みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

彼岸島

【彼岸島48日後…】392話「朦朧」カッコイイ! こいつ、ブリーフ姿でブリッジしてるだけなのに 超カッコイイぞ!!

投稿日:

ネズミとユカポンは明達と逸れてしまい、光頭族と名乗る吸血鬼達に捕まってしまった。2人は裏カジノで賭けの対象にされ、ネズミが『踊るマンドリル』という、ブリッジ状態を維持しなければ体が刃で真っ二つにされてしまう拷問器具にかけられてしまった。光頭族のボス・立花様と2時間耐えれば解放してもらえるという約束を取り付けたが、到底耐えきれる時間ではない。しかしそこに裏カジノに来る前に知り合った孤児の吸血鬼が、裏カジノの梁の上から釣り糸を垂らしてサポートするというイカサマをした。これでネズミは助かったと思いきや、ハプニングで釣り糸がハズレてしまい、あと50分を自力で耐えなければいけなくなった…

貴様ら
こんな奴の
ネタバレなど見るな!!
どうせ もう力尽きて
終わるんだ!!
どんな奴らも
そうだった!!
吸血鬼と丸太など
くだらん!!
ネタバレなんて
存在せん!!

スポンサードリンク

あらすじ

あと50分、ネズミは自力でブリッジの状態で耐えなければいけなくなった。

ネズミの手足が震えて悲鳴を上げてくる。しかしネズミがこのまま耐えきれずに刃に真っ二つにされてしまうと、次はユカポンが踊るマンドリルにかけられてしまう。ネズミはそれは阻止したいと、ユカポンのことを思って力を振り絞る。

ネズミ(嫌だ… ユカポンが死ぬなんて絶対に嫌だ…)

ネズミは意識が朦朧とする中、まだ諦めない。
ネズミ「大切な人のために… 力だけは抜いちゃいけないんだ…」

ユカポン「お願いだから生きて!! 私たち 絶対生き残るの!!」

ネズミはユカポンに歌をリクエストし、ユカポンはそれに応えて歌い出す。

ユカポンの歌声に包まれ、ネズミは力を取り戻してブリッジの体勢を維持する。

ネズミの頑張りに裏カジノの客達は感動し、賭けのことは置いておいて応援をし始める。

しかしネズミの手足は限界を迎え、力が抜けていく。

ネズミ「あ 力が抜ける!!」

ネズミの体が刃に向かって沈み込んでいく。

しかし踊るマンドリルの刃は台の下に引っ込んでいた。

光頭族「120分経過した。刑は終了だ」

ネズミは耐えきったのだった。

裏カジノの客は大いに沸いた。一方、この展開を面白く思っていない立花様は…

感想

孤児の吸けちゅ鬼だ…
クソうみゃい…

ネズミの背中に仕掛けていた鉄定規がハプニングで外れてしまった。このままにしておくとイカサマがバレてしまうので、孤児の吸血鬼は糸を上手く操って踊るマンドリルの隙間に落とし込んで隠すことに成功した。

鉄定規 イカサマ

糸使い超うめェ! 上からだと鉄定規はネズミの体が邪魔をして見づれェはずなのに! 長ェ糸を動かして何メートルも先にぶら下がっている鉄定規を動かすなんて、超精密な動かし方をしなければいけねェのに! 実際にやるとなると、刃の出入り口の隙間の手前にある金具に引っかかっちまって「上手くいかねェからちくしょう!」ってなっちまいそうなのに! こんなテクニック持ってるんなら、ネズミの背中に鉄定規をセッティングしなおすことも出来るんじゃねェのか? せめて釣り糸を背中に通し直して、負担を軽くすることは出来んじゃねェのか? なんとか助けられるんじゃねェのか? そういうことをすることもなく諦めちまった。こいつら、薄情過ぎやしねェか?

この彼岸島の世界では
歌詞も「ェ」が付いちまうからちくしょう!

イカサマの仕込みが外れてしまい、ネズミは自力でブリッジの体勢を維持しなくてはならなくなった。意識が朦朧とする中、自分が耐えきれないとユカポンも同じ目に合わされてしまうことを思い出し、気力を振り絞る。

もってくれ 俺の手足 俺の身体

もってくれ 俺の手足 俺の身体」!

主人公みてェな超かっこいいセリフ! 自分の身体を犠牲にする技を繰り出した時みてェじゃねェか! 実際はブリッジしているだけだけど! でもイカサマで少し休憩出来たとしてもここまで耐えたのはかっこいいぜ!

手足の感覚が無くなってきたネズミ。しかしまだ耐えてはいたが…

ただの重い肉袋だ

ただの重い肉袋だ…」!

人は追い詰められちまうと、死人になっちまう前に詩人になっちまうのか!

ネズミは再びユカポンの歌をリクエストした。イカサマを仕込む事を隠すためではなく、今回は2人で生き延びる力にするために。

ラベンダー畑を見に行こう

くゥゥ… 「二人で生き延びる約束をしたこと覚えてる?」ってメッセージを込めた選曲じゃねェか! ユカポンの心意気、泣かせやがるじゃねェか!

