みそいれにしやす

面白いと思った漫画のあらすじ、感想、考察などを書いてます。ネタバレが嫌な人は注意して下さい。

ザ・ファブル

【ザ・ファブル】180話「筋金入りの男・・・・。」筋違いの肝いりの話・・・・。

投稿日:

バレンタインデーの次の日―――
洋子に「話がある」と呼び出された山岡は洋子の家に訪れた。しかし洋子は山岡を「両親を殺した男」だと思い、死角からフライパンで殴ろうとしていた。

スポンサードリンク

あらすじ

洋子の家

洋子が、山岡の死角から振り下ろしたフライパンは山岡にあっさり避けられた。

洋子はフライパンを落とすが、押すような蹴りを放つ。
洋子と山岡の戦い
山岡は蹴りを食らってしまい、軽く後ろによろめく。

洋子は乗っていた冷蔵庫から降りる。

山岡「おい―――」

洋子は返事もせずに手刀を繰り出すが、山岡に軽く防がれる。

洋子の右手首を掴み、左の手刀を洋子の首に当てる山岡「ホラ―――これで死んだぞ!」
洋子 死す
左手で山岡の顔面を狙うが、山岡は簡単に手首を掴み、洋子の腕の組み上げて動きを封じる。

山岡は洋子の胸に指を突き刺す「二回目死んだぞ!」

洋子を放す山岡「まあ座れ―――。兄は呼んでないのか?」

洋子「え――― アタシの問題だから」

座る山岡「なんだよ座れよ――― おまえだけ立ってたら―――俺がエラそうにしてるみてえだろ」

洋子は山岡のテーブルを挟んで向かいの席に座る。

山岡「おまえの計画はこうだろ――― 俺を―――動けねえようにして その後 尋問する――― 俺が年寄りだから勝てると思ったか・・・・ 言っとくがまだ俺は確か50、3、4、5くらいだ―――・・・」

部屋の中を観察する山岡「だが安心しろ。尋問されなくても ちゃんと答える――― 何が聞きたいんだ―――?」

洋子「質問はひとつだけ――― アタシの両親を殺したのは―――アナタね―――」

山岡「そうだ―――」

山岡「幼い頃から―――記憶力に秀でたおまえの能力に組織が目をつけた。俺がやらなくても誰かがやって 結局おまえはここにいるだろよ―――・・・ 児童施設だかに預けられるとこをボスが引き取る形にした。ボスの表の顔は資産家だったかな~ 政治家にも顔が利いたし簡単にことは運んだ―――」

洋子「家を燃やしておいてよく私だけ助けれたわね」

山岡「通りがかりの『良い人』を演じただけだ――― でもひとつ安心してくれ――― おまえの両親は焼死する前に―――・・・ 先に俺が殺っておいた――― だから余計な苦しみ方はしていない―――・・・・」

無言の洋子。

山岡「俺を恨むんだろうな~ 当然だな―――」

椅子から腰を上げる山岡「じゃあ質問に対して知ってる事は話したぞ――― 帰らしてもらう!」

山岡「俺を殺りたいならいつでも来たらいい。おまえにはその権利がある――― だがその程度じゃ まだ無理だ・・・ 当然俺が返り討ちにする―――」

山岡「俺が―――おまえを殺してしまう事になる――― チャンスは一回だと思え―――」
山岡
無言で山岡を睨む洋子。

感想

道筋がある女・・・・。

山岡強いな―――。
でも洋子は一発は当てたな―――。
洋子と山岡の戦い
距離をとるための蹴りでダメージは無いけど・・・それに山岡は手加減はしてくれたみたいだけど・・・・。
洋子 死す
2回も死んだけど・・・・。
洋子が実際にヤッてみたことで、佐藤と山岡はどっちが強いと感じたんだろうか―――。佐藤のほうが強いと感じていたら、佐藤の手を借りるんだろうか―――? でも親の仇だから自分の手で決着を付けたいはず―――。道筋は2つ―――プロとして自分の感情を殺して佐藤に頼むのか―――人として感情を優先するのか―――。

組織入りの経緯・・・・。

山岡が自分の年齢を「53~55」と言っていたが、ボスもそれぐらいか―――? 80年代に現役だったと言っていたから、現役は20代ぐらいとしてそんなぐらいか―――。佐藤兄妹やユーカリ、アザミも20代か―――?

洋子は幼い頃から記憶力がいいことを組織に目をつけられ、山岡の要らぬお世話で10才で加入―――。
洋子の組織に加入した経緯は分かった―――。他の組織のメンバーはどうなんだろう―――?
山岡がボスのところに連れてきた元自衛隊員は山岡のスカウト―――。マツは組織には入れなかったが山岡のスカウト―――。マツが組織に入れなかったのは年齢もあったんだろうか―――?
ユーカリはガキの頃から10年訓練したと言っていたから、
ユーカリ
10代半ばぐらいから加入だろうか―――? ユーカリの性格からすると地元で暴れていて、暴れすぎたところにスカウトでもされたんだろうか―――? クロは地元で喧嘩無敗だったそうだが、組織からは声がかからなかった・・・・。クロは感が悪いから~? 「喧嘩が強い」だけでは殺し屋としては役に立たないからな~。
若い頃から組織に入らせて訓練したほうが筋金入りの殺し屋になれるんだろうな―――。

