―――部下に煙草に火を点けさせることで権力を見せつける―――このオッサン、やるやん―――! このオッサンはカンが良い―――。

極道のプロの男・・・・?

海老原がクロを呼び出しに来たが、寝ていたのは洋子だった―――。クロは1階にテントを張ってそこで寝ていた―――。

洋子―――・・・・。今回は目をつぶって寝ているが、無防備やな~。アザミとユーカリもソファに寝っ転がったままだから、もう気を抜いて生活しているんだろうか―――?

海老原がクロに用事があったのは、昨晩の紅白組との喧嘩の事だった―――。

海老原 クロ

クロは洋子に喧嘩で助けられ―――さらに証言してもらおうと助けてもらおうとして・・・・。情けない―――・・・・。

餃子屋

クロが失敗したシノギ「餃子」の看板が哀しいな・・・・。こんなんでは兄さんに合わす顔が無い―――。まぁこのまま海老原に連れ出されたらすれ違いで会えないかもしれないが・・・・。海老原は洋子から話を聞こうとするから、この後に佐藤とも再会出来るか~? クロだけ佐藤となかなか出会えないというのは面白そうだが―――。

洋子が喧嘩中に撮ってた写真が残っているかどうか―――。喧嘩が終わった後の川萩達が倒れている写真を撮っているシーンは無い―――。洋子を証人として―――通りがかった一般女性として―――連れて行くのも無いだろう―――。警察に呼ばれたのならともかく、ヤクザの喧嘩の証人として出てくる女はそうそういない、只者じゃない―――。もし洋子を一般人として連れて行ったとしても、向こうから「クロが脅して嘘をつかせている」と言われてしまうだろう―――。こっちは実際に怪我してんねんと絡んできたら―――・・・・。海老原くんがどう出るか~。見ものや―――。

道を変えた男・・・・。

佐藤は洋子と会うために部屋を出たら、テレビからジャッカル富岡の声が聞こえたと言って戻ってきた―――。

ジャッカル富岡 コメンテーター

扉越しでも聞き分ける―――マンションだからそんな大きな音量では無いだろう―――衰えていないのか―――? ジャッカルの声を聞きつけ、戻ってきた時の目つきは鋭い―――!

ジャッカル富岡は芸人コメンテーターか―――。最近テレビに出なくなって―――芸人コメンテーターに―――。落ちぶれたというべきか―――。ジャッカルはある芸能ニュースにコメントするだけに出てきたのか、レギュラーのコメンテーターで色々な事にコメントするのか―――? 「本日の」ということは後者っぽいなぁ~。コメンテーターはその道のプロではないのにその世界を知っているかのようにコメントをする―――。公共の電波で人様に物申すなら、クリーンハンドとまではいかなくても真っ当な生活をしている人でないと説得力がない―――。芸人なのに公共の電波で偉そうに世間様に物申したら―――何か不祥事起こした時に「芸人だから大目に見て」という言い訳は通用しないぞ~。ふざけたボケコメントばかりするのなら別だけど―――。ピエロがメイクを落とした姿を見せたら―――もうピエロとしては見られない―――。ジャッカルも第2の生活を始めたか―――。

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル The second contact
-,


  1. 匿名 より:

    そう来たか
    海老原さんもアホじゃないから薄々感付くよ

    スマホの写真が肝になるよな

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル The second contact】 あらすじ 感想

『ザ・ファブル The second contact』のあらすじ・感想のページ一覧をまとめましたです―――。ネタバレ注意! ・第1部のあらすじ・感想の一覧はコチラ 第1話「ありがとうの男・・・・。」  …

ミサキ

【ザ・ファブル The second contact】第4話「立体パズルの女・・・・。」飢えた女達・・・・。

新婚生活をおくっている佐藤。クロは佐藤に会いたいが、ドコに住んでいるか分からないので会えずじまいだった。そのストレスか、クロは紅白組の男と揉め事を起こしてしまう。太平市に帰ってきた洋子がちょうどその現 …

ブルーム持って強ブルー

【ザ・ファブル The second contact】第6話「新婚ボケの男・・・・。」鬱憤を掃除出来なかった女・・・・。

大阪に帰ってきた佐藤兄妹。佐藤はすでにミサキとの新婚生活をおくっている。別行動をとっていた洋子は、遅れて大阪に帰ってきて、アザミとユーカリとクロが住んでいる倉庫にひとまず泊まることになった。そして洋子 …

足元を見る

【ザ・ファブル The second contact】第7話「動き出す男・・・・。」足元を見る男・・・・。

大阪に帰ってきた佐藤兄妹。佐藤はミサキと新婚生活をおくり、レンタルおっちゃんの仕事を始めていた。佐藤から遅れて帰ってきた洋子は、紅白組の連中に絡まれていたクロを助けそのままクロ・アザミ・ユーカリが住む …

黒岩潮

【ザ・ファブル The second contact】第8話「屋根裏の男・・・・。」ひとまず条件を飲む男・・・・。

大阪に帰ってきた佐藤兄妹。遅れて帰ってきた洋子は、佐藤に頼まれた仕事の結果を報告。クロは紅白組の連中に絡まれて揉め事になってしまった。海老原はクロを連れて紅白組の組長に呼び出された埠頭へ。紅白組の運転 …