魔法のステッキ

ねェ 鉄定規の隠した場所覚えてる?
あれは刃を引っ込ませるのに
不具合を起こすだろう♪

しかしネズミは耐えきれず、力が抜けていく。そしてネズミの身体は刃に向かって沈み込んでいく。ネズミの身体が真っ二つになったかと思いきや、120分経過したので光頭族の一人が刃を引っ込ませていた。ネズミは耐えきったのだった。

ざけんな! マジでネズミが死んじまったかと思ったじゃねェか! 「池田中太郎 日本橋にて散る」って出るかと思ったじゃねェか! ここにきて先生ェの演出が冴えわたってやがる! ネズミは耐えきりやがった! 途中、イカサマで楽をしたとはいえ…120分もあの体勢でいるだけでも辛ェのに… 鉄定規が外れちまってからの七十分経過から百二十分経過するまでの五十分もの間を、自力で正攻法で耐えきりやがった!

それにしても…耐えきったネズミもすげェが、時間ピッタリに刃をしまいこんだ光頭族も地味にすげェぞ!

光頭族

このハゲ、冷静すぎるじゃねェか! 会場は客の熱気に包まれ、時間ギリギリという状況で汗一つかいてねェ! 客が応援しようとも、ボスである立花様が騒ごうとも、なんにも動じてねェ! もしネズミが1秒早く身体を降ろして真っ二つになっちまっても顔色変えずに冷静でいたに違いねェ! 会場の盛り上がりがどうなろうと、ネズミの頑張りがどうだろうと、ルールに沿って厳格に冷静沈着に対処! このハゲ、実は最高の審判員なんじゃねェのか?

ネズミとユカポンは賭けに勝ち、鍵を貰える上に解放されることになるが…

立花様はどうすんだァ?

「約束通り2人を解放する」っていうのなら賭博場の主として矜持を貫けて潔いが、ネズミを応援する客に苛ついて暴言を吐いちまってる。そんな潔さを持っているとは思えねェ。それに感情を優先しちまって、「2時間耐えたら」という賭けにするには不釣り合いな設定をしてしまったことで、もう賭博の主の矜持は失っちまっている。少年漫画だったら「この時点でアンタは負けていたんだよ!」とか決め台詞が入りそうじゃねェか。

立花様に商才があんなら、ネズミとユカポンを賭けの目玉にするってのがあるが…それでもまた賭けの対象にしちまうっていうのは解放したとは言えねェからなァ。それにパシリ時代を思い出させちまうような刺激を与えちまったからなァ… 怒りを抑えきれずに…ってなっちまうのかァ? 強くなったからパシリ時代を忘れ去るとはならずに、忘れきれずにカップルに復讐するって固執しちまってやがるからなァ…

男と女の絆

「男と女などくだらん!! 絆なんて存在せん!!」と言ったのに…

立花様 猿吉

アマルガム化した身体には女の象徴であるオッ◯イがあるじゃねェか! 内心では女と絆を持ちたがってるじゃねェか!

会えたのは本当にラッキーだったよ
スポンサードリンク スポンサードリンク

-彼岸島
-,


  1. 匿名 より:

    次の賭けが始まりそうなんじゃ
    おそらくユカポン&ネズミVS邪鬼のタッグマッチとかなんじゃ
    頑張れ二人とも!勝てば開放なんじゃ!

  2. 匿名 より:

    普通にブリッジし続けて耐え抜きやがったからちくしょう!

  3. 匿名 より:

    明さん登場しそうだがまさか宮本篤の方が登場パターンもあるか
    先生の策は孔明以上に読めぬ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【彼岸島48日後…】123話「下顎」雅の片腕との決着をつけた回に、こんなサブタイトル付けるなんてワケがわからねェ!!

明と金剛の戦いはホテル外へと場所が移った。 そして明は金剛をガソリンスタンドに落として爆発で金剛を倒そうと作戦を立てる。 金剛に掴まったりしたが、金剛をガソリンスタンドに落とすことに成功。 金剛のハン …

【彼岸島 48日後…】72話「玩具」勝っちゃんの強さが半端ねェ!!

前回、身動きが取れない状態で脚を掴まれた明。脚を掴んだのは死神か?鮫島か? スポンサードリンク スポンサードリンク

宮本明の衣装

【彼岸島48日後…】374話「欠片」衣替え無し! 宮本兄弟は何年経っても 衣装チェンジやりやがらねェ!

歌舞伎町のボス・舌喰いが抗ウィルス薬を開発したと知り、明は戦いを仕掛けた。舌喰いを頭部だけの状態まで追い込み、舌喰いの妻であり邪鬼・陽菜を歌舞伎塔の下敷きにして決着が付いた。あとは抗ウィルス薬の在り処 …

ヒュウ丸

【彼岸島48日後…】312話「鎌」豹丸戦なのに擬音がヒュウウウウばかりでヒョウウウウが1個も混じってねェ!!

明達は豹丸を倒すために血の楽園の特別区に入った。道中見つけた拷問野郎を案内人にして先を進んでいくと、野外のピラミッドの上に豹丸が鎮座していた。 やっぱりこの記事からネタバレの匂いが…もうそこにネタバレ …

偏見がすげェな

【彼岸島48日後…】269話「ミサイル」かつてはリア充カップルどもがミサイル発射してた街 お台場が 今やミサイル防衛の要塞…

蟲の王の片割れである拷問野郎は、血の楽園に逃げ込んだという。血の楽園の場所を探している明達は、吸血鬼の集落を襲撃し、そこに捕まっていた人間から「血の楽園はお台場だ。あの辺り一帯が難攻不落の要塞と化して …