みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

彼岸島

【彼岸島48日後…】休載だから今後の予想をしてみたよ!!

投稿日:2016年4月4日

今週のヤンマガは彼岸島休載…
『ザ・ファブル』は面白かったけど、『喧嘩稼業』が載るのは20号の予定だし… 『手品先輩』に鳩の「バハムート」に続くキャラ「べひもす君」が出てきて手品先輩の闇の部分が垣間見えたり… 『セブンス☆スター』は「ヤクザ辞めさせてください」⇒殴られるの無限ループから抜け出してようやく新展開きたなぁ… 『カイジ』は相変わらず進まねェけど、『中間管理録トネガワ』は面白ェなァ… でも、彼岸島が載ってないのは寂しいからちくしょう!!

スポンサードリンク

今後の予想

先週は身動き取れない明の足を掴んだ手。誰の手だ?って所で終わった。
掴んだのは鮫島?死神?明は足を挟まれて動けない状態だから、たぶん死神に捕まれて挟まれた状態から脱出と予想。って次号予告で「ついに死神に捕まってしまった明!!」って書いてあるからちくしょう!!
higan48_71.5a.jpg
ネタバレだ!次号予告でネタバレだ!!
higan48_71.5b.jpg
死神に捕まった状態から抜け出すのは、明が自力で脱出じゃなくて鮫島が助け出して共闘するのがいいなァ。鮫島は今までの仲間、西山や加藤(そういえば加藤はもう出てこないのか?)、隊長や亮介みたいな明をサポートするだけじゃなく、邪鬼とそこそこ戦えそうだし。

この擬音の使い方が独特だからちくしょう!!

それにしても足が挟まっている状態を表す擬音がズキズキって
higan48_71.5c.jpg
他にも変な擬音があったなァ…
邪鬼になったユキが塔(通天閣)をぶっこ抜いてぶん投げて飛んでいる擬音がブォンブォンとか…
higan48_71.5d.jpg
こんなに大きな物体が回転しながら飛んでる場面に遭遇したことがないから、実際はブォンブォンと音がするのかもしれないが…
先生ェの擬音で一番好きなのはよじよじだなァ。
通天閣を折られて落ちそうになってよじ登ってる時のよじよじもいいけど
higan48_71.5e.jpg
一番良かったよじよじは明が西洋の剣と盾を使い斧神との激しい死闘を繰り広げ、一旦蚊の養成所の屋上に逃げるときのよじよじだ!!
higan48_71.5f.jpg
邪鬼・満腹爺との共闘でお互いの強さを認め合い、一度は仲間にならないかと誘ったこともある、強敵と書いて「とも」と読むほどの仲になった明と斧神が戦う。その熱い戦いの最中に、よじよじを織り交ぜる先生ェの擬音の使い方はスゲェなァ。

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-彼岸島
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

トリモロス

【彼岸島48日後…】240話「六体の雑魚」吸血鬼カラ しくじりヲ 取リ戻ス

自衛隊の力を借り、国会議事堂にいる雅の息子の一人・蟲の王を倒すために地下トンネルを進む明達。蟲の王がいる部屋まで後一部屋となったが、その部屋には人間を捕まえて拷問している変異吸血鬼がいた。明達は大岩に …

【彼岸島48日後…】81話「飛べない」死神戦ようやく終了

死神退治の作戦を結構した明達。 ついに槍に見立てたマストに死神を突き刺すことに成功した。   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=”4,4″ da …

ネズミ 要塞化した東京の壁

【彼岸島48日後…】129話「サイレン」あったよ!壁を壊すための邪鬼が!! でかした!

金剛を倒し、明、鮫島、勝次、ネズミは精二の案内で東京を目指していた。 東京の傍まで来ると東京外環道を使って壁が作られていた。 スポンサードリンク data-matched-content-rows-n …

【彼岸島48日後…】124話「ステーキ」お前の母親は亡者になっちまったことがクソまずかったぜ! ヘドが出るほどな!!

金剛のアジト「明治屋ホテル」に着いた明、鮫島、勝次、ネズミ、亡者になった吉川達。 明治屋ホテル内にもう一人の金剛を勝次と鮫島とともに戦い、とどめを刺した吉川。 でけェ金剛と戦う明はついに決着をつけた! …

【彼岸島48日後…】105話「邪鬼使い」お前確か名推理できただろ 鬼使いがドコにいるか教えてくれ 明「あっ はい 邪鬼使いはどうも茂みに隠れているらしいですね」

金剛のアジト『明治屋ホテル』に向かう明達。 しかし、ホテルの前の橋は吸血鬼達が見張っていた。 かがり火に火炎瓶を投げ入れて吸血鬼達が怯んでいる隙に橋を渡ろうとした明達。 上手く行って橋を渡りきろうとし …