佐藤はどうなんだ―――? 物心ついた時から森の中に一人で置き去りにされて訓練させられていたが
佐藤 幼少期
佐藤も何かに秀でていて、噂を聞いた組織が引き取った―――? 佐藤は自分のルーツが知れるとなったら興味を持つんだろうか――? もし洋子のように両親が組織に殺されていたとなったら恨んだりするんだろうか―――? 佐藤は親との思い出が無いからな・・・・。それに山籠りの時にはボスから教えてもらったことを、「小さい頃に父親とキャンプに行った思い出」のように話していたから、ボスを父親としてみているようだが―――。

筋書きありの男・・・・。

山岡「チャンスは一回だと思え―――」
山岡
次は無いってことか―――。
今回見逃したのは、親を殺したことを悪いとは思っていたのか―――? それとも感動巨編を面白くする筋書きとして利用するのか―――? 洋子が向かってくるにしても、「半信半疑で尋問するため」に手を出してくるのと、「親の仇と分かって本気でくる」のとでは違う―――。「誰かが生き死にに藻掻いているのを見ると好奇心が湧いてワクワクする―――」と言っていた山岡にとって、親の敵討ち!と向かってくるのが特等席で見られるわけだからな―――山岡にとってはそっちが楽しいだろう―――。だからちゃんと親の仇だと名乗った上で向かってきてもらいたいんだろう―――。山岡が街中で洋子の前にわざと姿を見せたのは、それを誘っていたのか―――。
洋子がオクトパスの田高田社長に父親の姿を重ねていたことをもし山岡が知ったら―――さらにドラマチックにするために利用しそうだな・・・・。社長は小島編、宇津帆編に続き、また巻き込まれてしまうのか~? 筋金入りの演じていない『良い人』だが、今回はどうなるか・・・・。

多少順序は狂ったかも知れないが、今の所山岡の筋書き通り―――。その筋書きを破るのは佐藤の強さなのか―――? 2対1なら間違いないと言っていたが―――
山岡 ユーカリ
それが間違いとなるのか―――?

スポンサードリンク data-matched-content-rows-num="4,4" data-matched-content-columns-num="1,2" スポンサードリンク

-ザ・ファブル
-,


  1. 札束 より:

    はじめまして。この一週間ではまってドドドと5〜15巻まで購入しちゃいました。その後の展開を知るのに大変お世話になっております。

    海老原が入院中にボスが現れて、色々説明してる中、佐藤のことを、「才能を見出して幼少から鍛えた」という意味のことを言っていました。これだと場合によっては洋子と同じく、才能に目を付けて実の親から奪ってきて育てたと取れる。

    ボスは、ランボーナイフについて、時代遅れの名刀だが「捨てられない」。ボスは佐藤に対しても同じようにみていて、「処分したくない」と言っていた。

    しかし、その章の事件が落着した終わりに、ボスはお気に入りのランボーナイフを手放して佐藤に贈るのである。「捨てられない」と言っていたナイフを手放した。。。何か不穏な布石がこの章の終わりに描かれれている。その後は楽しいキャンプ編の章へ突入。。。

    • おみそ より:

      札束さんの言う通り、73話「ボスの贈り物♪」は意味深ですね。
      ボスが未だに出てこないのは
      殺しのスキルが落ちていないなら、佐藤なら山岡でも軽く凌ぐだろう。
      殺しのスキルが落ちているなら、山岡にそのまま始末してもらおう。
      と考えているかもしれません。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ザ・ファブル】90話「サバヒナコ・・・・。」周りに暗雲が立ち込める中、兄さんはご機嫌―――

山籠りを終えた佐藤。 太平市では太平興信所を隠れ蓑に、宇津帆が免疫の無い子供を増やそうとしていた―――   スポンサードリンク data-matched-content-rows-num=” …

【ザ・ファブル】191話「怪演の男・・・・。」感動巨編開演の男・・・・。

山岡達にミサキが攫われそうになった時、佐藤が駆けつけた。 が、佐藤は殴られ、名前を偽り山岡のアジトに潜入した。 洋子は両親の仇を討つために山岡のアジトに乗り込んだ。 アジトである倉庫の前でマツが止めに …

【ザ・ファブル】92話「カイヌマエツジ・・・・。」宇津帆さん、貝沼はヤッちゃってもええんやないかぁ~?

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた―――。     スポンサードリンク data-matched-content-r …

【ザ・ファブル】183話「忍び込む女・・・・。」忍び寄る岐路・・・・。

山岡が暗躍する太平市。 砂川は山岡のちからを借り、対立する水野を手なづけて真黒組の若頭に就任。 身の危険を感じたマツは洋子に銃を用意するから兄妹で山岡を消してくれと頼む。 明の協力は得ないと決めた洋子 …

【ザ・ファブル】96話「カンパイのパイ・・・・。」ヒナコのリハビリに付き合うことで佐藤の一般社会に馴染むリハビリにもなる~?

太平市の太平興信所の所長・宇津帆。 将来のカモにするために子供達が免疫なしで育つように暗躍していた。 ファブルのことを探る太平興信所の鈴木。 知り合いである、真黒組の砂川に雇われた殺し屋フードとコード …