みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】第2部が始まらない漫画・・・・。

投稿日:2020年10月12日

普段はヤンマガの巻末コメントは作者のコメントを流し読みするぐらいだが―――今週のヤンマガ46号の巻末コメントも先生ェは相変わらず映画の感想なんだなァ―――と流し読みしてた―――。だけど今週はなぜかふと横の編集者のコメントが目に入り―――そこに「ファブル」の文字が―――!

スポンサードリンク
第2部は?

「ちょっと」と言いながらどこまで出かけてんねん―――!! カミさんが「ちょっと買い物に」と言って出かけたら帰ってこなかった的な―――?

で、もうすっかり秋になって出た46号の巻末コメントに―――

ファブル第2部情報

編集者のコメントはこう―――

今夏より再開予定とお伝えしておりました「ザ・ファブル」第2部は、もっか南勝久先生の手により、絶賛開発中でございます―――!! 始動時期等は全くの未定ではありますが、必ずや熱き作品となるよう努めて参りますので、今しばらくお待ちください!!!

もう肌寒くなってきたのになんにも始まらないと思ってたら―――・・・・。始まる時期は「全くの未定」て―――! コロナで取材出来なかったりとかあるのかも知れんけど・・・・。あとは映画第2弾に合わせて再開しようと計画していたが、コロナで映画の撮影が遅れて第2部開始も遅らせた―――っていうパターンかも―――。まぁ南勝久先生が元気なのはいいことだ―――。

気になるのは「構想中」や「執筆中」ではなく、絶賛「開発中」―――。開発っていうのはどういうことだ―――? なにか新しい試みがあるのか―――? 今更、漫画で新しい試みってあるんだろうか―――? 常人が理解し難い―――先の先を考えているのか―――?

ヤンマガに『セブン★スター』は帰ってきた―――。『7人のシェイクスピア』は休載してる―――今週はゴリラーマンを描いていたけど―――。『喧嘩稼業』は相変わらず休載煉獄―――田島はいつまで煉獄を浴びなければいけないのか―――読者はもう読むのを止めようとしても先が気になって止められない、煉獄を食らっている状態になっているというのに・・・・。他にヤンマガに掲載されている漫画も―――なんでヤンマガにサッカー漫画が2つ載ってんねんって思ってたら両方マガポケに移籍とかしてしまうし・・・・。今週の『雪女と蟹を食う』を読んでこれはもう近々最終回かな―――と思ってたらコミックDAYSに移籍しますとかもうわけわからん・・・・。ファブルが帰ってくる前にヤンマガ無くなってるとかないやろなぁ~?

帰ってくるから

関連記事:【ザ・ファブル】連載再開する男―――!

スポンサードリンク スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-


  1. 匿名 より:

    もう12月になってしまった――――――

  2. 匿名 より:

    第一部が完結して、もうすぐ一年が経つ。
    コロナが影響してるのは分かるが、流石に怠け病だろ。
    富樫と大差無い。

  3. 匿名 より:

    木多みたいなの甘やかすからこうなるんだよ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル】115話「トナカイの男・・・・。」ファブルに完敗した鈴木が宇津帆と乾杯―――?

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 襲ってきた鈴木を返り討ちにした洋子。連れ去られた貝沼は死んだと聞かされ、鈴木は「脅威ではない」と言 …

ユーカリ

【ザ・ファブル】206話「マッサージチェアの男・・・・。」急速な休息の終息・・・・。

逃亡した山岡は、砂川のところに逃げ込んでいたが、砂川を消してしまった。 佐藤達は山岡の襲撃に備えて、ユーカリが洋子と組み、アザミはオクトパスに住み込みになった。 浜田組長暗殺の真相を知った海老原は、マ …

no image

【ザ・ファブル】163話「日本の男・・・・。」二本の信条、一つのゴール・・・・。

砂川のクーデター計画で組長が急死。 佐藤は町で怪しい人物を見かけ、洋子はファブルの人間を見かけ警戒している。 スポンサードリンク スポンサードリンク

組長 若頭

【ザ・ファブル】143話「ルガーの男・・・・。」軽率にバラした男を慎重にバラそうと狙う男・・・・。

年末の太平市。 組長か若頭を始末してファブルを手下にしようと砂川が動きだした。 砂川に仕事を頼まれた武器商人は、ファブルの山岡から紹介された二郎(仮名)を雇うことに。 スポンサードリンク スポンサード …

佐藤 猫舌

【ザ・ファブル】153話「落花生の男・・・・。」発火性の男・・・・。

年明けの太平市。 ミサキを電車内で触った痴漢を探す洋子。 山岡は太平市を彷徨き、二郎は暗殺の準備を進めていた。 スポンサードリンク スポンサードリンク